※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

さむらいだぬき
『侍狸』

― 愛媛県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、愛媛の西宇和郡三崎町(にしうわぐんみさきちょう)というところに藤吉(とうきち)という猟師(りょうし)がおったげな。
 ある日、山へ行きよると、狸の穴があった。
 藤吉はうれしゅうなって、
 「ようし、今日は狸をとっちゃろ。一匹とれば一日まんまが食べられる。二匹とれば二日まんまが食べられる。五匹で五日、ほっほう」
と、とらぬ狸の皮算用(かわざんよう)したと。
 そこでさっそく、木(こ)の葉をくすべながら、穴を掘りよった。
 ところが、なんぼ掘っても何も出て来ん。
 「はあて、狸はおらんのかな」
と思っていると、ふいに穴の中から立派な侍(さむらい)が出て来て、 

 「藤吉、ごめん、とおるぞ」
と言うたもんだから、藤吉はたまげて、
 「へへぇ-っ」
と、頭を下げた。
 ほして、頭を上げようとすると、また侍が出て来て、
 「藤吉、ごめん」
 「へへぇ-っ」
 頭を上げるとまた一人、また一人、藤吉はへへぇっ、へへぇっと頭を下げては上げ、上げては下げ、七人の侍におじぎをしたそうな。

挿絵:かわさき えり

 そのたんびに、いぶしている煙の中へ顔を突っ込んだもんで、ゴホン、ゴホンむせて、
 「ああ、苦し」
と、涙流して、胸をたたいて、「はてな」と思うた。
 「何で、こないなところからお侍さんが出て来よる」
 どう考えてもおかしい。そこで、あわててのびあがって向こうを見ると、七匹の狸が、頭にシダの葉っぱを乗せて、逃げて行くところやった。
 「ありゃ、七日分のまんまに逃げられた」
 藤吉はそう言うて泣いたとや。
 何とあほうな猟師と、りこうな狸がおったもんぜなあし。

 むかしこっぷり。 

 
挿絵:かわさき えり

 
 

愛媛県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛙嫁(かえるよめ)

蛙嫁(かえるよめ)

 むかし、あったわけだ。  夫と嬶と二人仲好く暮らしてあったとな。楽な暮らしであったども、嬶病気になって死んだしまったと。  それからていうもの、二人して稼ぐ人を見れば、羨やましくて、羨やましくて、嬶欲しとてさがしてみるども、なかなか見つからねわけだ。

この昔話を聴く

人のいいお湯屋(ひとのいいおゆや)

人のいいお湯屋(ひとのいいおゆや)

むかし、むかし、卵と皿と笊(ざる)と炭と味噌と徳利(とっくり)がいたと。ある日、そろってお湯屋に行った。久し振りにお湯に入った。卵と皿と笊と炭と味噌…

この昔話を聴く

爺か神か(じいかかみか)

爺か神か(じいかかみか)

昔、あるところにお爺さんとお婆さんがおったそうな。あるとき、お爺さんが山へ木ィ挽(ひ)きに行ったと。朝まから木をゴリゴリ、ゴリゴリ挽きおったら、のど…

この昔話を聴く

現在719話掲載中!