※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

はなそうかはなすまいか
『話そうか話すまいか』

― 広島県 ―
再話 垣内 稔
整理・加筆 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしあったげな。
 ある旅の商人(あきんど)が大けな荷物を肩(かた)にかついで、丸太の一本橋の上を渡(わた)ろうと思いよったら、向こうからもひとりのお侍(さむらい)が渡りょったげな。
 旅の商人は、
 「どうしたもんかいのう。ふたりは渡らりゃせんけぇ、待っとらんにゃいけんが」
と思うて、待っちょったげな。


話そうか話すまいか挿絵:かわさき えり
 
 ほしたら、橋ぅ渡りょったお侍が、ふらふらっとゆれて、ぶらんと橋の下へぶらさがったげな。
 旅の商人は、たまげてそばへかけよると、落ちそうになっとるお侍の手をしっかりつかまえちゃったんじゃげな。
 橋の下は、そりゃものすごい崖(がけ)っぷちじゃたげなで。

 
 その次を話そうか、話すまいか。
 ン、話せてか。そうか、はなしていいんじゃな。ンでは。
 
 旅の商人は、ぎゅっとにぎっとった手をはなしたもんじけぇ、お侍はどぷんと崖っぷちへ落ちて、死んだげ な。

 
話そうか話すまいか挿絵:かわさき えり
 
 それでしまいよう。
 なんまんだぶ なんまんだぶ。

「話そうか話すまいか」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

話そうか話すまいか(はなそうかはなすまいか)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

犬と狼(いぬとおおかみ)

犬と狼(いぬとおおかみ)

むかし、ある山家に年老いた飼犬がおったと。ある日、犬が家の前庭で寝そべっていると、家の者が、「おら家の犬も年をとって、ごくつぶしなったもんだ。皮でも剥いでやるか」と話しているのが聞こえた。

この昔話を聴く

宝の小槌(たからのこづち)

宝の小槌(たからのこづち)

 むかし、あるところに貧乏(びんぼう)な爺(じ)さまと婆(ば)さまがおったと。  あるとき、二人が畑で働いていると、空にきれいな虹(にじ)が出た。  「婆さま、あれ見ろや、きれぇな虹だ」  「ほだな、きれぇな虹だなや」  爺さまは、ふと思い出して…

この昔話を聴く

蛇息子(へびむすこ)

蛇息子(へびむすこ)

 むかし、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんとが暮(く)らしてあった。  爺さんと婆さんには子供(ども)がなかった。  二人はことある毎(ごと)に「子供が欲(ほ)しい、子供が欲しい」と言うていた

この昔話を聴く

現在853話掲載中!