※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

うさぎのめとみみとお
『兎の眼と耳と尾』

― 群馬県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの大昔。
 ある山に親兎(おやうさぎ)と子兎(こうさぎ)が住んであったと。 

 兎の眼と耳と尾挿絵:かわさき えり
 


 ある日、親兎が食べ物を見つけに行った。
 行くとき、子兎に、
 「寂しいだろうが、まだ道がよく分からないのだから、家(うち)から出てはいけませんよ」
と言いおいて出て行った。
 そのうちに、つまらなくなった子兎は、家(いえ)の外へ出て行った。
 歩いているうちに、きれいな花がいっぱい咲いている原っぱに出たと。
 いっぱいのきれいな花に、いっぱいのきれいな蝶々(ちょうちょう)がたわむれていて、子兎はすっかりうれしくなった。
 花の中で蝶々を追っかけていたら、蜜蜂(みつばち)がやってきて、ブンブンブンと子兎を誘ったと。

 子兎が蜜蜂を追いかけて、ピョンと跳びついたら、鼻の頭をチクンと刺された。
 あまりの痛さに腰くだけになった。
 ヨロヨロしたら、そこがちょうど穴の辺(へ)りで、石がくずれて、子兎も一緒に穴の中へ転がり落ちたと。

 長い尾っぽの上に、さらに石が落ちてきてはずれなくなったと。
 兎の眼と耳と尾挿絵:かわさき えり

 あたりは、だんだん暗くなってくるし、蝶々も居なくなるし、さみしくなって、泣いたと。
 親兎が家に帰ってみると子兎がいない。
 あわてて、あっち探し、こっち探しして、ようやく子兎の泣き声が聞こえたと。
 泣き声をたどっていったら、穴に落ち込んでいた。
 穴の辺りから両手をのばして、子兎の耳をつかんだと。耳を持って、ぐいぐい引き上げたら、耳はあんなに長くなった。
 親兎がくるまでにあまりに泣いたので、眼(め)はあのように赤くなった。
 力一杯子兎を引き上げたとき、尾に石が乗っていたので、尾はプツンと切れて、あのように短くなったそうな。
 
 いちがポンとさけた

「兎の眼と耳と尾」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

兎の眼と耳と尾(うさぎのめとみみとお)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

避けられない年取り(さけられないとしとり)

避けられない年取り(さけられないとしとり)

むがしあったずもな。あるどこに年取りだぐねえ男がいだんだど。ある年の、暮れも迫(せ)まったごろ、その男が、「年取りだぐねえ、年取りだぐねえ」って、村…

この昔話を聴く

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

子供の情は雨三日(こどものじょうはあめみっか)

子供の情は雨三日(こどものじょうはあめみっか)

むかし、あるところにお寺があったと。その寺に毎日欠かさずお参りに来る婆さんがおった。雨の日も晴れの日も熱心に拝んで行く。が、拝みおえると、必ずウ-ウ…

この昔話を聴く

現在853話掲載中!