※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

つるとばくちこぎ
『鶴とばくちこぎ』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
採集・再話 今村 泰子
整理・加筆 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにバクチ打ちいたと。
 毎日、毎日バクチ打ってなんもかも無くなってしまったと。しまいに自分の嬶(かか)を売りに行ったと。して、
 「何時何日(いついっか)の日に受け取りに来る」
 って、書付(かきつけ)持って帰ったきゃ、それ道で落としてしまったと。
 

 挿絵:かわさき えり
 バクチ打ち、家さもどって見たども、嬶居ねば不自由で不自由で、どうにもこうにもならねくて、銭こ都合して、嬶受け取りに行ったと。したきゃ、
 「とうに書付持って来た人に連れられて行った」
とて、居ねかったと。
 「だれ連れて行った」
 って聞いたけ、
 「鶴(つる)連れて行った」
と、話したと。
 

 嬶は鶴の家で、キースカ、カタカタ。キースカ、カタカタて、鶴の毛で機織(はたお)ってたと。そこさ夫訪ねて行ったけぁ、
 「よく来て呉(け)た」
とて、大した喜んだと。
 だども、今に鶴戻って来れば、鶴にかかって殺されると思って、嬶、その父(てて)を天井の梁(はり)さ隠(かぐ)したと。
 夜間(よま)になって、鶴、戻って来たと。
 二人して炉端(ろばた)さ寝まったきゃ、鶴、
 「今日、人来たな」
 って、いうた。
 「なんも来ねぇ」
 「ンにゃ、人来た」
 「なんも来ねぇ」
 「おれの家にだばしゃ、人一人来れば一つ咲く、二人来れば二つ咲く花ある」
というので、嬶だまってたと。
 

 鶴、今度ぁ、
 「はしの下の、でぁこんぼうー」
 って、呼ばったきゃ、大っき蛙(ぎあろ)、ドーン、ドーンとはねて来て、
 「何御用(ごよう)ですか」
 って、座った。鶴が、
 「今日、家に不思議(ふしぎ)あるため、八卦(はっけ)おけ」
 って、いったら、蛙、八卦おいて、
 「炉の自在鍵(じざいかぎ)のはなに縄(なわ)かけて、結びこぶずっぱりつけて、火 ノンノンと焚(た)け」
 って、いったと。 

 したきゃ、天井の梁さ隠れていた父(てて)、熱いのと煙(けむ)いのとで苦しくてくるしくておられなくなり、自在鍵のはなにかけられた縄をつたってツルツルとおりてきたと思ったきゃ、炉の中さドンと落ちて、死んでしまったと。

 とっぴん ぱらりのぴ。
 

「鶴とばくちこぎ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

グリムにも「博打うちハンス」という、かなり捻りの利いた話がありますが、博打うちがメインで出て来る民話は珍しいですね。 博打の金を得るために女房を売り、女房が可哀想だ、女房に済まないことをしたというのではなく、自分の生活が不自由だからという理由で女房を買い戻す。何もかもが身勝手な男ですね。それでも亭主の身を案じて亭主をかくまう心やさしい(またはお人好しな)女房。やがて天罰がくだり、男は焼け死んでしまう。この後、女房は鶴と夫婦になり平和に暮らすのだろうか。 珍しくも興味ある話をありがとうございました。 願うことは、もう少し方言を緩くして頂ければ言う事はないのですが。( 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

あとかくしの雪(あとかくしのゆき)

あとかくしの雪(あとかくしのゆき)

とんと昔があったげど。ある冬の夕方、雪のふりつもった里の村に旅の坊さまがやってきた。腹(はら)をすかせ、とぼらとぼら歩きながら、一軒(いっけん)一軒…

この昔話を聴く

金の鳩(きんのはと)

金の鳩(きんのはと)

昔々、あるところに、太郎と次郎と三郎がおったと。あるとき太郎は山へ薪(たきぎ)とりに出かけたと。昼どきになって握り飯をほうばっていたら、白(しろ)い…

この昔話を聴く

長生きくらべ(ながいきくらべ)

長生きくらべ(ながいきくらべ)

むかし、むかし、あるところに三匹の猿がおったと。三匹の猿は栗山へ栗拾いに出かけた。ところが、いくら探しても栗が見つからない。あっちこっち探して、よう…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!