※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ふなゆうれい
『船幽霊』

― 千葉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある年のお盆の夜のこと。ある浜辺から、一隻(いっせき)の船が漁(りょう)に出掛けて行った。
 その晩は、風も静かで、空にも海にも星が輝き、まるで、池みたいな凪(なぎ)じゃったそうな。
 沖へ出て手繰(たぐ)り網(あみ)を流すとな、沢山(たくさん)の魚が掛かってくるんだと。
 「『盆暮に船を出しちゃあいけねえ』なんて、誰が言い出したんだ!そんなこたぁねぇ、見ろ、この大漁(たいりょう)をよお」
 「そうじゃあ、そうじゃあ」
 はじめは恐(おそ)る恐るだった漁師達も、いつにない大漁に気が大きくなって、夢中で網を手繰っていた。

船幽霊挿絵:かわさき えり
 だから、いつの間にか星が消え、あたりにどんよりした空気が漂(ただよ)ってきたのを、誰も気付かなかった。
 突然、強い風が吹いた。
 海はまたたくまに大荒れになった。
 山のような三角波(さんかくなみ)がおそって来て、船は、まるで木(こ)っ葉(ぱ)のように揺(ゆ)れた。
 漁師達は、流していた網を切り、死にもの狂いで船を操作(そうさ)した。それは、漁師達と海との戦いじゃった。

 どれくらい経ったろうか。先程(さきほど)まで荒れ狂った海が嘘(うそ)のように治(おさ)まり、漁師達が疲れきった身体(からだ)を横たえている時だった。
 朽(く)ちかけた大きな船が、音もなく近寄って来た。
 そしてその船から、人影(ひとかげ)もないのに、
 「お―い、あかとりを貸してくれぇ。あかとりを貸せぇ」
と、何とも言えない不気味な声が聞こえてくるんだと。
 ”あかとり”と言うのは、船底の水を汲(く)み取るひ杓(しゃく)のことだが、
 あまりの怖(おそ)ろしさに、唯(ただ)もう逃げたい一心(いっしん)で投げてやった。
 すると、その”あかとり”で、漁師達の船の中に水をどんどん汲み入れてくる。
 「しまった。これぁ船幽霊(ふなゆうれい)だ。見るんじゃねぇ、早く逃げろ」
 漁師達の船は水浸(みずびた)しになりながら、それでもかろうじて浜へ帰って来た時には、魂(たましい)の抜け殻(がら)みたいじゃったそうな。

 このことは、漁師仲間に一遍(いっぺん)に伝わった。
 それからと言うもの、お盆の日には、決して漁に出るものが無くなったそうな。

 こんでちょっきり、ひとむかし。

船幽霊挿絵:かわさき えり

「船幽霊」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

船幽霊(ふなゆうれい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

「しおのこ、しおのこ」の由来(しおのこ、しおのこのゆらい)

「しおのこ、しおのこ」の由来(しおのこ、しおのこのゆらい)

むかし、農家の人は、一粒の米も無駄にせられんいうて、米俵の中の米が残り少のうなると、俵をさかさにして、俵のまわりや底のところを棒で叩いて、中の米を一粒残さず出したそうな。

この昔話を聴く

ふしぎな手拭(ふしぎなてぬぐい)

ふしぎな手拭(ふしぎなてぬぐい)

とんと昔、ある村の一番大きな金持ちの家へ、ある日、ひとりのみすぼらしいなりをしたお遍路さんがやって来たそうな。門口に立って、御詠歌を歌い、何がしかの寄進を乞うたと。すると、そこの奥さんは、「このせわしいときに、お前なんぞにとりあっていられん。さあ、とっとと出て行き」と言うて、邪険に追い追い払ってしもうた。

この昔話を聴く

左甚五郎の竜の彫り物(ひだりじんごろうのりゅうのほりもの)

左甚五郎の竜の彫り物(ひだりじんごろうのりゅうのほりもの)

今からざっと三百五十年ほどむかし。丹後(たんご)の国(くに)、今の京都府の日本海に面したあたりにある宮津(みやづ)地方では、田植が終ったにもかかわら…

この昔話を聴く

現在752話掲載中!