※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

へっぴりじい
『屁っぴり爺』

― 秋田県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがしあったぞん。
 あるところに善(よ)い爺(じい)ちゃと、婆(ばあ)ちゃといてあった。その隣にはひどく性骨(しょうぼね)の悪い爺と婆がいた。
 ある日、善い爺ちゃが山へ行って、ダンキダンキと柴(しば)を刈(か)っていたら、
 「誰(だれ)だ、長者殿の山の柴刈る奴(やつ)は」
と叫(さか)ぶ者がある。そこで、
 「山々(やまやま)の屁(へ)っぴり爺だ」
と答えたら、
 「そんならここへ来て、屁たれろ」
と言う。爺ちゃ、そこへ行き、

屁っぴり爺挿絵:かわさき えり
 〽 綾(あや)キュキュ 錦(にしき)サラサラ
    五葉(ごよ)の松原(まつばら)
    トンピンパラリのプウ
と、屁、こいた。そしたら、「また一つ」と所望(しょもう)されたので、もう一回、
 〽 綾キュキュ 錦サラサラ 五葉の松原
    トンピンパラリのプウ
と、屁、こいてやったと。

 そしたら、
 「やあ、みごと、みごと。こたら爺ちゃだら柴刈っていい。ほうびもやる。ここに重い葛籠(つづら)と軽い葛籠とあるが、どっちが欲しい」
と聞いた。爺ちゃ、正直(しょうじき)だから、
 「俺(おれ)だば年寄(としよ)って腰(こし)も痛いから、軽い方どて貰(もら)う」
とて、背負(しょ)って来た。
 家に帰って葛籠を開けてみたら、新しい腰巻(こしまき)に褌(ふんどし)、きれいな着物(べべ)から銭金(ぜんこ)が一杯(いっぱい)入っていたので、にわかに大金持ちになったと。

 それを聞いた隣の性悪婆(しょうわるばあ)、片足(かたあし)に草履(ぞうり)、片足に下駄(げた)をつっかけて、柱に頭を打(う)ちつけたり、小便壺(しょんべんつぼ)に片脚(かたあし)を落したりの大狼狽(おおうろだえ)で帰って行って、爺どこやまへやったと。
 性悪爺(しょうわるじい)、やっぱりダンキダンキと柴を刈っていると、
 「誰だぁ、長者殿の山の芝刈るやつ」
どて、とがめるから、
 「山々の屁っぴり爺だ」
と答えたら、
 「そんならひとつたれろ」
と言う。性悪爺、着物の尻(けつ)っこまくって、

 〽 綾キュキュ 錦サラサラ 五葉の松原
    トンピンパラリのブウッ
とやったら、あんまり気張(きば)り過ぎて、ベチョ糞(ぐそ)がベタベタと出た。
 「あやあや汚(きた)ならし」
と言われて、
 「あ、いや、今のは屁ならしで、これからが本こだ」
と言うて、気張ってやったら、またベチョ糞が出た。
 それでも葛籠を二つ出して、どれでも持って行けというから、性悪爺、
 「俺だば力があるから」
どて、重い方を背負って来た。
 家に帰って、葛籠を開けて見たら、中は蜘蛛(くも)の巣だらけで、怖(おそ)ろしい化物(ばけもの)がぞろぞろ出て来た。性悪爺と婆、魂消(たまげ)て死んでしまったと。

 にしきさらさら ごよのまつばら とっぴんぱらりのぷ。

「屁っぴり爺」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

よくばりは、不幸が起きること知った よくばりすぎないことが大事。 ( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

一咲き千人(ひとさきせんにん)

一咲き千人(ひとさきせんにん)

 むかし、むかし、あるところに、正直で働き者の若い衆(し)があった。  ある日、背負籠(しょいこ)を背負(しょ)って、畑への道を登っていったら、天狗岩(てんぐいわ)の下に、天狗の鼻(はな)みたいのが落ちてあった。

この昔話を聴く

月・日・雷の旅立ち(つき、ひ、かみなりのたびだち)

月・日・雷の旅立ち(つき、ひ、かみなりのたびだち)

むかし、むかし、大むかし。お日さまとお月さまと雷さまが、三人そろって旅に出かけた。ところが、雷さまは生まれつき気があらいもんだから、行くところ行くと…

この昔話を聴く

姥っ皮(うばっかわ)

姥っ皮(うばっかわ)

むかし、あるところに、大層気だての良い娘がおったそうな。娘の家は大変な分限者(ぶげんしゃ)での、娘は器量(きりょう)も良かったし、まるでお姫様のよう…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!