※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

つるとばくちこぎ
『鶴とばくちこぎ』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
採集・再話 今村 泰子
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにバクチ打ちいたと。
 毎日、毎日バクチ打ってなんもかも無くなってしまったと。しまいに自分の嬶(かか)を売りに行ったと。して、
 「何時何日(いついっか)の日に受け取りに来る」
 って、書付(かきつけ)持って帰ったきゃ、それ道で落としてしまったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 バクチ打ち、家さもどって見たども、嬶居ねば不自由で不自由で、どうにもこうにもならねくて、銭こ都合して、嬶受け取りに行ったと。したきゃ、
 「とうに書付持って来た人に連れられて行った」
とて、居ねかったと。
 「だれ連れて行った」
 って聞いたけ、
 「鶴(つる)連れて行った」
と、話したと。
 

 嬶は鶴の家で、キースカ、カタカタ。キースカ、カタカタて、鶴の毛で機織(はたお)ってたと。そこさ夫訪ねて行ったけぁ、
 「よく来て呉(け)た」
とて、大した喜んだと。
 だども、今に鶴戻って来れば、鶴にかかって殺されると思って、嬶、その父(てて)を天井の梁(はり)さ隠(かぐ)したと。
 夜間(よま)になって、鶴、戻って来たと。
 二人して炉端(ろばた)さ寝まったきゃ、鶴、
 「今日、人来たな」
 って、いうた。
 「なんも来ねぇ」
 「ンにゃ、人来た」
 「なんも来ねぇ」
 「おれの家にだばしゃ、人一人来れば一つ咲く、二人来れば二つ咲く花ある」
というので、嬶だまってたと。
 

 鶴、今度ぁ、
 「はしの下の、でぁこんぼうー」
 って、呼ばったきゃ、大っき蛙(ぎあろ)、ドーン、ドーンとはねて来て、
 「何御用(ごよう)ですか」
 って、座った。鶴が、
 「今日、家に不思議(ふしぎ)あるため、八卦(はっけ)おけ」
 って、いったら、蛙、八卦おいて、
 「炉の自在鍵(じざいかぎ)のはなに縄(なわ)かけて、結びこぶずっぱりつけて、火 ノンノンと焚(た)け」
 って、いったと。 

 したきゃ、天井の梁さ隠れていた父(てて)、熱いのと煙(けむ)いのとで苦しくてくるしくておられなくなり、自在鍵のはなにかけられた縄をつたってツルツルとおりてきたと思ったきゃ、炉の中さドンと落ちて、死んでしまったと。

 とっぴん ぱらりのぴ。
 

「鶴とばくちこぎ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

戻った小指ボッツ(もどったこゆびぼっつ)

戻った小指ボッツ(もどったこゆびぼっつ)

 むがす、むがす、あっとこぬ(に)、子持たずのお爺んつァんどお婆んつァんが居(い)だんだど。  二人だげで淋しくてなんねェもんだがら、  「なじょな童(わらし)コでもええがら、どうが、授(さず)げて呉(げ)らえッ」 ど、一心に神さんさ、願、掛(か)けたんだど。

この昔話を聴く

生き針 死に針(いきばり しにばり)

生き針 死に針(いきばり しにばり)

むがしあったけど。あるところに父(とど)と母(かが)と小んまい男子(やろっこ)が住んでいだけど。正月二日に初夢見ると幸せになるというが、その男子だけ…

この昔話を聴く

出世息子(しゅっせむすこ)

出世息子(しゅっせむすこ)

昔、あるところに夫婦者がおいやって、二人の間に男の子が出きんしゃった。その子は七ツ八ツになって使い事をよくするようになったが、親の言うことにそむいたことの無い子で、それが世間にも評判になった。

この昔話を聴く

現在791話掲載中!