※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こんなばん
『こんな晩』

― 青森県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 むかし、一人の六部(ろくぶ)が旅をしておった。
 六部というのは、全国六十六ヶ所の有名なお寺を廻っておまいりをする人のことだ。六部たちは、夜になると親切な家で一晩泊めてもらっては旅を続けていた。
 その六部がある村に着いたとき、日も暮れてきたので、村はずれの一軒の家に泊めてもらうことになった。夕食を食べ終えた六部は、
 「大分歩いてつかれましたから、今夜はこれで休ませていただきます」
と言うと、奥の寝部屋(ねべや)へ入った。
 ところが、夜遅くなっても、六部の部屋のあかりがついている。何をしているのだろうと、家の主人が戸のすき間からこっそりのぞくと、部屋の中では六部が金を数えていた。
 

 青森県民話【こんな晩】挿絵1挿絵:かわさき えり
 『ほほう、たんまり持っているな、あれだけあれば一生楽に暮らせる。ようし、あの六部を殺して金を奪(と)ってやろう』
 そう思った主人は、大きな声で、
 「六部さん、起きてるかい。いい月だから外へ出てみなされ」
と言って、うまく六部を外へ連れ出した。
 六部が、
 「月はどこにも見えないが」
と、振り向いたところ、主人はいきなり隠していたナタを振り上げ、六部を殺してしもうた。
 

 主人は、六部から奪った金で商(あきな)いをして、またたく間に金持ちになった。
 やがて、この家に子供も生まれた。
 長い間子供が出来なかっただけに、主人は喜んで喜んで、たいへんな可愛いがりようだった。
 ところが、その子は泣き声もたてないし、二つになっても、三つになっても一言もしゃべらなかった。
 子供が五つになったある晩のこと、寝床(ねどこ)の中でむずかった。主人は、きっと小便だろうと思って、子供を抱いて外へ出た。
 月の出ていない晩だった。
 「早く小便をせいや」
と、主人がいうと、今まで一言もしゃべらなかった子供が、突然、
 「こんな晩だなあ」
と言った。
 主人はびっくりして、とっさに、
 「何が」
と聞くと、
 「六部を殺した晩よ」
と、子供が言った。
 

 いつの間にか、子供の顔は殺した六部の顔になって、主人をにらみつけていた。
 主人はおそろしさのあまり、気を失い、そのまま死んでしまったという。

青森県民話【こんな晩】挿絵2挿絵:かわさき えり

「こんな晩」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

こんな晩(こんなばん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい)

郭公鳥の由来(かっこうどりのゆらい)

 昔あったと。  カッコという名前の子供があったと。  実の母さんは早ように死んで、継母(ままはは)が来たそうな。

この昔話を聴く

若返りの水(わかがえりのみず)

若返りの水(わかがえりのみず)

昔、あったけどな。ある所(どこ)さ、爺様(じさま)と婆様(ばさま)、仲良ぐ暮らし立てでいだけど。あるとき、爺様、山さ柴刈り(しばかり)さ行って、一生…

この昔話を聴く

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

仏を焼いた狩人(ほとけをやいたかりゅうど)

 昔、ある山間(やまあい)に一軒(けん)の家があって、男と女房(にょうぼう)とは暮(く)らしていたと。  家の前の道、ときどき、猟師(りょうし)たちが猪(いのしし)だの熊(くま)だの獲物(えもの)を担(かつ)いで通ったと。

この昔話を聴く

現在819話掲載中!