※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

へびきのこ
『蛇きのこ』

― 青森県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、青森県の八甲田山(はっこうださん)の麓(ふもと)にひとりの男が住んであった。
 男が山裾(すそ)の道を歩いていたときのこと。
 少し向こう前(さき)に、いきなり棒(ぼう)のようなものが突(つ)っ立った。青黒くて、細い、小児(こども)の背丈(せたけ)ほどの。
 その棒のようなものは、突っ立ったかと思うと、ぱたりと倒(たお)れた。
 「ありゃ、何じゃ」
 男が立ち止まったら、それがまた突っ立って、倒れた。繰(く)り返し、繰り返しそんなことが起こるので、そおっと近づいた。そしたら、棒と見えたのは、蛇(へび)だったと。

 
蛇きのこ挿絵:かわさき えり

 その蛇のまわりを大粒(おおつぶ)のかたつむりたちがぐるぐるとまわっている。
 かたつむりはのろいはずなのに、それがけっこう速い。蛇のまわりを輪を描(えが)いて、ぐるぐる、ぐるぐるまわっているのだと。輪の中で蛇は突っ立ってはパタリと倒れ、また突っ立っては倒れしている。


 男は、初めて見る光景で魂消(たまげ)たが、これも話の種じゃ思うて、見物しておった。
 かたつむりたちは、徐々(じょじょ)に輪を狭(せば)めていく。
 蛇はますます苦しげに突っ立っては倒れる。
 そのうちに、かたつむりたちが蛇のからだにぴたりと取り付いた。そうしたら、何と、何と、蛇のからだが溶(と)けていって、終(しま)いには赤いとろとろのものになって地面に広がった。
 男はあっけにとられていたが、あまりに不思議なことなので、蛇がとろけたそばに枯れ枝(かれえだ)を突き立て、その日は帰ったと。


 次の日の朝、男は気になって、またあの場所へ行ったと。枯れ枝のそばには赤いとろとろの水溜り(みずたまり)はもう無かったが、そのかわりに、そこには見たこともない大っきな白いきのこがひとつ育(おが)って、こきざみに震(ふる)えてあった。
 
蛇きのこ挿絵:かわさき えり


 よおっく見ると、きのこの仐(かさ)の裏(うら)に何かが動いているようだ。
 <気味悪りぃな>
 男は枯れ枝を抜(ぬ)いて、それできのこの仐をそおっとめくってみた。
そしたら、柔(やわ)らかなヒダヒダ一面に、数えきれんほど、こんまいこんまいかたつむりが蠢(うごめ)いて、それらがきのこをもさぼり食うていたのだった。


 昨日のかたつむりたちは、蛇をきのこに変えて、子供(こども)らに食わしたのだと。
 これは珍(めずら)しいことでは無いそうな。
 尾張美濃(おわりみの)あたりでは、なめくじが蛇に取り付くと、やはり、蛇は棒のようになって死に、とろとろと溶けるという。そのあと同じようにきのこが生えて、これを“蛇きのこ”と言うそうな。蛇きのこには、やっぱりなめくじが寄(よ)り集まって、すぐに食い尽(つ)くすのだと。
 
 とっちぱれ。

「蛇きのこ」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

蛇がかわいそう( 10代 / 男性 )

驚き

へびが、キノコになるなんてびっくり。あんなやり方でできるのかなぁ。どういうことかなぁ。本当に、かたつむりは、キノコを食べるのかなぁ?( 40代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

仏様に失礼(ほとけさまにしつれい)

仏様に失礼(ほとけさまにしつれい)

むかし、ある寺にとんち名人の一休さんという小僧がおった。 この一休さんには、物識り和尚さんもたじたじさせられておったと。 「一遍でもええから、一休をへこませてやりたいもんじゃ」 つねづねそう思っていた和尚さん、ある晩いい考えが浮かんだ。

この昔話を聴く

かつお節の虫干し(かつおぶしのむしぼし)

かつお節の虫干し(かつおぶしのむしぼし)

むかし、豊後の国(ぶんごのくに)、大野郡(おおのぐん)野津町(のつまち)の野津市(のついち)というところに吉四六(きっちょむ)さんという面白い男がお…

この昔話を聴く

おりゅう柳(おりゅうやなぎ)

おりゅう柳(おりゅうやなぎ)

昔、ある村に、おりゅうという器量よしの娘(むすめ)がおったそうな。おりゅうは、峠をひとつ越えた町のお屋敷へ奉公(ほうこう)に行っておったと。その峠に…

この昔話を聴く

現在760話掲載中!