※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

きつねのよめいりとじんちゃ
『狐の嫁入りと爺ンちゃ』

― 福島県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、福島県の浜通(はまどう)りにある村に、ひとりの爺(じ)ンちゃが住んであった。
 お正月も近くなったある日、町へ買い物へ出かけたと。
 その戻り道(みち)でのこと。
 爺ンちゃは買いこんだいろんなものを背中に背負(しょ)い、片手に荒巻(あらまき)き鮭(じゃけ)をぶらさげ、もう片手に提灯(ちょうちん)を持って、ざとうころばしに差しかかった。左手は夏井川(なついがわ)で、右手は山の寂(さび)しいところになっており、昔、ざとうがよく転んだために、そう呼ばれるようになった所だ。
 

 挿絵:かわさき えり
 あたりはもう真っ暗、足元(あしもと)を照らす提灯のあかりをたよりに、ここからは、そろりそろり行かにゃぁ、と気を引き締(し)めたとき、うしろの方で何やら大勢(おおぜい)の人が来る気配(けはい)がした。
 降り返えると、二丁ほど離(はな)れたところをたくさんの提灯が登ってくる。
 どうやら嫁入(よめい)り行列のようだ。
 

 「こんな時間に珍(めずら)しい。そうじゃ、あの人たちと一緒に行けば淋(さび)しいざとうころばしも賑(にぎ)やかに越すことが出来るわい。さて、一服つけて待つか」
というて、道の脇(わき)の土手(どて)に腰を下(お)ろし、塩鮭(しおじゃけ)を片わらに置いて、きせるの煙草(たばこ)を吸いはじめたと。
 「うーん、なかなか美しい行列なもんだ。つのかくしをしているから、あれがお嫁さんかな。タンス、長持ちもある。豪勢(ごうせい)なもんだ」
と、行列をながめながら待っていたが、そのうち妙(みょう)なことに気がついた。いくら待ってもその提灯行列が、なかなかこっちに近づいてこんのだ。いつまで経っても、向こう二丁ぐらいのところを歩いている。道は一本しかないのに、これは奇妙だ。
 

 「さては、あの行列は狐(きつね)の嫁入りかな。うかうかしていると、正月仕度(じたく)をとられてしまうわい」
と急いで立ち上がった。もいちど振り返ったら、提灯行列の灯(ひ)がすっかり消えて、真っ暗闇(くらやみ)になっておった。
 「やっぱり狐の嫁入りであったか。早く気がついてよかったわい」
というて、ほっとして歩き出したと。
 しばらく行くと、行く手に提灯の明かりが見えた。夜目(よめ)をすかして見ると、娘がひとり立ち止まって、爺ンちゃを待っているふうだ。
 

 近づくと、娘は、
 「どうも寂しくて困っていました。爺ンちゃ、どうか送って下さい」
という。
 爺ンちゃは、淋しいざとうころばしを娘と行けるので心楽しく思い、二人連れだって行ったと。
 ざとうころばしも無事に過ぎ、ほっとして、後ろからついてくる娘に、
 「いま、狐の嫁入りを見た。いやぁきれいな行列じゃった」
と話しかけていると、行き手に、見なれない橋があった。
 「はて、こんなところに橋があったかな」
といぶかりながら、その橋を渡ろうとして一歩踏(ふ)み出した。
 そのとたん、橋は消え、爺ンちゃは、あっという間に川にはまってしまった。
 荒巻き鮭と、若い娘は、どこかに消えてしまったと。

 ざっとはらった。
 

 挿絵:かわさき えり

福島県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ)

鶴とばくちこぎ(つるとばくちこぎ)

むかし、あるところにバクチ打ちいたと。毎日、毎日バクチ打ってなんもかも無くなってしまったと。しまいに自分の嬶(かか)を売りに行ったと。して、「何時何…

この昔話を聴く

猿正宗(さるまさむね)

猿正宗(さるまさむね)

昔、九州(きゅうしゅう)のある大名家(だいみょうけ)の飛脚(ひきゃく)が二人、江戸屋敷(えどやしき)への大切な手紙を持って東海道(とうかいどう)を旅していたと。

この昔話を聴く

刀鍛冶秘法(かたなかじひほう)

刀鍛冶秘法(かたなかじひほう)

とんとむかし、ある刀鍛冶のところへ、兼光(かねみつ)という若い男が弟子(でし)いりしたそうな。兼光はまじめに働(はたら)いて、師匠からも気にいられ、何年かすると師匠の向こう鎚(づち)を打つまでに上達したと。

この昔話を聴く

現在723話掲載中!