※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『きつつき』

― 秋田県 ―
再話 今村 泰子
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、昔。
 ある家さ一人の婆(ばあ)さん住んでいたど。
 ある日、婆さん餅(もち)焼(や)いていたけ、トントン戸を叩(たた)ぐ音して、旅人、
 「すまねども、ちょっと休ませて呉(け)ねしか」
と、言ったども。

 
きつつき挿絵:福本隆男
 
 婆さん、知らね振(ふ)りして居たども、めんどうくせ声で、
 「今、忙(いそが)しくて手離(はな)せねがら、自分で開けて入って呉(け)」
と、叫んだど。


 婆さん、入って来た人の顔も見ねで、一生懸命(いっしょうけんめい)餅焼きしてたけ、旅人、腹(はら)空(す)いていたので、
 「なんとうまそうだ匂(かおり)する事(ごと)。おれさも一つ呉(け)てたんえ」
と言ったど。婆さん、「やんだ」ともいわれねがら、一番小っちゃいのやろうど思って、また、餅焼いだども、段々(だんだん)焼けてくると呉(け)るのがいやになって、一つも呉(け)ねがったど。

 旅人、急にこわい顔になって、
 「お前(め)、なんとけちん坊(ぼう)だごと。人さ親切も出来ね者は、人間にしておかれね。鳥になって、自分の食い物は自分で探(さが)せ」

 
きつつき挿絵:福本隆男


って、言ったば、その言葉終わらねうちに、婆さん、きつつきになってしまったど。
 この旅人は、天(てん)の使いであったなだど。
 とっぴんぱらりのぷう。
 

「きつつき」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

きつつき

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

猿の仲裁(さるのちゅうさい)

むかし、ある所に大猫と小猫がおったそうな。ある日のこと、この二匹の猫が揃って歩いて行くと道端におむすびが二つ落ちていた。

この昔話を聴く

かしこ淵(かしこぶち)

かしこ淵(かしこぶち)

むかし、ある村に魚釣りの好きな男がいたと。ある春の日、男は、「水が温(ぬる)んできたから、魚どもも動き出す頃合(ころあ)いじゃろ」いうて、村はずれを…

この昔話を聴く

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

赤マントやろかー(あかまんとやろかー)

創立何十年もたつという古い学校には、必ず、一(ひと)つや二(ふた)つの、こわーい話が伝わっている。中でも多いのが、便所にまつわる怪談だ。今日は、一つ…

この昔話を聴く

現在829話掲載中!