※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きつねのからまつさん
『狐の唐松さん』

― 秋田県 ―
話者 佐藤 祐介
採集・再話 今村 泰子
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あったずぉん。
 あるどごに、弥八(やはち)て云(い)う狩人(またぎ)あったけずぉん。
 あるどき、狐(きつね)捕りに行(え)ったば、穴の中で狐たぢ集まって、相談していだど。

 
狐の唐松さん挿絵:かわさき えり

 こっそり聞いでいだば、
 「おうい、お前(め)たち、明日、皆(みな)して村さ、唐(から)松さんをやって行くべ」
 「ンだ。それやるごどにすべ」
て、云ったど。


 弥八、これ聞いで、
 「ようし、明日、皆生捕りにして呉(け)る」
て、家(え)さ戻(もど)って、ふくべ、ずっぱり出して、その中さ狐の好きな油揚(あ)げ入れておいだど。

 次の日になったば、笛吹(ふ)いて、旗(はた)立でて、唐松さんの行列廻(まわ)って来たど。
 弥八、わざと外さ出はって、
 「どうか休んでたんへぇ」
て、家の中さ入れて、酒コ出して、皆どごさ御馳走(ごっつぉ)しだど。

 唐松さんだち、酔(よ)ってしまって寝(ね)てしまったもんで、弥八、ひょうたんふくべの枕(まくら)させたきゃ、狐たぢ、好きな油揚の匂(にお)いするので、頭、だんだんつっこんで、ふくべ被(かぶ)ってしまったど。

 
狐の唐松さん挿絵:かわさき えり

 弥八、そのどぎ、
 「さぁ、いまだ」
て、網(あみ)打って、皆生捕りにしてしまったど。
 
 とっぴんぱらりのぷう。

「狐の唐松さん」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

今まで聞いたことのないお話で良かった。かたりを聞けるので、方言を使って読むことができて面白い。キツネたちにとっては悲劇のお話になるのに、可哀想さが直接表面にでてこないとんち話になっている。( 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

のぶすま

のぶすま

むかし、むかし。 ふたりの男が連れだって、茶臼(ちゃうす)山へ登ったそうな。 古い合戦(かっせん)のありさまを話し合いながら、あのあたり、このあたりと眺(なが)めていたが、せっかくここまで来たのだから、大茶臼(おおちゃうす)へも登ろうということになったと。

この昔話を聴く

話そうか話すまいか(はなそうかはなすまいか)

話そうか話すまいか(はなそうかはなすまいか)

むかし、むかしあったげな。  ある旅の商人(あきんど)が大けな荷物を肩(かた)にかついで、丸太の一本橋の上を渡(わた)ろうと思いよったら、向こうからもひとりのお侍(さむらい)が渡りょったげな。

この昔話を聴く

鍛冶屋と医者と巫女(かじやといしゃとみこ)

鍛冶屋と医者と巫女(かじやといしゃとみこ)

むがしあったけど。鍛冶屋(かじや)と医者と巫女(みこ)が三人死んで、道づれになったけど。地獄さ行くど、こんどまず、医者から閻魔大王(えんまだいおう)…

この昔話を聴く

現在819話掲載中!