※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たこのあしななほん
『蛸の脚七本』

― 千葉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、海べの村に、ひとりの婆さんが住んであった。婆さんは毎日浜へ出ては貝(かい)などを採(と)り、それを売って暮らしていたと。
 ある日のこと、婆さんが浜へ行くと、大きな蛸(たこ)が潮(しお)のひいたのも知らないで、昼寝をしていた。婆さんは、
 「こりゃ、ええもん見つけたぞ」
と、さっそく蛸の脚を一本庖丁(ほうちょう)で切って、籠(かご)に入れ、急いでその場から逃げた。
 家に帰って食べてみると、とてもいい味がした。 

 挿絵:かわさき えり
 
 次の日、また、浜へ行ったら、昨日と同じところに、あの蛸を見つけた。また寝ているふうだ。そろり、そろりと近づいて、庖丁でスパッと蛸の脚一本切り離(はな)し、籠に入れ、急いでその場から逃げた。そして、その蛸の脚を町へ売りに行くとすぐに売れたと。 

 次の日も、その次の日も、そのまた次の日も、と毎日浜へ行っては蛸の脚を切ってきて、とうとう七本も切ったと。
 その蛸、残る足は一本だけとなったと。
 婆さん、残る一本も切ってくれましょう、と思い、次の日も浜へ行った。居(い)た。
 婆さん、切ったら足を籠に入れるか、頭を籠に入れるか迷ったと。
 そろり、そろり近づいて、庖丁を突き出した。その時、蛸は一本の脚で婆さんにからみつき、すごい力で海の中へ飛び込(こ)んだと。
 婆さんは、必死になって、
 「助けてぇ、助けてくれろぉ」
と、大声で叫んだ。
 聞きつけた漁師(りょうし)が駆(か)けつけると、あら遅(おそ)や。
 蛸は婆さんをひきつれ、墨(すみ)を吐(は)いて海の中深く潜(もぐ)ったあとだった。
 婆さん、蛸の足七本と引き替え(ひきかえ)に、己(おの)が命(いのち)亡(な)くしたと。

 おしまい、ちゃんちゃん。 

「蛸の脚七本」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

蛸の脚七本(たこのあしななほん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

天人子(てんにんこ)

天人子(てんにんこ)

昔、岩手県の六角牛山のふもとの里に百姓をしている惣助という男があったと。里の附近には七つの池があり、その中のひとつに巫女石という石のある池があった。

この昔話を聴く

一畚山(ひともっこやま)

一畚山(ひともっこやま)

むかしむかしの大昔、上野(こうずけ)の国(くに)、今の群馬県に、大っきな、大っきな天狗が棲(す)んでおったそうな。こいつがたいくつすると、山奥から大…

この昔話を聴く

首抜き衣裳(くびぬきいしょう)

首抜き衣裳(くびぬきいしょう)

 昔はね、どこもかしこも貧しかったでしょ。だから、女子は家のことは何でもやらなきゃならなかったの。縫い物は特にそうね。破れ物の繕いや、着物を縫い上げるなんてのは当たり前のことだった。

この昔話を聴く

現在760話掲載中!