1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 愛媛県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

愛媛県の昔話(全10話)

かわうその恩返し(かわうそのおんがえし)

かわうその恩返し(かわうそのおんがえし)

むかし、あるところに貧しい男がおって、野良仕事をして暮らしておったと。あるとき、男は牛に草を食べさせようと、家から少し離れたところにつないでおいだと。

この昔話を聴く

銀杏狸(いちょうだぬき)

銀杏狸(いちょうだぬき)

四国の伊予市から宇和島へぬける郡中街道に、昔から目印になっている銀杏の木がある。その木には、銀杏狸ちゅう一族が住んでいて、枝に化けるのを専門にしておった。

この昔話を聴く

宝化物(たからばけもの)

宝化物(たからばけもの)

昔、あるところに、人の住まない荒(あ)れた屋敷(やしき)があったそうな。何でも昔は、分限者(ぶげんしゃ)が住んでいたそうだが、どうしたわけか、一家みな次々に死に絶(た)えてしもうて、そののちは、だあれも住む人もなく、屋敷と仏壇(ぶつだん)だけが荒れるがままの恐(おそ)ろしげになっておった。

この昔話を聴く

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

狸のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。

この昔話を聴く

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

あんたさん、知っとられますか。昔は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)っちゅうのを使っておりましてのう、つまり旧暦(きゅうれき)ですかのう。明治五年十…

この昔話を聴く

茶・栗・柿(ちゃ・くり・かき)

茶・栗・柿(ちゃ・くり・かき)

むかし、あるところにおっ母(か)さんと息子があった。息子は少々頭(おつむ)が弱かったと。おっ母さんは、息子のことを心配して、「いつまでも遊ばせておい…

この昔話を聴く

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

むかし、ある山里(やまざと)に娘とおっ母(か)さんとが暮らしておったと。山の畑には真ん中に大っきな石がデンと座っていて、じゃまになって困っていたと。

この昔話を聴く

伊予屋の娘(いよやのむすめ)

伊予屋の娘(いよやのむすめ)

むかし、伊予(いよ)の国(くに)、今の愛媛県宇和島(えひめけんうわじま)のお城下に伊予屋(いよや)という大きな酒屋があって、旦那は大層な分限者(ぶげ…

この昔話を聴く

侍狸(さむらいだぬき)

侍狸(さむらいだぬき)

昔、愛媛の西宇和郡三崎町(にしうわぐんみさきちょう)というところに藤吉(とうきち)という猟師(りょうし)がおったげな。ある日、山へ行きよると、狸の穴…

この昔話を聴く

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

奥方に化けた狐(おくがたにばけたきつね)

むかし、今の道後温泉(どうごおんせん)のそばに、湯月城(ゆづきじょう)というお城があって、河野伊予守道直(こうのいよのかみみちなお)という殿さんがお…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

楽しい
「民話の部屋」の感想

初めて聴いたのは、もう30年以上も前だったと思います。その頃は電話で聴いていました。 買ったパンの袋に小さく電話番号が書いてあって。そして今も続いていることに驚きと感動です! Facebookでも多くの方に知ってもらいたく投稿しました。 今後も楽しみにしています!( 60代 / 女性 )

怖い

『赤マントやろかー」がほんとにあったらマジでやばい。

もっと表示する
悲しい
雪ん子」の感想

悲しい…。読んでて雪ん子ちゃんの儚さがつたわってきた。また同じパパとママのところへ戻ってきてほしいです。( 20代 / 女性 )

悲しい
五平の鉄砲」の感想

猫……( 30代 / 男性 )

驚き
「民話の部屋」の感想

面白い( 10歳未満 / 女性 )

驚き
蛇きのこ」の感想

エロティシズムを感じる 夢野久作の小説に出てきそう( 20代 / 女性 )

驚き
鶯女房」の感想

部屋が外なんて驚き

感動
七夕女房」の感想

いいお話!( 10歳未満 / 男性 )

驚き
偽の汽車」の感想

ふつにそんなに寝ぼけないとおもう( 10代 / 男性 )