※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

またぎのえんこ
『またぎの犬』

― 秋田県 ―
話者 浅利 徳二
再話 今村 泰子
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あったずおん。
 またぎ、白犬(しろえんこ)連れで山さ行ったど。えんこてば犬のこんだ。ずっと山奥(やまおく)さ入(ひゃ)って行ったども、なんも獲物(えもの)無(ね)ぐて、山の中で暗ぐなってしまったど。仕方(しかた)無く、帰ろうとしたば、灯(あかし)コ、ポウッと見えできたので、そごさ、一晩(ひとばん)泊(と)めて呉(け)れと頼(たの)んだば、きれいだ(な)姉コ居で、
 「どうぞ泊まって呉れ」
て、云(い)ったのでシャ、白犬と一緒に寝だど。

またぎの犬挿絵:かわさき えり
 次の朝なったきゃ、その家の赤(あか)ゃ犬、またぎの白い犬さ喧嘩(けんか)しかけて、とうど殺(ころ)してしまだど。
 またぎ、どでんしたども、仕方無く家さ戻ったど。

 したども、またぎだば犬居ねば困(こま)るもんで、久保田(くぼた)さ、犬見つけに行ったど。
 街(まち)歩いてだば、大した大(お)っき当才馬(とうさいうま)コ位(ぐりや)のむく犬、見つけたわけだ。
 「むく、むく」
て、後(あと)ついて行(え)ったば、ある大きお寺の中さ入って行ってしまったずもな(というものな)。
 またぎ、寺の中さ入って、
 「むく、むく」
て、叫(さか)んだば、大き和尚(おしょう)さん出て来て、
 「むくだば、おれだ」
て、云ったど。

 またぎ、魂消(たまげ)て、山の中で犬殺されで困った事話したば、和尚さん、
 「あの犬負(ま)かす犬だば、化物(ばけもの)だべ。おれ、一緒(いっしょ)に行って見る」
どて、その和尚さん、むく犬なって、山の中さ行ったど。したば、やっぱり灯コ見えて、犬吠(ほ)えたど。
 「むく、むく、来い」
て、云って、むくのとこさ、またぎ行ったば、
 「やっぱし化物だ。あの犬だば、ひひのひゃんがり(くせもの)で、姉コは猫(ねこ)の化物だ。
 ひひのひゃんがり噛(か)み殺すのだば、わけ無えども、姉コの山猫(やまねこ)だば容易(ようい)で無がら、お前油断(ゆだん)すなヨ」
て、云って、その晩(ばん)げ泊まったど。

 次の朝間なったきゃ、また、赤ゃ犬、むくさかかって来たきゃ、むく、赤ゃ犬に化けたひひのひゃんがりを噛み殺してしまだど。
 姉コ、ごしゃあ(おこって)で、本性(ほんしょう)出して大き猫になって、むく犬の喉頚(のどくび)さ喰(く)いつきに来たど。
 したども、またぎ、今度ぁ鉄砲(てっぽう)で撃(う)ち殺してしまだど。
 したきゃ(そしたら)、家だど思ってた所(どこ)、なんと岩の洞(ほら)であって、なんも無かったど。

  とっぴんぱらりのぷう。

またぎの犬挿絵:かわさき えり




「またぎの犬」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

またぎの犬(またぎのえんこ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

節分の鬼と伝兵衛爺(せつぶんのおにとでんべえじい)

節分の鬼と伝兵衛爺(せつぶんのおにとでんべえじい)

 むかし、あるところに伝兵衛(でんべえ)という爺(じい)がおった。酒とバクチとケンカが何より好きで、おまけに偏屈者(へんくつもん)であったと。  ある年の節分の晩(ばん)、  「よそと同じように豆まきしてもつまらん。おらとこはあべこべにやる」  「そうれ、福は外、鬼(おに)は内」 というて、豆まきしたと。

この昔話を聴く

狐と熊(尻尾の釣り型)(きつねとくま おっぽのつりがた)

狐と熊(尻尾の釣り型)(きつねとくま おっぽのつりがた)

 むかし、むかし。  ある冬の寒い日に、漁師(りょうし)が氷に開けた穴から釣(つ)り糸をたれて、数匹(ひき)の魚を釣り上げたと。  「どれ、寒くもあるし、腹(はら)もすいたし、こんなところで、帰るとするか」 というて、橇(そり)に魚を乗せて帰ったと。

この昔話を聴く

無言くらべ(むごんくらべ)

無言くらべ(むごんくらべ)

むかし、あるところにお爺さんとお婆さんがおった。あるとき、隣から餅を七つもらった。夜も更けて、天井にぶら下げたランプの下で、餅を盛った皿を真ん中に、お爺さんとお婆さんが向かい合って座っていた。

この昔話を聴く

現在819話掲載中!