1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 岐阜県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

岐阜県の昔話(全12話)

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

キツネの嫁ご(きつねのよめご)

むかし、あるところに一人の若者がおったと。若者は畑仕事のあいまに駄賃(だちん)働きするほどの働き者だったと。ある日、若者が駄賃働きで隣(となり)村へ…

この昔話を聴く

亀の恩返し(かめのおんがえし)

亀の恩返し(かめのおんがえし)

昔、ある家の亭主(ていしゅ)が、 「頭が痛(いた)い、頭が痛い」 といって寝(ね)ていると、近所の人が来て、 「亀の生血(いきち)を飲んだら治るだろう」 と、教えてくれた。 そこで、家の者が八方手配りして、海亀(うみがめ)を一匹捕(と)って来たそうな。

この昔話を聴く

菖蒲湯の由来(しょうぶゆのゆらい)

菖蒲湯の由来(しょうぶゆのゆらい)

昔々、小さなお城があったと。そのお城に、それはそれは美しいお姫様があったと。夜更になると、毎晩、立派な若侍が遊びに来たと。お姫様のおつきの者は、どうも怪しいと、はかまの裾に針を刺しておいたと。すると若侍は、その針が刺さって血をたらしながら帰って行った。

この昔話を聴く

和尚さんと狐(おしょうさんときつね)

和尚さんと狐(おしょうさんときつね)

むかし、あるところに和尚さんと小僧さんがおったと。ある秋の日、和尚さんと小僧さんが檀家の法事をすませてお寺へ帰る道を歩いていたと。空は晴れとるし、草花は咲いとるし、道端の石に腰かけて、和尚さん一服した。

この昔話を聴く

小刀寿命(こがたなじゅみょう)

小刀寿命(こがたなじゅみょう)

昔々なも。あるところにひとりの六部(ろくぶ)さんあって、方々(ほうぼう)旅をして回っていたそうだわな。あるとき、淋(さび)しい田舎(いなか)の道へきてなも・・・

この昔話を聴く

猿の嫁(さるのよめ)

猿の嫁(さるのよめ)

むかしあったと。あるところに、爺(じ)さまと三人の娘がおった。爺さまは毎日毎日、山の畑を耕していた。あるとき、あんまりくたびれて、せつないから、「だ…

この昔話を聴く

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう)

雨蛙の親不孝(あまがえるのおやふこう)

むかし。あるところに雨蛙(あまがえる)の親子がおった。親蛙(おやがえる)は子蛙(こがえる)を大事に育てたが、子蛙はちっとも親蛙の言うことを聞かん。親…

この昔話を聴く

葉のない木と葉のある木(はのないきとはのあるき)

葉のない木と葉のある木(はのないきとはのあるき)

むかしあったと。ある日の暮れ方、雀(すずめ)と烏(からす)が林に行って、楢(なら)の木に一夜のお宿を頼んだと。そしたら楢の木は、「お前達みたいな者に…

この昔話を聴く

金塊と砥石(きんかいとといし)

金塊と砥石(きんかいとといし)

むかし、むかし。ある村に少しおめでたい息子がおったと。息子の家は、砥石(といし)を山から切り出して商(あきな)っていたと。息子は家の手伝いはおろか、…

この昔話を聴く

かしこ淵(かしこぶち)

かしこ淵(かしこぶち)

むかし、ある村に魚釣りの好きな男がいたと。ある春の日、男は、「水が温(ぬる)んできたから、魚どもも動き出す頃合(ころあ)いじゃろ」いうて、村はずれを…

この昔話を聴く

腰折れ雀(こしおれすずめ)

腰折れ雀(こしおれすずめ)

むかし、あるところに、とても優しいお婆さんがおったと。ある日のこと、お婆さんが庭に出てみると雀(すずめ)が一羽、飛び立つことが出来ないでバタバタしと…

この昔話を聴く

味噌買橋(みそかいばし)

味噌買橋(みそかいばし)

むかし、あったと。飛騨乗鞍(ひだのりくら)の奥山(おくやま)深く分け入った中に沢上(そうれ)という谷があって、長吉(ちょうきち)という正直な炭焼きが…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動
「民話の部屋」の感想

いつも素敵な民話ありがとうございます。HPで聞ける朗読も楽しく聴いています。 小さい時からお電話で聞いていたものが今でも聞けることに感謝です。 どのお話もきちんと簡潔にまとめられているし、挿絵もぴったりの可愛さです。 更新頻度も早く、これが無料で読めていいのか…と非常に感動しています。 もし本などにまとめられる事があればぜひ購入させていただきたいですし、私の調べ不足でもし出された事があるのであれば購入できるページなどを教えていただければ幸いです。 いつも素晴らしいお話、大変に感謝です。お体に気を付けて、頑張ってくださいませ。( 30代 / 女性 )

楽しい
蛇聟入」の感想

民話の授業で蛇婿を選んで調べていたのですが、細かいことは忘れていたので思い出せてよかったです。堕胎の話だけではなくて、色々な型があるのでそちらも確認したいと思います。 これは苧環型というのだと思いますが、水乞型とこの型に大別されます。 見目麗しい蛇さんと結ばれてハッピーエンドになるのも少ないですがありました。 頑張って調べられたのは蛇さんのけしきがいいというお陰でした。この場を借りてお礼を……誰に? これは現実でいうと、別の村の男との婚姻を禁止する話かなぁとも『遠野物語』とあわせて最近思ったのですが、どうなのでしょう。 綺麗なおねーさんが出てくる昔話は多いですが、おにーさんが出てくるお話は体感的に少ないので、探して読んでみたいと思います。 最近フェミニズム批評を知り、男性キャラの発言だけに注目するのではなく、女性の口をつかって男性の考えを言わせていることがあるのではないか? と思い出したので、そういう点から昔話を見直してみても面白いと思います。 (イヤなやつの設定の女性なんだから、こういったイヤな行為をするのは当たり前か。。と思っていたのですが、そもそも何でその女性をそんな設定にした? というところを疑ってみるのは価値があると思いました)。 蛇婿は何を伝える話なのでしょうか。新しく解釈ができるようになりたいと思います。( 20代 )

怖い

ちょっと怖い話しも、暑い夏には良いですね。( 50代 / 男性 )

もっと表示する
驚き
梟とカラス」の感想

いくら何でも何で、 カラスやフクロウ になる。 ( 10歳未満 / 女性 )

驚き
「民話の部屋」の感想

肝試しと言うものが「なぜ子供を連れて行くのかなぁー」と思いました。( 10歳未満 / 女性 )

楽しい
河童の恩返し」の感想

もうちょっと… ハラハラ  したかったなー。( 10歳未満 / 女性 )

楽しい
梟とカラス」の感想

ニートはいずれフクロウになってしまうのか…(´・ω・`)( 20代 / 男性 )