※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とらとたにしのきょうそう
『虎と田螺の競争』

― 秋田県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大むかし。
 あるところに虎と田螺(たにし)がおったと。
 あるとき、虎は田螺を見て、
 「こらこら、そんなところをジワリジワリ歩いていると踏(ふ)みつぶすぞ。そんなにのろくては、お前なんぞ一日に一枚田(いちまいだ)も越せないだろう」
と馬鹿にした。そしたら田螺は、
 「そんな事ァない。俺が本気出したら、お前なんぞよりも早く走れるよ」 

 挿絵:かわさき えり
 と言ったので、虎はおかしくて仕様がない。
 田螺は、虎に笑われたのが、また面白くない。 

 「そんなら虎どん、おれと駈け競べ(かけくらべ)してみようや」
 「よせやい。田螺よ、俺はな、一日千里を駈けるんだぞ。その俺がだ、お前のような奴と競争したら、それだけで俺はみんなの笑い者なってしまう」
 「へん、負けるのがこわいから、そんなこと言ってらぁ」
 「こにくらしいことを言う。ようし、それほどまで言うのなら相手になってやろう」
ということになって、虎と田螺は一線に並んだと。
 田螺はもちろん普通の方法では勝てるわけが無いので、こっそり虎の尾につかまって行ったと。
 いよいよ決勝点へ着いたとき、虎は振り返って、
 「田螺のやつめ、大きなことを言っていたが、影も形も見えんな」
と言うた。 

 その間に田螺は虎の尾から先の方へポトリ飛び落ちて、
 「虎どん、虎どん、俺はとっくにここにいたぞ」
と呼んだと。
 虎がその声に驚いて振り向いたら、田螺はほんとうに虎より先の方にいた。虎が、
 「お前、いつの間に着いた。お前がおれを抜いておれの前を走っていたら、おれはお前に気がつかないはずないのだが、おれはお前を一度も見なかったぞ」
と言ったら田螺は、
 「お前、なにを言ってるや。おれ、お前、おれ、お前って。ややこしいやつだな虎どんは。つまり、お前の目に止まらないほど、俺が速かったということさ。おれが本気を出せばこんなもんだ」
と言うたと。
 虎は首を傾げ傾げ、森の中に消えたと。 

 田螺は路(みち)をひきずられ、ひきずられしたので、殻(から)が痛んでしまった。田螺の殻がところごころつぎはぎしたようになっているのは、虎との競争のあと修繕(しゅうぜん)したからなんだと。

 とっぴんからりん山椒の実。 

「虎と田螺の競争」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

虎と田螺の競争(とらとたにしのきょうそう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

八日山(ようかやま)

八日山(ようかやま)

むかし、むかし、今の徳島県(とくしまけん)な、昔は阿波(あわ)の国(くに)というた。蜂須賀(はちすか)の殿(との)さんが治(おさ)めておったが、その…

この昔話を聴く

馬の田楽(うまのでんがく)

馬の田楽(うまのでんがく)

むかし、馬子(まご)が馬に味噌樽(みそだる)をつけて運んでいたと。途中に川があったので馬に水を呑ませ、ついでに川原でひとやすみした。お天道さんは真上…

この昔話を聴く

歌の三郎と笛の三郎(うたのさぶろうとふえのさぶろう)

歌の三郎と笛の三郎(うたのさぶろうとふえのさぶろう)

 むかし、むかし、あるところに歌の三郎と笛の三郎という若者が隣合って住んでいた。  歌の三郎は歌が上手で、笛の三郎は横笛が上手だった。  二人は、もっと広い世界で芸を試してみたくなった。歌試し、笛試しの旅へ連れだって出かけたと。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!