1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 愛媛県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

愛媛県の昔話(全10話)

かわうその恩返し(かわうそのおんがえし)

かわうその恩返し(かわうそのおんがえし)

むかし、あるところに貧しい男がおって、野良仕事をして暮らしておったと。あるとき、男は牛に草を食べさせようと、家から少し離れたところにつないでおいだと。

この昔話を聴く

銀杏狸(いちょうだぬき)

銀杏狸(いちょうだぬき)

四国の伊予市から宇和島へぬける郡中街道に、昔から目印になっている銀杏の木がある。その木には、銀杏狸ちゅう一族が住んでいて、枝に化けるのを専門にしておった。

この昔話を聴く

宝化物(たからばけもの)

宝化物(たからばけもの)

昔、あるところに、人の住まない荒(あ)れた屋敷(やしき)があったそうな。何でも昔は、分限者(ぶげんしゃ)が住んでいたそうだが、どうしたわけか、一家みな次々に死に絶(た)えてしもうて、そののちは、だあれも住む人もなく、屋敷と仏壇(ぶつだん)だけが荒れるがままの恐(おそ)ろしげになっておった。

この昔話を聴く

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

狸のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。

この昔話を聴く

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

あんたさん、知っとられますか。昔は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)っちゅうのを使っておりましてのう、つまり旧暦(きゅうれき)ですかのう。明治五年十…

この昔話を聴く

茶・栗・柿(ちゃ・くり・かき)

茶・栗・柿(ちゃ・くり・かき)

むかし、あるところにおっ母(か)さんと息子があった。息子は少々頭(おつむ)が弱かったと。おっ母さんは、息子のことを心配して、「いつまでも遊ばせておい…

この昔話を聴く

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

むかし、ある山里(やまざと)に娘とおっ母(か)さんとが暮らしておったと。山の畑には真ん中に大っきな石がデンと座っていて、じゃまになって困っていたと。

この昔話を聴く

伊予屋の娘(いよやのむすめ)

伊予屋の娘(いよやのむすめ)

むかし、伊予(いよ)の国(くに)、今の愛媛県宇和島(えひめけんうわじま)のお城下に伊予屋(いよや)という大きな酒屋があって、旦那は大層な分限者(ぶげ…

この昔話を聴く

侍狸(さむらいだぬき)

侍狸(さむらいだぬき)

昔、愛媛の西宇和郡三崎町(にしうわぐんみさきちょう)というところに藤吉(とうきち)という猟師(りょうし)がおったげな。ある日、山へ行きよると、狸の穴…

この昔話を聴く

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

むかし、今の道後温泉(どうごおんせん)のそばに、湯月城(ゆづきじょう)というお城があって、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)という殿さんがお…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動
「民話の部屋」の感想

いつもたくさんの美味しいパンと素敵な民話をありがとうございます。 「子育て幽霊」のお話は子供の頃に聞いた覚えがありました。子供心に優しい幽霊の話だなぁと思っていましたが、自分が親となってから聴くと、死してなお、一切我が身を顧みる事なく子を思う母の偉大な愛に胸を打たれ、息子の隣で泣いてしまいました。 これからも素敵な民話をたくさん聞かせて下さい。( 30代 / 男性 )

感動
しのぶ地蔵」の感想

涙が止まらない( 60代 / 女性 )

驚き
狐の嫁入り」の感想

小さい頃にお母さんに、晴れているのに小雨が降ることを狐の嫁入りっていうんだよと言われ、それからずっとそんな天気になると、狐の嫁入りや!と言ってきたのですが、昔話があるとは知りませんでした。知れてよかったです!( 10代 / 女性 )

もっと表示する
感動
「民話の部屋」の感想

ブラウザで聴けることに感動しました。 こういったことが出来る企業を残すべきです。( 20代 / 男性 )

感動
縁切状」の感想

物騒なタイトルのお話だと思いながら聞いていましたが、予想外の結末にほっこり心あたたまりました。( 20代 / 女性 )

感動
二月の部屋」の感想

2月の部屋や3月の部屋あるなら123456789101112月の部屋もあるのかな( 10歳未満 / 女性 )

悲しい

方言がきつすぎる。文章を読んでいても話が頭に入ってこない。 この「民話の部屋」は、一部の民話マニア向けのものではないでしょう。 あまり独りよがりにならずに、もっと分かりやすい文章を書いていただきたい。せっかくの面白い話が台無しです。( 50代 / 男性 )

感動

北海道の生まれですが、父から聞いた一番古い先祖の話が『明治になって山形から北海道に来た馬場五郎左衛門という侍だ』でした。 私も体は小さいです。怪力はありません。( 50代 / 男性 )

楽しい
「民話の部屋」の感想

こどもと寝る前に、二話ほど聞いて寝ています。 いろいろなジャンルのお話があり、とても楽しい時間を過ごしています。ありがとうございます。( 30代 / 女性 )

感動
お月お星」の感想

今はなき曾祖母から聞いた話です。何度も何度も聞いて覚えたのか、3歳ぐらいで耳コピして母に聞かせていだそうです。今でも、ピンカラカーン、ピンカラカーンと、祖母の声が聞こえてくるようです。どなたかが書いていましたが、わたしも鐘の音はピンカラカーンでした(๑ ˊ͈ ᐞ ˋ͈ )( 40代 / 女性 )