※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

しがまのよめこ
『シガマの嫁コ』

― 青森県 ―
出典 北沢得太郎 鈴木喜代春 共著「ほらと河童と雪女」
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 昔、独(ひと)り身の若者、いであったど。
 ある冬の朝に、茅葺(かやぶ)きの屋根から氷柱(しがま)コ下がっていで、雫(しずく)コポタポタ落ちでいるのを見でいだど。

 シガマってか?つららのことだ。

 
シガマの嫁コ挿絵:かわさき えり
 ほれ見て、
 「姿(すがた)形もええし、色も透(す)けとるし、こんな氷柱のような娘(むすめ)コ、欲(ほ)しいもんだじゃ。おらも、嫁(よめ)コもらってもええ年齢(とし)になったじゃ」と、独り言しゃべっていだど。


 その日も一日暮(く)れだど。若者ァ、一日中雪切りで疲(つか)れたから、寝(ね)るべど思って立ちあがっだど。
 したけァ、トントンと、戸ば叩(たた)く音コしたど。若者ァ、
 「誰(だれ)だぁ」
ときいだけァ、
 「吾(わ)、お前(め)の嫁コになりたぐてきた」
といったど。
 若者、戸を開けでみだけァ、年だば十七、八の娘で、目も鼻も、口元コもいいして、背(せ)の高けぇきれいな娘であっだど。


 若者ァ、どして、こったらきれえな娘コおらのどこさ嫁に来て呉(く)れだだべど思ったど。
 「さぁ、入れじゃ」
と、若者いったど。
 「それだば、ごめんくだせぇ」
といって、娘ァ、家さ入って台所のまんなかさ座(すわ)っだど。若者ァ、
 「どして、おらのどこさ来てもええど思っただば。誰がに聞いで来たのだべか」
と、たずねだど。したけァ、娘ァ、
 「今朝方、お前(め)がシガマコ見で、こった娘コ欲しいど、しゃべっていたのを聞いでいだんだす。私で良がったら、どうか嫁コに貰(もら)って下さい」
といったど。若者ァ、
 「吾(わ)だけァ、父親にも母親にも死に別(わが)れで、たったの一人暮らしの手間取(てまど)りだ。それでもええだら、来てくれねべか」
といっだど。


 娘ァ、それでもいいって、そのまま若者の嫁になったど。それがらは、夫婦仲よく暮らしていだど。

 ある日、若者ァ、嫁コに、
 「隣(となり)で風呂沸(わ)がしているから、もらって入ってくればええ」
と、すすめだど。
 嫁コ、湯だば大嫌(きら)いだけれど、もらいに行っだど。
 それがらしばらく経(た)って、なんぼ待じでも戻(もど)って来ねど。
あんまり戻りが遅(おそ)いもんで、若者ァ、迎(むか)えに行っだど。風呂場さ行って、嫁コばなんぼ呼(よ)ばっても返事しねど。
 おがしいと思って、なかさ入って見だど。
 嫁コの姿、いねど。

 
シガマの嫁コ挿絵:かわさき えり

 風呂桶(おけ)の中ば見だけァ、差していた櫛(くし)どカンザシどが、浮(う)がんでいだど。
 シガマの嫁コ、解(と)けてしまっただど。
 
 とっちぱれ。

「シガマの嫁コ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

シガマの嫁コ(しがまのよめこ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

ミソサザイ

ミソサザイ

むかしむかし、ミソサザイはこぼしやであったと。毎日毎日、藪(やぶ)から藪へと飛び移り飛び返り、ああこの藪もつまらない、あの藪もつまらない、とこぼして…

この昔話を聴く

猿地蔵(さるじぞう)

猿地蔵(さるじぞう)

むかし、あったけど。むかし、あるところに爺さがおって、白い餅(もち)が大好きだったと。この爺さが川辺りの畑に畑仕事に行ったときのことだ。昼げに持って…

この昔話を聴く

吉四六の火事騒動(きっちょむのかじそうどう)

吉四六の火事騒動(きっちょむのかじそうどう)

昔、豊後の国、今の大分県大野郡野津町(おおいたけんおおのぐんのづまち)大字野津市(のづいち)に吉四六さんという、とても面白い男がおったと。あるとき、…

この昔話を聴く

現在760話掲載中!