※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

しらみとのみのゆらい
『虱と蚤の由来』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、昔、ある山の中に一軒(いっけん)の家があったと。
 おっ母(かあ)と童(わらし)と二人、いてあったと。畑をちょっとと、お蚕(かいこ)さんをちょっと持っていたと。
 ある晩(ばん)げ、おっ母が繭玉(まゆだま)から糸を紡(つむ)ぎ、トンカラリンと機織(はたお)るべえと思うて、繭玉を煮(に)ていたら、山ざわめかして鬼婆(おにばんば)来たと。

 「おっ母、いたかぁ」
 「わーい、おっかねえなぁ」
 「いい匂(にお)いかいで遊びに来た。繭煮てるなぁ」
 おっ母、黙(だま)っていたら、鬼婆、
 「四、五桶(おけ)ぐれえ煮れえ、煮ねえなら、童食っちまうぞう」
と言うた。
 「繭、煮えたぁ」
と言うと、
 「そだら、ここさ持ってこぉい」
と言うて、ムシャムシャ食ったと。

 「明日の晩げは十桶(とおけ)ぐれえ煮とけぇ」
と言うて、鬼婆、山さ帰って行ったと。
 「おっかねかったぁ」
 おっ母、童かきいだいてしゃがみこんだと。
 
青森県民話【虱と蚤の由来】挿絵1挿絵:かわさき えり

 次の晩げ、おっ母、繭玉十桶煮ていたら、鬼婆、また山ざわめかして来たと。
 「おっ母、いたかぁ」
 「わーいおっかねえなあ」
 「いい匂いかいで遊びに来た。繭煮てるなぁ」
 おっ母、黙っていたら、鬼婆、
 「ここさ、持ってこぉい」
と言うて、桶抱(だ)いて、ムシャムシャ食ったと。
 「明日の晩げはドブロク一斗(いっと)も買っておけぇ」
と言うて、鬼婆、山さ帰って行ったと。
 「おっかねかったぁ」
 おっ母、童かきいだいてしゃがみこんだと。

 次の晩げ、鬼婆、また、山ざわめかして来たと。
 「おっ母、いたかぁ」
 「わーい、おっかねえなぁ」
 「いい匂いかいで遊びに来た。ドブロク買っておいたなぁ」
 「買っておいたぁ」
 「んだら、おっ母に布(ぬの)やるべぇ。なんぼ欲しい」
 「なんぼでもええ」
と、言うと、鬼婆、腹押(お)して、口から、一尋(ひとひろお)二尋と布を出し、十尋(とひろ)も出して、
 「おっ母、ドブロク、ここさ持ってこぉい」
と言うた。

 鬼婆、一斗樽(だる)かかえて、ドクリドクリ、ドクリドクリ飲んだと。
 飲んで飲んで、眠(ねむ)ってしまったと。
 おっ母と童、二人で鬼婆を長持(ながもち)に入れ、
 「ここさ寝てろぉ」
と言うて、湯を煮たてた。
 煮えたった湯を鬼婆にかけたら、鬼婆、
 「ちかちか、虫コ刺(さ)すじゃあ」
と、寝言を言うた。おっ母、
 「ちかちかしなくしてやるう」
と言うて、さらに湯をわかし、グワラン、グワラン煮たてて、ドウド、ダンバとかけたと。
 鬼婆、死んだと。

 おっ母、鬼婆を森の繁(しげ)みに運んで、
 「山の生きものさまに捧(ささ)げたてまつるう」
と言うて、切りきざんだと。
 風がざわぁっと吹(ふ)いて、骨のかけらが落ち、肉のかけらがとんだと。
 下に落ちた骨のかけらが虱(しらみ)になり、上にはねた肉のかけらが蚤(のみ)になった。だから虱は白くて、蚤は赤い。虱や蚤が人を食うのは、昔に鬼婆であったからなんだと。

  とっちぱれ。

青森県民話【虱と蚤の由来】挿絵2挿絵:かわさき えり

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

「虱と蚤の由来」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

虱と蚤の由来(しらみとのみのゆらい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

馬追鳥(うまおいどり)

馬追鳥(うまおいどり)

昔、あるところに七つと十ばかりになる兄弟がおったそうな。母親が死んで、まもなく継母(ままはは)が来たと。継母は性(しょう)のきつい人で、二人を山へ芝刈りにやったり、畑へ肥(こ)え桶(おけ)を運ばせたり、谷川へ水を何度も汲(く)みに行かせたり、朝から晩まで働かせたと。

この昔話を聴く

樵夫の殿様(きこりのとのさま)

樵夫の殿様(きこりのとのさま)

むかし、あるところに樵夫(きこり)の父(とど)があったと。春の天気のいい日に山へ木を伐(き)りに行ったと。カツン、カツンと木を伐りながら傍(かたわ)…

この昔話を聴く

鷲の卵(わしのたまご)

鷲の卵(わしのたまご)

昔、あるところに一軒の農家(のうか)があって、爺さと娘が暮らしてあったと。あるとき、爺さが田圃(たんぼ)に代かき(しろかき)に行くと、蛇(へび)が蛙…

この昔話を聴く

現在737話掲載中!