※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

むこのゆめ
『聟の夢』

― 秋田県 ―
話者 佐々木 チヨノ
再話 今村 泰子
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あったけずぉな。
 あるどごに、隣(となり)村がら聟(むこ)貰(もら)た家(え)あったけど。
 その聟がある時(じき)の正月の元日の朝間、神様さお燈明(とうみょう)つけで拝(おが)んでいだけど。
 あんまし一生懸命(けんめい)になて拝むので、そごの家の人達(ふどだち)ぁあやしぐ思て、
 「なんしにそんなに拝むのだてシャ」
ど、聞いたば、
 「昨晩(ゆべ)ナ、とでも面白え夢見たなで、こたに一心に拝んでえだなだ」
で言うたど。

 
聟の夢挿絵:近藤敏之
 
したば皆(みな)、
 「なんた夢見だが聞がせろ」
て言うたども、聟ぁ、ぎりっと(さっぱり)聞がせ無(ね)ゃけど。そしたば家の人達ぁ、
 「ンだば、ンが(お前)どご島流しにする」
て、おどがしたけど。


 ンだども、聟ぁ、なったり(絶対)聞かせ無ゃのなで、とうど島流しされだけど。
 聟ぁ、木箱さ入(ひゃ)って、流れ流れで行(え)たば、ある島さ着いだけど。
 その島の岸の方(ほ)にゃ一杯(えっぴぁ)鬼いで、その中の頭鬼(かしらおに)ぁ、
 「その流れで来たな、なんだが開けで見ろ」
ど言うて、子分達ぁ開げて見だば、人だけど。
 そしだば、頭鬼ぁ早速に、
 「人だ人だ、食てしまえ」
て言うたけど。そしだば、一匹の年寄った鬼ぁ、
 「まんず、此処(ここ)さ来た訳(わけ)聞いでがら食た方(ほ)が良(え)ぇ」
て言いながら、聟がら訳聞いだげど。
 そしたば、聟ぁ、
 「見だ夢、聞かせ無(ね)ゃで、島流しにあった」
ど伝えだけど。

 
したば、鬼共ぁ、
 「ンだら、おら達にも、その夢聞がせろ。そせば、あらたち宝物三つ持て居(え)だがら、どれでも好きな物呉(け)るがら」
て言いながら、一本の、表が黒くて裏(うら)が赤いヘラッコど、千里走る車ど、二千里走る車ど、持て来たけど。
 したば聟ぁ、すんぐにヘラッコ一本持て、二千里走る車さ乗て、トンがトンが逃(に)げで行てしまたけど。

 
聟の夢挿絵:近藤敏之

 そしたば、鬼ぁごしゃいで(おこって)、千里走る車で追(ぼ)かけで来たけど。
 ンだども、聟ぁ、二千里走る車さ乗ってるべぇ、鬼が千里走る車さ乗て追(ぼ)かけだどころで、まじにもなら無(ね)ゃけど。ンだごとなべぇ(そうだろうがな)。

 
聟の夢挿絵:近藤敏之

 聟ぁ、ある町まで乗て来たば、長者の家(え)の娘ぁ尻(しり)たぐって小便(しょうべん)たれでいだけど。
 聟ぁ、悪さして、娘の尻コ、ヘラッコの赤(あき)ゃ方(ほ)でペタペタ叩(たた)いでやったけど。そしたば、娘の尻ぁだんだん鳴り出したけど。

 
 〽スポガ スポガ シンデンジ
  シャガホガ ホウシャクジ
  六原 清水(きよみず) 六角堂の太鼓(たいこ)にならばなれ
  ズフ ズフ
ど、鳴り続けだけど。
 そこの町は大さわぎになたけど。
 長者は、娘の尻の鳴りコ止めで呉(け)た人を娘の聟にするて、立札建てたけど。
 聟ぁ、よし、て、長者の家さ行ったら、長者みずから出できで、
 「まんず風呂に入(ひゃ)れ。袴(はかま)、羽織(はおり)で見でたんせ」
ど言たけど。


 娘の寝(ね)ているどこさ行(え)たば、医者達ぁ一杯(えっぴや)居で、聟見で、
 「こたな野郎(やろ)コぁ、治せるが」
どて、大笑いしたけど。
 ンだども聟ぁ、ヘラッコの黒い方で尻コペタペタなでたば、尻鳴りぁ少しずつ静かになて、そのうち、スカッと止まてしまたけど。
 したば、さっき笑た医者達ぁ、ワラワラ逃げで行(え)てしまたけど。
 長者の家では大喜びして、
 「なんどが、おら家の聟になてたもれ」
と所望(しょもう)したけど。聟ぁ、こんどぁ長者の家の聟さなたけど。そして、長者の娘と二人で上方詣(かみがたもうで)に出掛(か)げだど。
 実ぁ、先に聟の見だ夢ぁ、長者の娘と二人して上方詣さ行た夢であたけど。
 
 とっぽんぱらりのぷう。

秋田県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

あんたさん、知っとられますか。昔は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)っちゅうのを使っておりましてのう、つまり旧暦(きゅうれき)ですかのう。明治五年十…

この昔話を聴く

天人女房(絵姿女房型)(てんにんにょうぼう)

天人女房(絵姿女房型)(てんにんにょうぼう)

昔(むかし)、あったずもな(あったとさ)。あるどこに、若(わぎ)ぁ兄(あに)いであったどセェ。良ぐ稼(かせ)ぐ人の良(え)ぇ兄で、山さ行(え)って、…

この昔話を聴く

亀と虻の援助(かめとあぶのえんじょ)

亀と虻の援助(かめとあぶのえんじょ)

昔、あるところに一人の若者があった。旅に出て、とある浜辺で弁当を食うていたら、子供たちが、小(こ)んまい亀を捕らえて棒っ切れで突っつきはじめた。「お…

この昔話を聴く

現在733話掲載中!