※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

『のぶすま』

― 広島県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。
 ふたりの男が連れだって、茶臼(ちゃうす)山へ登ったそうな。
 古い合戦(かっせん)のありさまを話し合いながら、あのあたり、このあたりと眺(なが)めていたが、せっかくここまで来たのだから、大茶臼(おおちゃうす)へも登ろうということになったと。


 山径(やまみち)があったり無かったりしたので、とにかく上を目指した。険(けわ)しい所はお互いに引っ張(ぱ)り上げ、押し上げして、ようやく頂上(ちょうじょう)近くまで登ったと。

 「もうちょっとだ」
 「ひと息いれよう」
 ふたりは休み場所を探してあたりを見廻(まわ)した。すると、大っきな岩の下に油紙のような物が広げられてあった。
 「うまい具合の物がある」
 「誰(だれ)ぞの忘れ物かな」
 ふたりがその油紙に腰(こし)を下ろすと、涼(すず)しい風が渡(わた)ってきて、ほてった体に心地いい。手枕(まくら)でごろりと横になったら、うとうとして、いつの間にか眠(ねむ)ってしまったと。

 
 すると、敷(し)かれてあった油紙が端(はし)からめくりあがって、ふたりの男をくるりと包みこんでしまった。
 「ややっ」
 「あやしいぞ」
 ガバッと起きようとしたら、どうしたわけか、身体に力が入らない。
 油紙は、ますます強く巻(ま)きついて締(し)めつけてくる。
のぶすま挿絵:かわさき えり


 「むう、こりゃ化け物だ」
 「おおっ」
 ひとりが、ようやく山刀(やまがたな)を引き抜(ぬ)いて、ずぶずぶと油紙に突(つ)き刺(さ)した。
 すると油紙は、ギャッと叫(さけ)んで、ふたりをふるい落とし、風に凧(たこ)が舞(ま)い上がるみたいにひらひら飛んで行ってしまった。


のぶすま挿絵:かわさき えり

 ふたりの男はへたへたとそこへ座(すわ)りこんだと。


 これは“のぶすま”という化け物で、人を包んで生き血を吸(す)うのだという。何でも、コウモリが千年経(た)って化けたものだそうな。


 けっちりこ。

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

狸の恩返し(たぬきのおんがえし)

昔、ある山の中に貧しい炭焼きの夫婦が小屋を作って住んでおったそうな。女房が夜なべ仕事に糸車をカラカラまわして糸をつむいでいると、狸がたくさん集まって…

この昔話を聴く

国主淵と龍(くにしふちとりゅう)

国主淵と龍(くにしふちとりゅう)

これは和歌山県の貴志川町(きしがわちょう)を流れる貴志川にまつわる話。むかし、長い日照り(ひでり)が続いたことがあったそうな。畑や田んぼがひび割れて…

この昔話を聴く

金樽鰮(きんたるいわし)

金樽鰮(きんたるいわし)

丹後(たんご)の国(くに)は宮津地方(みやづちほう)、今の京都府の日本海に面した宮津湾(みやづわん)に「天(あま)の橋立(はしだて)」というのがあり…

この昔話を聴く

現在715話掲載中!