※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

さるのちゅうさい
『猿の仲裁』

― 福岡県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに太郎狐(たろうぎつね)と治郎狐(じろうぎつね)の兄弟狐(きょうだいぎつね)があったと。
 ある日のこと、二匹が連(つ)れだって山道を歩いていたら、道端(みちばた)に握り飯が二個、竹の皮に包(つつ)まれて落ちていた。いい匂(にお)いだと。
 包みをほどいたら、握り飯は、一個が大きくて、もう一個は小さかった。
 太郎狐は治郎狐に、
 「俺はからだが大っきいから、握り飯も大きい方をもらう。お前はからだが小(こん)まいから、握り飯も小まいのにせい」
と言うた。 

猿の仲裁挿絵:かわさき えり
 そしたら、治郎狐が、
 「そうじゃないぞ。兄ちゃんはもう大きくなったんだから、小まい握り飯でいいんだ。おれは、まだまだ大きくならにゃならんから大きい握り飯を食う」
と言うた。

 二匹とも、大きい握り飯をおさえて、言い争いだと。
 「俺のだ」「いや、俺のだ」
と、言いあっていたら、そこへ猿が通りかかった。
 「何を喧嘩(けんか)しておるか」
 「猿どん、いいところへ来てくれた。何ね、この握り飯、どれをどっちがとるかでね。こいつ、小まいくせに大きいのを欲しがって、聞きわけないったらありゃしない。ちょっと悟(さと)してやっておくれな」
 「ちがうもん、兄ちゃんの方こそ大人気(おとなげ)ないんだい」

 「まぁまぁ、まて、まて、事情(じじょう)はわかった。どうしたらいいか考えてやろう。うーん。それにしてもだ、実にたあいのないことで争っているなお前たちは。
 おっ、そうじゃ。こうしよう。この二つの握り飯が、一つは大き過ぎ、ひとつは小さ過ぎるのがいかんわけだから、そうだろ」
 「まぁ、そう……かな」「う……うん」
 「と、言うことは、二つが同じぐらいの大きさにすればいいわけだ。そうだな」
 「まぁ、そう……かな」「う……うん」
 「そんなら、こっちをこうして」
 猿は、大きい方の握り飯を一口食べ、もう一口食べた。
 「ありゃ、こんどは、こっちが少っと(ちいっと)大きいかな」

 小さい方の握り飯を一口食べ、
 「あ、やっぱり、こっちの方が大きい」
と言うて、また戻って一口食べた。
 太郎狐と治郎狐が、あわてて、
 「あ、いや、もし」「あ、あ、あー」
と言うているうちに、猿は両手に持った握り飯を、かわるがわるに食べて、食べて、食べて、とうとうみんな食べてしまった。
 「ありゃ、すまん。でもまあなんだ、これで喧嘩の種ものうなった。」
 「まぁ、そう……かな」「う……うん」
 太郎狐と治郎狐は、下向いて帰ったと。

 それぎんのとん。

猿の仲裁挿絵:かわさき えり

福岡県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

とくぞすの使い(とくぞすのつかい)

とくぞすの使い(とくぞすのつかい)

むかし、むかし、日向の国、今の宮崎県日南市飫肥の報恩寺というお寺に、“とくぞす”という知恵者の小僧どんがおったっと。  ある日のこと、寺の和尚さんから、  「よい、とくぞす、お前すまんが、清武の庄屋どんかたまで使いに行ってくれ」 と、頼まれた。

この昔話を聴く

三太のかかの出べそ(さんたのかかのでべそ)

三太のかかの出べそ(さんたのかかのでべそ)

あるところに、三太いう気のいい男がおった。三太のかかは出べそだったんだが、三太のほかには、だぁれもしらん秘密だったと。ある夜のこと、三太のかかが風呂さ入っているとこを、キツネがこっそりのぞいて見てしまったんだと。

この昔話を聴く

蜂の援助(はちのえんじょ)

蜂の援助(はちのえんじょ)

むかし、ある秋のいい日和(ひより)のこと、貧しいひとりの若者が、小銭を持って塩を買いに出かけたと。すると、その途中(とちゅう)で、子供たちが蜂(はち…

この昔話を聴く

現在715話掲載中!