※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

つるのよめさま
『鶴の嫁さま』

― 福島県 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、ある若者が山道を歩いていると、一羽の鶴(つる)が、わなに足をはさまれて、もがいていた。若者は、
 「命あるものをいじめちゃならん」
と、わなをはずしてあげた。鶴は、ハタハタと舞(ま)いあがり、若者の頭の上をなんどもまわって、それから、どこかへ飛び去っていった。

 しばらくたったある雪の夜、若者の家の戸をトントンとたたく者がいる。
 「こんな雪の夜に、だれだんべ」
と、若者が戸をあけてみたら、そこには色の白い、美しい娘(むすめ)が立っていた。


鶴の嫁さま挿絵:かわさき えり
 
 「旅の者ですが、雪で道に迷(まよ)いました。どうか一晩(ばん)とめてくだされ」
 「それは、なんぎなことだ。こんなボロ家でよかったらとまってくろ」
 若者はこころよく娘を家の中に入れた。

 
次の日になると、娘は朝早くからせっせと働きだした。そして、次の晩も次の次の晩もとまって、とうとう娘は、若者の嫁(よめ)さまになった。

 あるとき、この嫁さまは、
 「わたしが機(はた)を織(お)るから、織った布を町へ行って売って下され。そうすれば暮(く)らしはずっと楽になります。けれど、出来上がるまでの三日間は、機を織っている姿を見てはなりません」
というて、機織り部屋へ入り、トンカラリ、トンカラリと機を織りはじめた。そうして、三日目に出来上がった布を、若者が町へ持って行くと、たいそうな値段(ねだん)で売れた。

 
商人から、次の布のお金までもらった若者は、ほくほくして家に帰ると、
 「もう一度布を織ってくろ」
 「あのような布は、何度も織れません」
 「金をもらってきたのだから、なんでかんで織ってくれねばこまる」
と、若者は嫁さまをせめたてた。しかたなく、嫁さまは、
 「そんなに言うなら、もう一度織りましょう。けれど、今度は七日かかります。その間、機を織っている姿(すがた)を決して見てはなりません」
というと、また、部屋の中へ入って、トンカラリ、トンカラリを機を織りはじめた。


 若者は、見てはならんといわれたものの、あんな高い布をどうやって織るのか見たくてたまらん。とうとう七日目になった。もう出来上がるころだから、少しくらいよかろうと思い、若者は、戸のすきまからそっとのぞいてみた。

 するとやせ細った鶴が、自分の羽を一本ぬいては織り、一本ぬいては織りして、機を織っていた。若者がたまげていると、戸があいて、中から嫁さまが布を手に持って、かなしげな顔をして出てきた。

 「見てはいけないといったのに、とうとう私の姿を見てしまいましたね。実は、私は山道でわなにかかっているところを助けられた鶴です。あの時の恩(おん)返しのためにやってきたのですが、本当の姿を見られたからには、わたしはもうここにはいられません。どうぞたっしゃで暮らしてくだされ」
とか細い声でいうた。

 
鶴の嫁さま挿絵:かわさき えり
 
嫁さまは、鶴の姿になって、フワッと舞い上がると、空の遠くへゆっくりゆっくり飛んでいってしまったんだと。
 
 ざっとむかしさけえた。

「鶴の嫁さま」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

鶴の嫁さま(つるのよめさま)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

二人の無精者(ふたりのぶしょうもの)

二人の無精者(ふたりのぶしょうもの)

昔、あるところに無精者(ぶしょうもの)の男があったと。あるとき、男は用たしに町へ出かけたと。家を出しなに、女房(にょうぼう)は握(にぎ)り飯(めし)をこしらえて、無精な亭主(ていしゅ)の首にくくりつけてやったと。

この昔話を聴く

せなかの赤いかに(せなかのあかいかに)

せなかの赤いかに(せなかのあかいかに)

むかし、相模(さがみ)の国久根崎村、今の神奈川県川崎市に立派な寺があったと。山門を入ると右側に池があり、その向こうにどっしりしたかねつき堂があった。

この昔話を聴く

蟻と蜂の旅(ありとはちのたび)

蟻と蜂の旅(ありとはちのたび)

むかし、むかし、あるところに蟻(あり)と蜂(はち)があったと。あるとき道端(みちばた)のタンポポの花のてっぺんで蟻と蜂が出逢った。

この昔話を聴く

現在853話掲載中!