※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とりのせんそう
『鳥の戦争』

― 福島県 ―
再話 井出 善勝
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大昔(おおむかし)。
 あるときな、鳥たちが東と西に分かれて戦争(せんそう)をすることになったんだと。
 そこで、東の鳥たちは蝙蝠(こうもり)に加勢(かせい)を頼(たの)みに行ったんだと。
 「お前さん、わしらの仲間(なかま)に入って、西の鳥どもをやっつけてくんねぇか」
 そしたら蝙蝠は、
 「ああ、いいとも、いいとも。西の鳥どもをやっつけてやる」
と、約束したんだと。


 一方、西の鳥たちも蝙蝠に頼みに行った。
 「お前さん、わしらの仲間に入って、東の鳥どもをやっつけてくんねぇか」
 そしたら、また、蝙蝠は、
 「ああ、いいとも、いいとも。東の鳥どもをやっつけてやる」
と、こっちにも約束したんだと。

 さぁ、戦争が始まった。
 東の鳥も、西の鳥も、
 「やつらを、全部やっつけろぉ」
と、叫(さか)びながら、必死に戦(たたか)ったと。
 
鳥の戦争挿絵:かわさき えり


 ところが、蝙蝠は、東の鳥たちがの方がかちそうになると東方(ひがしがた)に加勢し、西の鳥たちの方が勝ちそうになると西方(にしがた)に加勢し、あっちについたり、こっちについたりしておったと。

 そうこうするうちに、東の鳥も、西の鳥もどんどん傷(きず)ついて、数がすくなくなっていったと。
 鳥たちは、せつなくなってしもうた。それで、
 「こんな戦争しとったら、仲間がいなくなってしまう。このへんで仲直りしようやないか」
と、話がまとまったそうな。
 それからというもの、鳥たちは仲よく暮(く)らすようになった。


 しかし、どうにも我慢(がまん)出来ないのは蝙蝠のやつだ。
 「あいつは、東についたり、西についたり、あっちつき、こっちつき、ふてえやつだ」
と、いうて、蝙蝠を見かけると鳥たちはみんなで追いかけまわすようになった。
 それで、蝙蝠ちゅうのは昼間穴倉(あなぐら)に隠(かく)れていて、鳥たちが塒(ねぐら)に帰る夕方だけ穴倉から出て、エサを探すようになったんだと。
 ざっと さけぇ申した。
 

「鳥の戦争」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

鳥の戦争(とりのせんそう)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

行かずの雪隠(いかずのせっちん)

行かずの雪隠(いかずのせっちん)

昔ね、あるお寺の雪隠(せっちん)に狸(たぬき)が棲(す)みついて、雪隠に入るたびにいたずらすんで、和尚(おしょう)さんは「行かずの雪隠」と名づけて、…

この昔話を聴く

鶴の嫁さま(つるのよめさま)

鶴の嫁さま(つるのよめさま)

 むかし、ある若者が山道を歩いていると、一羽の鶴(つる)が、わなに足をはさまれて、もがいていた。若者は、  「命あるものをいじめちゃならん」 と、わなをはずしてあげた。鶴は、ハタハタと舞(ま)いあがり、若者の頭の上をなんどもまわって、それから、どこかへ飛び去っていった。

この昔話を聴く

子供と猫絵(こどもとねこえ)

子供と猫絵(こどもとねこえ)

 むかし、むかし、あるところに絵を画くことが大好きな子供がおった。  とりわけ猫が好きで、いつも猫の絵ばかり画いていたと。  あるとき、  「おら、絵を画きながら諸国を旅して歩きたい」 といって、絵道具を担いで旅に出たと。

この昔話を聴く

現在829話掲載中!