※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『そこつ そうべえ』

― 広島県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし、あるところに、そうべえさんという、それはそれはそそっかしい男がおった。
 あるとき、そうべえさんは、一つ山を越えた町のお宮さんへおまいりに行こうと思いたった。そこでカカに、
 「明日の朝、町のお宮へ行くから、弁当を作って、枕元に置いておけ。」といいつけた。
 次の日、目をさましたそうべえさん、そばにある弁当を急いで風呂敷(ふろしき)につつんで家を出て行った。
 山道を歩いていると、ズル―、カタッ、ズル―、カタッと歩きにくい。よ―く足元を見ると、片方にぞうり、片方に下駄(げた)をはいている。これはしくじったと思うたが、しかたがない。そのまま、ズル―、カタッ、ズル―、カタッと町まで歩いて行った。

そこつ そうべえ挿絵:かわさき えり
 お宮さんについたそうべえさんは、財布(さいふ)から一文(もん)を出して、ポ―ンと賽銭箱(さいせんばこ)に放り込んだ。ところが、ガチャと妙な音がした。よく見ると、手には一文が残っている。間違えて財布を賽銭箱に放り込んでしまったわけだ。
 しまった、と思っても、もう遅い。そうべえさんは、ブツブツいいながら、お宮さんの境内(けいだい)で昼飯を食べることにした。風呂敷をあけると、なんと、中からは、枕が出てきた。

 「うちのカカは、弁当と間違えて枕をよこした。こんなもんが食えるか」
と、おこってはみたものの、もう、どうにもならん。
 さあ、弁当はないし、腹はすくし、そうべえさんは弱ってしまった。しかたなく、家へ帰ろうとすると、まんじゅう屋があって、うまそうなまんじゅうがならんでいる。大きいのもあるし、小さいのもある。
 「おい、このまんじゅう、なんぼだ」
 「へい、どれも、一文でごぜえます」
 それを聞いたそうべえさん、にこっと笑って、一文を渡すと、一番大きなまんじゅうをつかんだ。
 「もし、それは」
 「これでいい、これでいい」 そうべえさんは、後もふり返らず、一目散にかけ出した。しばらく行ったところで、そのまんじゅうをパクリと食べると、ガリッと音がして、前歯がかけてしまった。よく見ると、そのまんじゅうは、瀬戸物で作った見本のまんじゅうだった。

 腹を立てて家に戻ったそうべえさんは、いきなり、カカの頭をゴツンとぶんなぐった。
 そうしたら、
 「そうべえさん、何なさる」
という声が、カカの声と違う。よく見ると、となりのカカであった。自分の家とまちがえて、となりの家に入ってしまったわけだ。またしくじったと思ったそうべえさんは、あわててとなりの家から飛びだした。

 そのとき、とつぜん、ゴロゴロゴロ―、ゴロゴロゴロ―。とかみなりがなった。おどろいたそうべえさん、今度は自分の家に飛びこんで、
 「ただいまは、どうもすんません、どうもすんません」
と、自分のカカに、何度も頭をさげてあやまったんだと

 いっちごさっけ。

そこつ そうべえ挿絵:かわさき えり

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

短いのかね 長いのかね(みじかいのかね ながいのかね)

短いのかね 長いのかね(みじかいのかね ながいのかね)

これは本当にあった話らしい。あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮らしていたんだな。ある夜、この家へ泥棒(どろぼう)が入ろうとして中の様子…

この昔話を聴く

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

とげぬき地蔵(とげぬきじぞう)

江戸時代の中ごろ、江戸の小石川、今の文京区に、病の妻を持つ田村という侍がいてたいそうお地蔵さまを信心しておった。侍は、毎日、毎日、妻の病が早くなおる…

この昔話を聴く

現在698話掲載中!