※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ねこまた
『猫又』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 猫ってのは古くなると猫又という化け猫になるっちゅな。
 猫又になると、じゃけんにしていた飼い主には祟(たた)るというし、可愛がってくれた飼い主には祟るようになる前にいつの間にかいなくなるらしい。
 むかし、ある家に年をとった猫が飼われていたと。
 何分(なにぶん)年も年なので髭(ひげ)も白くなって、いっつも居眠りしているのだと。
 ある日、その猫の様子がいつもと違うようになった。
 いつもは家の人の間にはさまって、居眠りばかりしていたのに、すうっと家を抜け出して真夜中になっても戻って来ないことが多くなったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 それが毎晩つづくようになったので、家の親父がある晩、こっそり猫のあとをつけたと。
 そしたら猫は一軒の破れ空家に入って行った。
 親父が板の割れ目から覗き見て、驚いた。
 家の中には灯火(あかり)がないはずなのに物がはっきり見える。その内、家の中に置き捨てられてあった道具がヒョイ、ヒョイと動き出した。
 

 あっちから古箕(ふるみ)、こっちから古茶釜(ふるちゃがま)
 向うから古笊(ふるざる)、そっちから古徳利(ふるどっくり)
 という具合に茶の間に集まってきて、

 古箕に古笊、古茶釜
 徳利 徳利 古徳利だぁ

 って、踊りはじめたと。親父は、
 「おら家(え)の猫ァ、どこに居るやら」
 って、よおっく見たら、古棚の上にちょこんと座って、前足上げたり下げたりしている。
 古道具たちは、猫の前足の通りにはねたり横に行ったり、宙返りする。
 親父は、
 「家(うち)の猫、いつの間にあんな大した術おぼえたんだ。やぁ、それにしても道具たちァ楽しそうに踊っているなぁ。おれもひとつまざるべ」
 

 挿絵:かわさき えり
 って、そこに落ちていた杓子(しゃくし)を持って、

 しゃくし、しゃくし、古杓子だぁ

 って、茶の間に踊り入ったと。
 そしたら、道具たちと一緒に踊るか踊らないうちに、賑やかな踊りが、ぱたっと止んで家の中も真っ暗になったと。
 

 親父はびっくりして、手さぐり、足さぐりで出口を探し、外へ出て、息せき切って家に戻ったと。
 その晩から猫はふっつり家に戻って来なかったと。

 どっとはれ。 

「猫又」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

猫又(ねこまた)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

キツネの恩返し(きつねのおんがえし)

キツネの恩返し(きつねのおんがえし)

むかし、あるところに、ひとりの爺(じ)さが居てあったと。爺さは、毎日山へ木をきりに行っていたと。ある日、爺さが山へ行ったら、ケン、ケーン、クーン、と苦しそうなキツネの鳴(な)き声が聴(き)こえてきた。

この昔話を聴く

骨をかじる男(ほねをかじるおとこ)

骨をかじる男(ほねをかじるおとこ)

古い学校には、必ずと云って良い程怪談の一つや二つはある。開かずの便所とか、誰もいない教室からピアノの音がするといった話が多い。―これは、大正の頃のあ…

この昔話を聴く

お清ぼたん(おきよぼたん)

お清ぼたん(おきよぼたん)

昔(むかし)、京の都(みやこ)で源氏(げんじ)と平家(へいけ)が戦(いくさ)をしていた頃(ころ)のこと、信濃(しなの)の山あいの小さな里に、傷(きず…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!