※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きつねのしかえし
『狐の仕返し』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに婆さまがあったと。
 婆さま、田んぼへ行って草取りしたと。
 昼どきになったので弁当を食うていたら、一匹の狐(きつね)が田んぼの畔(あぜ)の上をゆっくりゆっくり歩いて近づいてきた。背中の毛が白っぽくなった年寄り狐だったと。それが、婆さまから五、六歩位しか離(はな)れていない所にチョコンと座(すわ)って、鼻をヒクヒクさせた。婆さま、
 「狐や、お前、年ぃ取ったので食いもの獲(と)られねぇのか」
というて、ミガキ鰊(にしん)をちぎって、残りの御飯と一緒にくれてやったと。

 
狐の仕返し挿絵:かわさき えり

 婆さま、次の日も家にあった残りものを持って田んぼへ行き、狐にくれてやったと。
 そしたら、婆さまが草取り終えて月星ながめながら帰るとき、その狐が家まで送ってくれたと。

 
 次の日、婆さまは他の用事があって田んぼへ行かなかった。
 狐が田んぼへ来たら、婆さまはいなくて、近くの田んぼで隣(となり)の婆さまが弁当食べていた。
 狐は隣の婆さまのところへ行ったと。そしたら、隣の婆さま、
 「こん畜生(ちくしょう)」
って、草刈(か)る鎌(かま)投げてきたと。
 次の日、狐は朝早くに田んぼに行き、昨日隣の婆さまが捨てた魚の骨(ほね)をさがした。
 そしたら隣の婆さまが来て、ふところから石をとり出して、
 「こん畜生」
ってぶつけてきた。
 年取った狐は避(よ)けられなくて後足にぶち当たったと。狐はびっこをひきひき山へ逃(に)げた。


 その次の日、隣の婆さまは日が暮れたのに家に帰って来なかった。息子(むすこ)が心配して田んぼへ行ってみたら、隣の婆さま、木の下でフキの葉っぱを幾枚(いくまい)も並(なら)べて、一人でブツブツつぶやいていた。息子が、
 「婆さま、何してる」
ときいたら、
 「盆(ぼん)の浴衣(ゆかた)みつくろってるところだ。これはどうだ」
っていうて、フキの葉っぱ一枚手にとって息子に見せたと。


 その次の日、息子が、婆さまに、
 「今日は田んぼへ行くな」
というたら、婆さま、
 「今日はうんと早く帰るから心配(しんぺえ)いらね」
というて、出かけた。ところが、月星出たのにまだ帰らん。息子、またさがしに行った。
 隣の婆さま、裸になって用水路のセキに漬(つ)かっていた。
 「婆さま、何してる」
ときいたら、
 「沢の湯さ入ってる。いい気持ちだぁ、あずましい」
っていうた。息子は婆さまを連れて家に帰ったと。して、女房(にょうぼう)どんに、
 「これからは、婆さま一人で外さ出されないな」
となげいたら、女房どん、
 「何とかしなきゃ」
というた。

 
息子は、
 「よし、明日、俺が婆さまのなりして行ってみる。狐出てきたら捕(と)っ掴(つか)めいて、叩(たた)き殺してやる」
っていうた。
 
狐の仕返し挿絵:かわさき えり


 次の日、息子は婆さまの着物きて、婆さまの菅笠(すげかさ)かぶって朝早うに田んぼへ行き、草取るふりしながら狐の来るのを待っていたと。

 家では女房どんと婆さまが、狐汁にして食うてやるべ、とて、息子が狐を捕っ掴まえて、たないで来るのを、いまかいまかと待っていたと。そしたらそこへ、
 「この家(え)の息子、田んぼでケガしてしまって、歩けなくなっているぞぉ」
って、知らせに来た人あった。

 
女房どんと婆さま、そら大変だぁって、近所の人(ひと)幾人(いくにん)も借りて、戸板たないで田んぼへかけつけた。息子は田の畔に腰掛(こしか)けていたと。女房どん、
 「どこケガした」
ってきいたら、息子、きょとんとして、
 「俺、どこも何んもケガしとらんぞ」
って、こういうたと。
 
 とっちぱれ。

青森県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

和尚と小坊主、餅と和歌詠み(おしょうとこぼうず もちとうたよみ)

むかし、むかし、あるお寺に和尚さまと施物を司る納所坊主さんと小坊主との三人がいたと。ここの和尚さまは餅が大好きで他所から貰っていつも己ひとりで食べるのだと。

この昔話を聴く

よぞう沼(よぞうぬま)

よぞう沼(よぞうぬま)

むがし、むがし。山形の庄内さ向かって行く方さ、炭焼きしたっだ よぞう っていう男いであったけど。そのよぞう、大変に働ぎのええ人でな、仲間の男と二人して、春にもなったんだし、山さ稼ぎに行ったど。

この昔話を聴く

金神様(かねがみさま)

金神様(かねがみさま)

むかしあったけど。あるところに若い夫婦がいてあったと。夫なる男は大層臆病者で、晩げには外の厠へ一人で小便にも行けないほどだと。妻は夫の臆病を治してやるべとて、夕顔のでっこいのを六尺棒に吊るして門口さ立てておいたと。

この昔話を聴く

現在723話掲載中!