※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とりのせんそう
『鳥の戦争』

― 福島県 ―
再話 井出 善勝
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大昔(おおむかし)。
 あるときな、鳥たちが東と西に分かれて戦争(せんそう)をすることになったんだと。
 そこで、東の鳥たちは蝙蝠(こうもり)に加勢(かせい)を頼(たの)みに行ったんだと。
 「お前さん、わしらの仲間(なかま)に入って、西の鳥どもをやっつけてくんねぇか」
 そしたら蝙蝠は、
 「ああ、いいとも、いいとも。西の鳥どもをやっつけてやる」
と、約束したんだと。


 一方、西の鳥たちも蝙蝠に頼みに行った。
 「お前さん、わしらの仲間に入って、東の鳥どもをやっつけてくんねぇか」
 そしたら、また、蝙蝠は、
 「ああ、いいとも、いいとも。東の鳥どもをやっつけてやる」
と、こっちにも約束したんだと。

 さぁ、戦争が始まった。
 東の鳥も、西の鳥も、
 「やつらを、全部やっつけろぉ」
と、叫(さか)びながら、必死に戦(たたか)ったと。
 
鳥の戦争挿絵:かわさき えり


 ところが、蝙蝠は、東の鳥たちがの方がかちそうになると東方(ひがしがた)に加勢し、西の鳥たちの方が勝ちそうになると西方(にしがた)に加勢し、あっちについたり、こっちについたりしておったと。

 そうこうするうちに、東の鳥も、西の鳥もどんどん傷(きず)ついて、数がすくなくなっていったと。
 鳥たちは、せつなくなってしもうた。それで、
 「こんな戦争しとったら、仲間がいなくなってしまう。このへんで仲直りしようやないか」
と、話がまとまったそうな。
 それからというもの、鳥たちは仲よく暮(く)らすようになった。


 しかし、どうにも我慢(がまん)出来ないのは蝙蝠のやつだ。
 「あいつは、東についたり、西についたり、あっちつき、こっちつき、ふてえやつだ」
と、いうて、蝙蝠を見かけると鳥たちはみんなで追いかけまわすようになった。
 それで、蝙蝠ちゅうのは昼間穴倉(あなぐら)に隠(かく)れていて、鳥たちが塒(ねぐら)に帰る夕方だけ穴倉から出て、エサを探すようになったんだと。
 ざっと さけぇ申した。
 

 
 
鳥の戦争挿絵:かわさき えり

福島県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

蛸配り帳(たこくばりちょう)

蛸配り帳(たこくばりちょう)

むかし、新潟県の佐渡島では、ときどきとてもつもなく大っきな蛸が浜辺にあがってきては、馬にからみついたりして、悪さをしたそうな。あるとき、大佐渡の男が馬をひいて相川という賑やかな町まで買い物に出たと。

この昔話を聴く

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか)

猿の尻は真赤っか(さるのしりはまっかっか)

むかし、むかし、あるところに爺さんと婆さんとが暮らしてあった。爺さんは毎日山の畑のウネ打ちに行っておったと。ある日のこと、爺さんが畑のウネを打っていたら、畑の縁(へり)にあった石に猿(さる)が腰掛(こしか)けて、爺さんの悪口言うたと。

この昔話を聴く

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

昔、あったと。あるところに金持ちの欲深(よくぶか)爺(じじ)と婆(ばば)がいたと。ある晩げのこと、旅の六部(ろくぶ)がやって来て

この昔話を聴く

現在714話掲載中!