※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

びんぼうのかみ
『貧乏の神』

― 秋田県男鹿市 ―
話者 泉 りさ
採集・再話 今村 泰子
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むがし、父(てで)と母(あば)と子供(こども)の三人居(い)てあったわけだ。
 貧乏(びんぼう)で貧乏で、正月来たて食う物なも無(な)ぁふでナ、銭(じぇん)コはだけて、
 「今夜年取りだんて、米コ買って来て、飯(まま)炊(た)いて食うど」
どで、その子さ、米買わせに行かせた訳(わけ)だ。
 したけ、その子、間違(ちが)って炭買って来た訳だ。

 
貧乏の神挿絵:かわさき えり

 「今さら炭もどしに行くたて暗くて行くごともならねし、ンだら、今夜、飯食わねたて、その炭あるだけ囲炉裏(いろり)さグワンとくべて、熱火(あつび)さあだる」
どて、あだっていだ訳だ。


 その火、ガンとおこしたば、囲炉裏の四づの隅(よつづのすみ)がら、けだものコ、ベロ、ベロ、ベロ、ベロと四匹(よんひき)出はって、チョロ、チョロ、チョロ、チョロて行ってしまった訳だ。
 父ナ、その跡(あと)ついで行ったけナ、けだものコ、
 「おら貧乏の神で、あんだに(あんなに)火たく家にだば、熱うて居られねぁんて(いられないから)、火のたかね家さ行く。ずっとむこうの、あの村はずれの家だば、辛(しわ)んぼうで火もたかねぁんて、そごの家さ行く」
どて、チョロ、チョロ、チョロ、チョロて、村はずれの家さ入って行ってしまった訳だ。

 そごの家ナ、それがらすぐに貧乏になってしまったど。

 
貧乏の神挿絵:かわさき えり

 父と母と子供の家ナ、貧乏の神出て行ってがらというもの、なんにをやってもあんばい良(え)ぐてナ、銭(じぇん)コもうげて、金持ちになって、三人楽しぐ暮(く)らしたど。
 
 とっぴんぱらりのぷう。
 

「貧乏の神」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

貧乏の神がいるか、いないかだけで、こんなに違うんだ。( 10歳未満 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

こんな晩(こんなばん)

こんな晩(こんなばん)

むかし、一人の六部(ろくぶ)が旅をしておった。六部というのは、全国六十六ヶ所の有名なお寺を廻っておまいりをする人のことだ。六部たちは、夜になると親切…

この昔話を聴く

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

 昔、ある山間(やまあい)に一軒(けん)の家があって、男と女房(にょうぼう)とは暮(く)らしていたと。  家の前の道、ときどき、猟師(りょうし)たちが猪(いのしし)だの熊(くま)だの獲物(えもの)を担(かつ)いで通ったと。

この昔話を聴く

節分と貧乏神(せつぶんとびんぼうがみ)

節分と貧乏神(せつぶんとびんぼうがみ)

昔になぁ、家内がしょうたれで、所帯場(しょたいば)のまわりにつばを吐(は)いたり、汚(きたな)くしとる家があったそうな。男はなんぼ働いても働いても貧…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!