※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

はなそうかはなすまいか
『話そうか話すまいか』

― 広島県 ―
再話 垣内 稔
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしあったげな。
 ある旅の商人(あきんど)が大けな荷物を肩(かた)にかついで、丸太の一本橋の上を渡(わた)ろうと思いよったら、向こうからもひとりのお侍(さむらい)が渡りょったげな。
 旅の商人は、
 「どうしたもんかいのう。ふたりは渡らりゃせんけぇ、待っとらんにゃいけんが」
と思うて、待っちょったげな。


話そうか話すまいか挿絵:かわさき えり
 
 ほしたら、橋ぅ渡りょったお侍が、ふらふらっとゆれて、ぶらんと橋の下へぶらさがったげな。
 旅の商人は、たまげてそばへかけよると、落ちそうになっとるお侍の手をしっかりつかまえちゃったんじゃげな。
 橋の下は、そりゃものすごい崖(がけ)っぷちじゃたげなで。

 
 その次を話そうか、話すまいか。
 ン、話せてか。そうか、はなしていいんじゃな。ンでは。
 
 旅の商人は、ぎゅっとにぎっとった手をはなしたもんじけぇ、お侍はどぷんと崖っぷちへ落ちて、死んだげ な。

 
話そうか話すまいか挿絵:かわさき えり
 
 それでしまいよう。
 なんまんだぶ なんまんだぶ。

広島県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

貧乏神(びんぼうがみ)

貧乏神(びんぼうがみ)

昔あるところに一人の貧乏(びんぼう)な男がおった。男は、食う物ぁ食わんとっても、寝とる方がええというほど仕事嫌いだったと。ある年の節分(せつぶん)の…

この昔話を聴く

生き針 死に針(いきばり しにばり)

生き針 死に針(いきばり しにばり)

むがしあったけど。あるところに父(とど)と母(かが)と小んまい男子(やろっこ)が住んでいだけど。正月二日に初夢見ると幸せになるというが、その男子だけ…

この昔話を聴く

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱと貝殻(かっぱとかいがら)

かっぱはいたずら好きで、よく夜になると馬小屋にしのびこみ、馬がへとへとになるまで乗りこなすそうな。馬が疲れてくると、その馬の尻尾(しっぽ)をしばって…

この昔話を聴く

現在723話掲載中!