※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

たこのあしななほん
『蛸の脚七本』

― 千葉県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、海べの村に、ひとりの婆さんが住んであった。婆さんは毎日浜へ出ては貝(かい)などを採(と)り、それを売って暮らしていたと。
 ある日のこと、婆さんが浜へ行くと、大きな蛸(たこ)が潮(しお)のひいたのも知らないで、昼寝をしていた。婆さんは、
 「こりゃ、ええもん見つけたぞ」
と、さっそく蛸の脚を一本庖丁(ほうちょう)で切って、籠(かご)に入れ、急いでその場から逃げた。
 家に帰って食べてみると、とてもいい味がした。 

 挿絵:かわさき えり
 
 次の日、また、浜へ行ったら、昨日と同じところに、あの蛸を見つけた。また寝ているふうだ。そろり、そろりと近づいて、庖丁でスパッと蛸の脚一本切り離(はな)し、籠に入れ、急いでその場から逃げた。そして、その蛸の脚を町へ売りに行くとすぐに売れたと。 

 次の日も、その次の日も、そのまた次の日も、と毎日浜へ行っては蛸の脚を切ってきて、とうとう七本も切ったと。
 その蛸、残る足は一本だけとなったと。
 婆さん、残る一本も切ってくれましょう、と思い、次の日も浜へ行った。居(い)た。
 婆さん、切ったら足を籠に入れるか、頭を籠に入れるか迷ったと。
 そろり、そろり近づいて、庖丁を突き出した。その時、蛸は一本の脚で婆さんにからみつき、すごい力で海の中へ飛び込(こ)んだと。
 婆さんは、必死になって、
 「助けてぇ、助けてくれろぉ」
と、大声で叫んだ。
 聞きつけた漁師(りょうし)が駆(か)けつけると、あら遅(おそ)や。
 蛸は婆さんをひきつれ、墨(すみ)を吐(は)いて海の中深く潜(もぐ)ったあとだった。
 婆さん、蛸の足七本と引き替え(ひきかえ)に、己(おの)が命(いのち)亡(な)くしたと。

 おしまい、ちゃんちゃん。 

 挿絵:かわさき えり
 

千葉県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

福間の又兵衛さん(ふくまのまたぜえさん)

福間の又兵衛さん(ふくまのまたぜえさん)

とんと昔のことたい。筑前(ちくぜん)の国、今の福岡県の福間の里(ふくまのさと)に花見(はなみ)という街道(かいどう)が一本通っておって、その道は、いつでもおさん狐が化(ば)けて出るところじゃったげな。

この昔話を聴く

不知火の松(しらぬいのまつ)

不知火の松(しらぬいのまつ)

むかし、神奈川県(かながわけん)の大師河原(だいしがわら)というところに、お父と娘の二人暮(く)らしの漁師(りょうし)が住んでおった。お父は毎朝、木…

この昔話を聴く

尻鳴り袋(しりなりぶくろ)

尻鳴り袋(しりなりぶくろ)

昔、前田の滝の沢に、三太ていう正直な男いてあったど。妻と二人で毎日釜焼していたけど。したども貧乏で、その上子供いっぺえ持って、食わせるもなも出来ねぇほど難儀していたど。

この昔話を聴く

現在715話掲載中!