※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

さるかにがっせん
『猿蟹合戦』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
採集・再話 今村 泰子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかしむかし、猿(さる)と蟹(かに)といてあったど。
 あるとき、猿が蟹さ、
 「蟹、蟹、二人して餅(もち)コ搗(つ)がねがぁ」
 いっだど。そしたら、蟹も搗くどて、粉こと臼持って山さ登っだど。そして二人して代り代り餅コを搗いだど
 餅コ出来る頃になったら、猿がずるい考え起して、この餅コ一人で食ってやるべどて、臼を、
 「ボ―ン」 て、ひっくり返(け)えして、下さ転がしてしまっだど。
 「わぁっ、大変だ、大変だ」
 どて、どんどん追っかけて行ったど。蟹も、
 「あぇっ、やぁ仕方ねでぇ。おしいな」
 どて、泣きながら、追っかけで行ったど。

猿蟹合戦挿絵:かわさき えり
 そしたら、途中の藪(やぶ)さ 餅コ べったり付いてあったど。
 「あぇ 良(え)がた」
 どて、蟹がその餅食っていだら、そこへ猿が来て、
 「臼の中には何も無(ね)ぇがった。おれにも食わせて」
 いったら、蟹が、
 「お前 臼の中さ入ってあったのを探して食えば良(え)ねが」
 いったど。そしたら猿がおこってしまって、

 「ンだか。そんなことなら、これがら山中(やまじゅう)の猿を連れて来て、蟹の甲羅(こうら)、みんなはがして呉(け)るから」
とて、山さ行ってしまったど。
 そのあとで、蟹が一人で、
 「オエ―ン オエ―ン」
 で 泣いでだら、橡(とち)の実(み)が、
 「蟹、蟹、なして泣いでる」
 て、聞いたど。蟹がその訳をしゃべったら、橡の実が、
 「泣ぐな、泣ぐな。おれ助けてやるがら」
 いったど。
 そごさ、また蜂と牛(べこ)の糞(くそ)と臼が来て、みなして蟹を助けることになったど。

 それで臼は土間に梁(はり)の上さ、牛の糞は庭の隅さ、橡の実は囲炉裏の中さ、蜂は水瓶の蔭さ、蟹は家の中さ隠れだど。
 そしたら、ちょうどそこへ猿が来て、
 「蟹、どこさ行っだ。出て来(け)ぇ」
 いったど。そして囲炉裏さまたがって、
 「ああ寒び、寒び」
 て、チンチン(がまこ)あぶり始めだど。そしたらその時、
 「ド―ン」
 て、橡の実はねて、猿のチンチン丸焼けにしたど。
 「熱(あつ)でぁ、熱でぁ」
とて、庭の水瓶で冷すどて、そばさ行ったら、蟹に、
 「ジャキン」 て、はさまれだと。

 「あぁ 痛ででぁ 痛ででぁ」
 いってるどこに、今度(こんだ)ぁ、蜂に、
 「ギチャッ」
 て、ほっぺた刺されで、あわくって逃げる拍子に、牛の糞で、
 「ジデ―ン」
 て、すべってひっくり返ったど。
 そこさ、土間の梁がら臼が、
 「ドシン」
 て落ちできて、猿は潰されてしまったど。

 とっぴん ぱらりのぷう。

「猿蟹合戦」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

猿蟹合戦(さるかにがっせん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

蛸配り帳(たこくばりちょう)

蛸配り帳(たこくばりちょう)

むかし、新潟県の佐渡島では、ときどきとてもつもなく大っきな蛸が浜辺にあがってきては、馬にからみついたりして、悪さをしたそうな。あるとき、大佐渡の男が馬をひいて相川という賑やかな町まで買い物に出たと。

この昔話を聴く

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

むかし、ある所に大猫と小猫がおったそうな。ある日のこと、この二匹の猫が揃って歩いて行くと道端におむすびが二つ落ちていた。

この昔話を聴く

酒好きの福の神(さけずきのふくのかみ)

酒好きの福の神(さけずきのふくのかみ)

むかし、あるところに一軒の酒屋があったと。ある年の正月のこと、この酒屋の店前(みせさき)にひとりの爺さまが立って、つくづくとその店をながめていたが、…

この昔話を聴く

現在785話掲載中!