※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『あくやのしろど』

― 秋田県 ―
再話 今村 泰子
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに『あくやのしろど』ていう仲の好(え)え夫婦(ふうふ)いてあったと。
 して、どっち死んでも七年間は後添(のちぞえ)貰(もら)わねことに約束したわけだ。
 したけ、嬶(かか)さんだ人死んでしまったと。お父さん、まんずお母さんに死なれたっけ、たいした不自由で、難儀(なんぎ)してたと。
 友達方、毎日、後添えの嬶さん貰えとすすめにくるわけだ。
 「なんと、あの嬶とだば、七年間は後添え貰わぬ事に約束してあった」
と、言ったども、あまり友達にすすめられるんてかに、とうとう仕方なく、後妻(あとかか)貰ったわけだ。
 それからていうもの、毎晩げ、魂(たましい)来るとナ。

あくやのしろど挿絵:かわさき えり
 「あくやのしろどは うちにか
  七年待てとの お約束  カラン、カラン」
て、来るわけだ。
 あまりおっかねくて、おっかねくて、友達さ魂来るとてしゃべったと。
 「魂なんて来るもんだてか。きっと狐(きつね)かむじなに相違(そうい)ない」
て、言って、その晩(ばん)げ、皆して待っていたと。

したけ、魂きたわけだ。
 「あくやのしろどは うちにか
  七年待てとの お約束  カラン、カラン」
て、真白な着物着て来て言うわけだ。
 皆どてんしたども。
 「それっ」
て、かかっていって、ぶっ殺してしまったと。
 して、
 「これヒャ、化物だこったば、朝日さ照(て)らせば分かる」
とて、朝日の昇(のぼ)るの酒コ呑(の)んで待って、して、朝日さ照らしたけ、古し狐(きつね)であったと。
 それから、魂来ねぐなったと。

  とっぴんぱらりのぶう。

「あくやのしろど」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

あくやのしろど

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

猿の嫁(さるのよめ)

猿の嫁(さるのよめ)

 むかし、むかし。  ある山里にお爺(じい)さんと二人の娘が住んでおった。  ある日お爺さんが、山へたき木取りに行ったら、猿(さる)が出て来て…

この昔話を聴く

雪女(ゆきおんな)

雪女(ゆきおんな)

むかし、白馬岳の信濃側のふもとの村、今の長野県北安曇郡白馬村に茂作と箕吉という親子の猟師が暮らしてあったと。  ある冬のこと、茂作と箕吉は連れだって猟に出掛けた。  獲物を追って山の奥へと分け入るうちに空模様が変わったと。先ず寒さがきつくなり、あたりが急に暗くなって、冷たい風が山を揺らしてゴーと吹いてきた。

この昔話を聴く

彦市どんとタヌキ(ひこいちどんとたぬき)

彦市どんとタヌキ(ひこいちどんとたぬき)

むかし、肥後(ひご)の国(くに)、今の熊本の八代(やつしろ)というところに、彦市どんという、おもしろい人がおって、いつも、人をだましたり、からかった…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!