※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

こしおれすずめ
『腰折れ雀』

― 岐阜県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに、とても優しいお婆さんがおったと。
 ある日のこと、お婆さんが庭に出てみると雀(すずめ)が一羽、飛び立つことが出来ないでバタバタしとる。そおっと近づいて手にとってみると、雀の尾っぽ羽が折れとるんだと。
 「おお、おお、可哀そうに」
 お婆さんは、雀の尾っぽ羽に薬をぬり、小んまい添え木を当ててやったと。籠(かご)の中に入れて、水をやったり米を食わしたり、まめまめ世話したと。
 だんだん雀は元気になり、そのうち、すっかり治ったと。
 お婆さんは、ぽかぽかした日に雀を籠から出し 

 挿絵:かわさき えり
 「けがが治って良かったなぁ、さあ早よ、お父っつぁんとお母っつぁんのところへ飛んで行き」
 ちゅうて、放してやったと。
 雀は、ちょっとの間(ま)バタバタしとったが、すぐにどこかへ飛んで行ったと。 

 ひと月ほどたってから、お婆さんの家の庭にいつかの雀が来て、チュン、チュンとしきりに呼ぶそうな。
 「おお、また訪ねてくれたかいや」
と、お婆さんが庭に出ると、
 「この間は、大けがをしているところを助けて下さいましてありがとうございました。今日は、お礼に来ました」
 ちゅうて、お婆さんの前に、何か種のようなものを一粒ほろんと落としてくれたと。
 「あれまあ、それはそれは、ありがとう」
 お婆さんが庭に蒔(ま)いておいたら、それが芽を出して、すんすん伸びて、葉は茂るし、花も咲いて、たくさんの実がなった。見事なひょうたんだったと。取り切れんほどだったと。
 「こりゃ、すごい、近所にも分けちゃろ」
 ちゅうて、配った残りを、五つ六つ、倉の中にぶら下げておいたんだと。 

 秋になって、よく熟(う)れて皮が堅(かた)なってから下そうとしたら、そのひょうたんがズッシリ重いんだと。抱(かか)えきれんから縄(なわ)を切って落としたと。
 不思議に思って、ひょうたんのヘタを切って中を覗(のぞ)いて見ると、中には、真白い米がいっぱい入っておったと。

挿絵:かわさき えり
 

 「これもじゃぁ、これもじゃ」
 米は、食べても食べても尽きないのだと。
 お婆さんは、米を売って、毎日、花を作ったり、子供に話を聞かせたりして、一生安楽に暮らしたと。

 しゃみしゃっきり。 

「腰折れ雀」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

腰折れ雀(こしおれすずめ)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

昔々、因幡(いなば)の国に白い兎がいたそうな。毎日浜辺にやって来ては、「何とかして、海渡って向こう岸さ行ってみてえなあ。んだげんども俺(お)ら泳がん…

この昔話を聴く

牛方三十郎と山姥(うしかたさんじゅうろうとやまんば)

牛方三十郎と山姥(うしかたさんじゅうろうとやまんば)

むかし、糸魚川街道(いといがわかいどう)で荷物を運んでいた牛方に三十郎という者があった。ある日のこと、牛二頭を追って大網峠(おおあみとうげ)にさしか…

この昔話を聴く

金噴き明神(かねふきみょうじん)

金噴き明神(かねふきみょうじん)

なんの昔があったげな。あるところに長者の家があったげな。父親が死んでから、母親と二人の兄弟が暮らしとったが、兄は欲張りで、自分以外の者が御飯を食べる…

この昔話を聴く

現在854話掲載中!