※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

びんぼうのかみ
『貧乏の神』

― 秋田県 ―
再話 今村 泰子
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 ある家の父、毎日働かなねであったと。
 毎日毎日、火ノンノンとたいて、こっちの肋(あばら)あぶれば、また、こっちの肋あぶる。今度ァ背中あぶるって、そやってばしいであったと。
 ある時、
 「貧乏の神、貧乏の神、火ィあたりに来いでぁ」
と言ったと。
 したきゃ、庭の隅(すみ)からガタガタガタガタって出はってきたとこ見たきゃ、おっそれおっかねよなのがボロ着て、ジャンと座(すわ)ったと。

 「貧乏の神、貧乏の神、お前えなに好きだ」
て聞いたきゃ
 「おれ、糠(ぬか)の煮付餅(につけもち)一番好きだ」
て言ったと。
 「嫌いなものはなんだ」
 「嫌いなものは銭コ勘定(かんじょう)することと、米搗(こめつ)く奴、一番好きじゃねえ」
て、いうわけだ。
 
貧乏の神挿絵:かわさき えり

 「よし」
て、いって、どこでどう工面(くめん)したもんだが、銭コ叺(かます)さ一杯持ってきて、
 「一文、二文、三文、四文、五文 ……」
て、毎日勘定するわけだ。して今度ぁ、本家さ言って、
 「米搗く奴あったら、おれどこで搗かせでけれ」
て、いって、あづかってきて、ねじりハチマキして、ウン、うん、ウンていって唐臼(からうす)さ入れて搗くわけだ。

 夜間(よま)になって、庭の隅からガタガタ、ガタガタって貧乏の神出はってきたと。
 「なんと、おれ好きでねぇ。銭勘定好きでねえって言えば、毎日毎日、一文、二文、三文、四文て銭勘定するし、米搗く音嫌いだといえば、毎日毎日、ドンドンドンて米搗くし、頭さあがってきた。お前ぇの家にだばおられねえ」
 「そんなこと言わねで、どうかいてくなんせ」
 「いや、おら行く。隣の福の神、お前どさ、ぶっつけてける」
て、言って、出て行ってしまったと。

貧乏の神挿絵:かわさき えり
 この人、それから毎日、火さもあたらねえで働いたら、金持ちになってしまったと。
 
 とっぴん ぱらりの ぷう。

「貧乏の神」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

餅が好きなのに餅つきとお金が嫌いなのと嫌なことされても家にいるから貧乏なのかな( 30代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

左甚五郎の竜の彫り物(ひだりじんごろうのりゅうのほりもの)

左甚五郎の竜の彫り物(ひだりじんごろうのりゅうのほりもの)

今からざっと三百五十年ほどむかし。丹後(たんご)の国(くに)、今の京都府の日本海に面したあたりにある宮津(みやづ)地方では、田植が終ったにもかかわら…

この昔話を聴く

人柱(ひとばしら)

人柱(ひとばしら)

むかし、あったと。あるところで、川の堤防工事(ていぼうこうじ)があったと。土盛りをするのだが、盛っても盛っても、そのたんびに川の流れで崩(くず)され、泥沼のようになってしまう。工事は一向にはかどらなかったそうな。

この昔話を聴く

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

現在819話掲載中!