※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かっぱのくれたたからもの
『河童のくれた宝物』

― 秋田県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに爺(じ)さと婆(ば)さとが暮(く)らしておったと。
 あるとき、爺さが山へ行ったら、河童(かっぱ)が寝(ね)ていたと。爺さが、
 「河童、河童、なして寝てる」
とて起こしたら、河童は、
 「あんまり寒くて寝てら。火ぃ焚(た)いてくれたら、宝物呉(け)らあ」
とて、いうたと。
 爺さ、良えこと聞いた、と急いで家にとっかえし、火種を持って山さ行ったと。


河童のくれた宝物挿絵:かわさき えり
 「河童、河童、火ぃ持って来た。あたれ」
とて枯(か)れ木を燃(も)やしてやったと。
 そしたら河童が、
 「爺さ、これ呉る」
とて、小っちゃな袋(ふくろ)をくれた。
 「これさ入ってみれ。爺さの見てぇ町へ、どこへでも行けるから」
とて、ゆうたと。


 爺さ喜んで、家に戻(もど)ってひとりで袋に入り、
 「大阪さ行きてぇ」
とて、ゆうた。
 そしたら、何とも良(え)ぇ町が見えた。
 いっぱい、いっぱい見物して、爺さ袋から出たと。
 そして、誰(だれ)にも見つからないように寝床(ねどこ)の隅(すみ)にしまって、また、山へ行ったと。

 爺さの留守に、婆さが南蛮味噌(なんばみそ)を晩餉(ばんげ)のおかずにしようとて作ったと。
 何か入れ物はないかなとて、ゴソゴソ探していたら、寝床で小っちゃい袋を見つけた。
 「こりゃ良え、んだどもおかしな袋だな」
とて首傾(かし)げながら、南蛮味噌を入れたと。


 晩方になって爺さが帰って来た。
 すぐに寝床さ行って袋を探したけど、無(ね)がったと。
 「婆さ、婆さ、おれ、寝床さ小さい袋置いてたども、見ねがったか」
とて、顔色変えて訊(き)いたと。
 「あや、あれだば、おれ南蛮味噌こしらえたら入れ物無ぐて、それに入れだでや」
 「そ、その袋、ここさ早ぐ出せ」
とて出さしたら、味噌(みそ)と唐辛子(からしこ)で汚(きたな)くなってたと。

 河童のくれた宝物挿絵:かわさき えり
 爺さ、水場で洗(あら)って干(ほ)したと。
 干せったら、寝床で袋の口を開けて、
 「江戸、江戸、江戸さ行きてぇ」
とて、ゆうたと。
 何ぼ、江戸、江戸ゆうても、町らしきものは見えなかったと。


 次の朝、山へ行って河童に、
 「河童、河童、何も見えねぐなったども、何としたべ」
とてゆうたら、河童が、
 「南蛮味噌で流されてしまった」
とてゆうたと。

 だから、良(え)ぇ物(もん)あるときは、みんなしゃべって聞かせて置かないと、爺さみてぇに何にも無(ね)くしてしまうっつう事の話だ。
 
 これきって とっぴんぱらりのぷう。
 

「河童のくれた宝物」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

河童のくれた宝物(かっぱのくれたたからもの)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

飛騨の工匠(ひだのたくみ)

飛騨の工匠(ひだのたくみ)

むかし、備中(びっちゅう)の国、今の岡山県の殿様が、立派なお宮を造ろうと思うて、国中の大工を集めたことがあった。たくさんの大工が集まって来たが、国一…

この昔話を聴く

呉の乙女椿(くれのおとめつばき)

呉の乙女椿(くれのおとめつばき)

むかしむかし、安芸の国(あきのくに)は呉(くれ)の浦(うら)、今の広島県(ひろしまけん)呉市(くれし)の呉の港のあるあたりは、三方山(さんぽうやま)…

この昔話を聴く

ツバメの仕返し(つばめのしかえし)

ツバメの仕返し(つばめのしかえし)

むかし、あるところにケチで欲深な婆ぁが住んでおったと。ある暖かい春の日のこと、婆ぁが縁側でコックリ、コックリしていると、頭の上で、チイッ、チイッと鳥の啼き声がした。

この昔話を聴く

現在752話掲載中!