※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かえるよめ
『蛙嫁』

― 秋田県 ―
採集・再話 今村義孝 / 今村泰子
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あったわけだ。
 夫(とと)と嬶(かか)と二人仲好(なかよ)く暮(く)らしてあったとな。楽な暮らしであったども、嬶病気になって死んだしまったと。

 それからていうもの、二人して稼(かせ)ぐ人を見れば、羨(うら)やましくて、羨やましくて、嬶欲しとてさがしてみるども、なかなか見つからねわけだ。


 ある細雨(ほそあめ)の降る日、蛙、ギャ、ギャ、ギャて雨呼(あまよ)ばりして鳴(な)いていたとな。
 「うん、うん、蛙でも夫婦(ふうふ)して、面白くて、ああしてさえずるべな。おれも蛙の嬶でもいいべどもなぁ」
て、つぶやいたわけだ。晩方(ばんがた)なったきゃ、
 「御免(ごめん)ください」
て、つづれこ着た、しまの風呂敷(ふろしき)背負(しょ)った女、訪ねてきたと。
蛙嫁挿絵:かわさき えり


 「嬶いねぇ話聞いて、嬶にしてもらいたくて来た」
て、云(い)ったと。そこで夫、大した喜(よろこ)んで、
 「これから楽寝(らくね)させるから、いてけれ」
て、おくことにしたと。

 夫、嬶を大事に大事にして暮らし暮らししているうち、ある日、
 「夫、夫、おれ実家から法事(ほうじ)のお使い来たで、一度行って来るでぁ」
て、云うわけだ。
 「おうおう、そんだか。行って来い。何か持って行かねたっていいか」
 「なにもいらね、なにもいらね。一人身で行くから」
とて、持ってきた時の、しまの風呂敷背負って行くわけだ。


 夫、不思議(ふしぎ)だと思って、ずっとずっと田の畔(くろ)つけて、ばらの棘株(とげかぶ)のかげさ行って見てたと。
 したきゃ、堤(つつみ)の上に行ったと思ったば、川の中さドブンと入ったとたんに、今度、ギャロ、ギャロて集(あつま)って鳴くわけだ。

 「さては蛙であったか」
と、思って見てたけ、今度ぁ集ったも集った、川一杯集ってきて大きい蛙先になってギャロ、ギャロと廻(まわ)って歩くわけだ。
 夫、そのあたりの一番大き石拾って、一番大き蛙めがけてドンとぶっつけたば、鳴き声止まってしまって、なんぼ待っても聞(きけ)ぇなくなってしまったと。


 次の日、
 「あい、やや、今来た。夫、大した騒動(そうどう)であったや」
て云うので、
 「なしてや」
 「まぁ、まぁ、和尚さん来て、おつとめあげて、陀仏(だぶ)あげていたきゃ、どこかの乱暴人(らんぼうにん)きて、和尚さん頭さ石ぶっつけて、大怪我(おおけが)させてしまった」
て云ったと。
 それ、蛙の化物であったと。
 とっぴん ぱらりのぷ。

 
蛙嫁挿絵:かわさき えり

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

人柱(ひとばしら)

人柱(ひとばしら)

むかし、あったと。あるところで、川の堤防工事(ていぼうこうじ)があったと。土盛りをするのだが、盛っても盛っても、そのたんびに川の流れで崩(くず)され、泥沼のようになってしまう。工事は一向にはかどらなかったそうな。

この昔話を聴く

笠地蔵(かさじぞう)

笠地蔵(かさじぞう)

昔、あるところに貧乏な夫婦があったと。大晦日(おおみそか)が来たけれども、晩の年越(としこし)の仕度(したく)も出来ないので、女房が、「いままでたん…

この昔話を聴く

現在711話掲載中!