※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ひとつぶ、せんつぶなあれ
『一粒、千粒なあれ』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
話者 長谷部 紀子
採集・再話 今村 泰子
整理 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むがし、むがし。
 あるどころに、爺(じ)さと婆(ば)っば居てあったど。
 爺さ、庭掃いていだけ、一粒(ひとつぶ)の豆、拾ったど。その豆、
 「一粒の豆、千粒なあれ」
 ど言って、畑さ蒔(ま)いたど。したばムジナ来て、木の根っコさ腰かげて、
 「一粒の豆、一粒で居やがれ」
 ど言ったど。
 ムジナ、毎日畑さ来て口きくので、爺さ、なんとしても捕(とら)えねばならねぇ、ど思って、その木の根っコさ、鳥もちつけでおいだど。
 

 挿絵:かわさき えり
 次の日、畑さ行って見たば、やっぱりどこがらがムジナ来て、え(い)つものように口きいだど。爺さ怒ったば、ムジナ逃げようとしたが、尻さ、鳥もちついで、逃げられねがったど。
 次の日、爺さ、婆っばさ、
 「晩のおかずさ、ムジナ汁作っておげ」
 ど、しゃべって、畑さ出て行ったど。
 

 婆っば、臼(うす)で米搗(こめつ)きしていだら、ムジナ、
 「縄、少しゆるめてけれ」
 ど、頼んだど。
 婆っば、
 「爺ささ 怒られるがらだめだ」
 ど言っだら、ムジナ、
 「少しでええがら、縄、ゆるめでけれ」
 ど、何回も頼んだど。
 とうとう婆っば、少しゆるめでやったば、今度(こんだ)ぁムジナ、
 「おれ、米搗いでやるがら、縄、解(と)いでけれ」
 ど、言ったど。
 婆っば、縄といでやったば、ムジナ、婆っばを杵(きね)でぶんなぐって殺してしまったど。
 ムジナ、婆っばをこんまく切って、婆っば汁つくって、婆っばさ化げて爺さを待っていだど。 

 晩げ、爺さ畑がら帰って来て、
 「婆っば、ムジナ汁出来だがぁ」
 ど言ったば、ムジナ、
 「あぁ出来てだ。早ぐ食ってけれ」
 ど、言ったど。
 爺さ、ムジナ汁食ったば、
 「なんだが、バカにしなしなと堅(かた)いな」
 ど、言ったど。
 したきゃ、屋根の上の烏(からす)、
 「しねぇのも無理ねぇ。ムジナ汁食うどで、婆っば汁食った。カァ、カァ」
 ど言って、啼(な)いだど。
 したきゃ、ムジナ、尻尾(おっぽ)出して、逃げてしまったど。 

 爺さ 泣いでえたどこさ、兎(うさぎ)来て、
 「爺さ、なにして泣いでいるなだ」
 ど聞いたば、爺さ、
 「ムジナ、婆っば殺してしまったァ」
と言ったど。兎、
 「よし、あれぁいつも悪りごとするがら、おれ、仇(あだ)取ってける」
 ど言って、ムジナどご、山に柴刈(しばか)りさ誘い出しだど。
 ふたりで柴かたかいで、兎、ムジナの後ろから柴背負(しょ)って来て、ムジナの背負ってる柴さ、火ィつけだど。
 ムジナ、大火傷(おおやけど)なって、死んでしまったど。

 とっぴんぱらりのぷう。 

「一粒、千粒なあれ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動

”他人に親切にするのもよいけれど、よく相手を見てからにしろ。恩を仇で返されて命まで取れれてしまうこともあるから。”と言うことでしょうか。カチカチ山は内容が強烈で記憶に残る話ですね。 このような話で先人達は、我々に諭してくれているのでしょうか。( 男性 )

怖い

カチカチ山とほぼ同じやけど、ばっばじるは無いわ。 怖すぎる。( 30代 / 男性 )

楽しい

カチカチ山みたい。( 30代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六さんの鴨捕り(きっちょむさんのかもとり)

吉四六(きっちょむ)さんが、あるとき、大きな瓢箪(ひょうたん)のくびれたところに長い縄(なわ)をくくりつけ、鴨(かも)のおりる池にやって来た。縄の端…

この昔話を聴く

大きな手(おおきなて)

大きな手(おおきなて)

 むかし、紀州(きしゅう)、今の和歌山県の有田(ありた)と日高(ひだか)の郡境(ぐんざかい)にある鹿ケ瀬峠(ししがせとうげ)というところへ、惣七(そうしち)という猟師(りょうし)が猪(いのしし)を撃(う)ちに行ったそうな。  いつものように犬を使って猪を追い出そうとしたが、その日にかぎって一頭も出てこん。

この昔話を聴く

吉四六さんさざえを買う(きっちょむさんさざえをかう)

吉四六さんさざえを買う(きっちょむさんさざえをかう)

むかし、大分県の野津市というところに、吉四六という知恵者の男がおった。あるとき、吉四六さんが臼杵の街を通りかかると、魚屋の店先に、十個ばかりのさざえがあるのが目にとまった。

この昔話を聴く

現在829話掲載中!