※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きつねのたま
『狐の玉』

― 福井県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある寺に、かしこい小僧がおってな、山の狐穴(きつねあな)から、"狐の玉"を拾(ひろ)ってきたそうな。
 その玉が無いと、狐は人をだませんのだと。
 小僧は、自分のつづらにこの玉を入れ、大事にかくしておった。
 ある日、小僧が和尚(おしょう)さんの用事で出かけて行ったら、その間にお婆さんが訪ねてきて、
 「わしは小僧の親や。小僧が、汚(よご)れものがあるので洗濯(せんたく)してくれ、言うて、出かけに寄(よ)ったんで、あの子のつづらを見せておくれ」
と、言うんだと。 

 挿絵:かわさき えり
 和尚さんがつづらを出したら、お婆さんは玉を見つけ、洗濯物の中へちょいとかくして持って行ってしまった。
 やがて小僧が戻ってきたら、和尚さんが、
 「おっ母さんが、お前の洗濯物を持って帰ったで」
と、言う。
 「そりゃ大変ゃ。そんなもん頼(たの)んだ覚(おぼ)えない。狐や」
 あわててつづらを見たら、狐の玉が無いんだと。 

 「玉が無いのに化けてくるとは。狐のやつめ、狸に頼んで化けの皮でも貸してもろたんかしらん。いや、わしも頭を使わんならん」
 しばらく考えてから小僧は、稲荷大明神(いなりだいみょうじん)のところへ行って、神主(かんぬし)さんが祝詞(のりと)をあげる時(とき)に着る装束(しょうぞく)を借り、身につけて、山の狐穴のところへ行くんだと。
 「こら、穴の狐。おるか」
 「へぇ-」
 狐は稲荷さんが大将(たいしょう)だから、はいつくばるのも当り前のコンコンチキ。
 「わしは稲荷じゃが、お前は大事な玉を寺の小僧にとられたそうじゃな。本当か」
 「いやあ、そんなもん、とられやしません」
 「いや、とられたそうな。ふとどきなやつじゃ」
 「いやあ、とられやしません」
 「そんなら、その玉を見せてみい」
 「へへぇ」
 狐は、穴の奥から玉を出してきたそうな。 

 「あっ、これや」
 稲荷さんに化けた小僧は、ぱっと玉を盗って、山をどんどんかけ下りて行ってしまったそうな。

 そろけんどっぽ、はいだわら。

挿絵:かわさき えり
 
 

「狐の玉」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

狐の玉(きつねのたま)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

飛騨の工匠(ひだのたくみ)

飛騨の工匠(ひだのたくみ)

むかし、備中(びっちゅう)の国、今の岡山県の殿様が、立派なお宮を造ろうと思うて、国中の大工を集めたことがあった。たくさんの大工が集まって来たが、国一…

この昔話を聴く

青の洞門(あおのどうもん)

青の洞門(あおのどうもん)

豊後(ぶんご)の国(くに)、今の大分県下毛郡本耶馬溪町(おおいたけんしもげぐんほんやばけいまち)にある青(あお)の洞門(どうもん)ね、これにまつわる…

この昔話を聴く

十六人谷(じゅうろくにんだに)

十六人谷(じゅうろくにんだに)

むかし、越中、今の富山県の山奥の谷で、十六人のきこりと一人の飯たきの爺さまが仕事をしていた。毎日、毎日、斧をふるう音がコーン、コーンと谷じゅうに木魂した。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!