※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

おしょうがつさまがやってこん
『お正月様がやって来ん』

― 愛媛県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 あんたさん、知っとられますか。
 昔は太陰太陽暦(たいいんたいようれき)っちゅうのを使っておりましてのう、つまり旧暦(きゅうれき)ですかのう。
 明治五年十二月三日が、新暦(しんれき)の明治六年一月一日になったのですらい。
 それまでの正月が、一ヶ月早よう来るようになったわけですらい。
 ところが、この新暦の正月になじまないお人が仰山(ぎょうさん)おりましてのう、しばらくは、旧暦と新暦とどっちにあわせてもよかったのですらい。 

 それが明治四十三年に旧暦は完全に廃止(はいし)されましてからいうもの、みいんな、この月に正月迎えをするようになったのですらい。
 ですから、普通の家では、もう正月の門がとれた頃ですわなあ。ですが、我家(わがや)では、まんだ正月祝いをしとらんのですらい。
 その訳を語りましょうかのう。

 とんと昔、あったいいますらい。
 わたしらがなあ、まだこんまい子供の時に、お父さんとお母さんが、
 「早いもんよのう、明日は新正月じゃていうが」
と、こう言うて話よりますのでなあ、
 「わたしの家ら、なぜ新正月せんが」
 いうたら、
 「家でものう、昔はいっぺん新正月したことがあるがじゃがのう。ちゃんとお飾りもお供えもして待ちよったけんど、どがいしたってお正月様来なはらんじゃけん」
 って、お父さんが言いますけん。 

 ほれから、隣(となり)へ行って、
 「おいおい、お正月様来なはったか」
 いうたら、
 「家も来なはらなや」
 「さあ、新にするがは初めてじゃけんのう。お正月様、道に迷いなはったのかもしれんけん、そこらまで行ってみるか」
 隣のおじさんと二人で出かけよったところが、ちょうど、私の家の前をおりるというと、小さな溝ごがありますが、その、どうも溝ごで、「うんうん」唸(うな)りよるもんがあるよな思て覗(のぞ)いてみたら、お正月様がこけこんどりなはった、いいますらい。
 ほいで、
 「ありゃ、こりゃ大事(おおごと)じゃ。お正月様、溝ごへこけこんどりなはるが」
 「ほりゃ大事じゃ」
 「どがいでござんすりゃ、お正月様。お医者さん迎えましょうか」
 「がいな怪我(けが)ではござんせんか」 

 挿絵:かわさき えり
 
 いうたら、お正月様は、
 「お医者さんはいらん」
 いうて、いいなはる。 

 「そうでござんすか、そしたら、お薬でも持って参りましょうか」
 「薬もいらん」
 「ああ、お医者さんも薬もいりませんか。そしたら、もう準備がちゃんと出来とりますけん、早よう来てやんなはいや」
というたところが、お正月様、
 「医者もいらん。薬もいらん。わしゃ、やっぱり灸(旧)がええ」
 っていいなはった途端(とたん)に、居(お)りなはらんようになったがで。
 「こりゃ、もう、山の中では新には出来(でけ)んぞ。やっぱり旧がええいいなはるけん、旧にせにゃいけんわい」
 いうて、それからは、我家の正月はずっと旧にしたのじゃいいますらい。
 うちの正月は、こんな訳で、みんなの家より一ヶ月遅うに迎えるんですらい。

 そうじゃったと。 

「お正月様がやって来ん」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

お正月様がやって来ん(おしょうがつさまがやってこん)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

尻っ尾の釣り(しっぽのつり)

尻っ尾の釣り(しっぽのつり)

昔々あったと。あるとき、兎(うさぎ)が川の縁(へり)へ出てみたら、一匹の川獺(かわうそ)が川の中から魚を捕(と)って来て、うまそうに食うておった。そ…

この昔話を聴く

蛇きのこ(へびきのこ)

蛇きのこ(へびきのこ)

 むかし、青森県の八甲田山(はっこうださん)の麓(ふもと)にひとりの男が住んであった。  男が山裾(すそ)の道を歩いていたときのこと。

この昔話を聴く

尼裁判(あまさいばん)

尼裁判(あまさいばん)

むかし、あるところに親孝行の息子が年老いた父親と暮らしておったそうな。働き者の息子だったから、村の人がいい嫁を世話してくれたと。息子と嫁は、「お父っ…

この昔話を聴く

現在797話掲載中!