※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

てんとうさんのかねのくさり
『天道さんの金の鎖』

― 広島県 ―
再話 大島 廣志
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかし。おっ母(か)さんと、太郎(たろう)と次郎(じろう)と三郎(さぶろう)の三人の子どもがくらしておった。

 あるとき、おっ母さんが山へたきぎをとりに行くと、山んばが出てきて、あっという間におっ母さんを食うてしもうた。山んばはおっ母さんに化けると、子どもたちの家へ行ったそうな。

 
 「子どもたちや、おっ母さんだよ、戸をあけておくれ」
 すると、兄の太郎が、
 「おっ母さんの声とちがう。戸のすきまから手を出して見せてくれ」
というて、手を見ると、毛が生えていて、ガサガサしておった。
 「おっ母さんの手にはこんな毛なんか生えておらん」
 太郎は戸をあけんかった。

 
天道さんの金の鎖挿絵:かわさき えり

山んばは、すぐにヤマイモの葉をとってきて、手にまきつけた。そして、やさしい声で、
 「子どもたちや、おっ母さんだよ、戸をあけておくれ」
といいながら、戸のすきまから手をさしだした。今度は次郎が見ると、すべすべしたきれいな手だったので、戸をあけたそうな。


 その夜、おっ母さんは三郎と一緒(いっしょ)にねることになった。そうしたら、ムシャムシャムシャムシャ、音がする。
 「おっ母さん、何を食べてんのや」
 太郎と次郎が聞くと、おっ母さんは、
 「これじゃ」
というて、食べているものを、ポーンと投げてよこした。よく見ると、それは三郎の指だった。太郎と次郎は、“あれは、おっ母さんじゃない。山んばだ”て、家からにげ出した。そして、うらの大きな木にナタできずをつけつけ、のぼって行った。
 なんぼたっても二人はもどってこん。おっ母さんに化けた山んばが、二人をさがすと、うらの大きな木の上に二人がいる。


 「どうやってのぼったんじゃ」
ときくと、太郎は、
 「手と足に油をぬってのぼった」
とこたえた。山んばは手と足に油をべっとりぬりつけ、木にのぼったが、すべってすべって、ちっとものぼれん。それで、
 「本当のこと言わんと食い殺すぞー」
とさけんだ。次郎はこわくなって、
 「ナタできずをつけつけのぼった」
と、本当のことを教えてしもうた。山んばはその通りにして、木にのぼってきた。二人はどうしようもなくなって、
 「天道さま、天道さま、どうか助けてくだされ」
とおいのりをした。そうしたら、天から金の鎖(くさり)がおりてきたので、二人はそれにつかまって天へのぼっていった。山んばも二人に追いつこうとして、おいのりをした。

 
天道さんの金の鎖挿絵:かわさき えり

 すると、天から、くさった綱がおりてきて、飛びつくと、プツンと切れてしまい、空から落ちて死んでしまった。
 天にのぼった太郎と次郎は、お星さまになったそうな。
 
 なんのむかしもけっちりこ。

「天道さんの金の鎖」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

怖い

寝る前に読み聞かせしてもらいました。三郎の指を投げて見せられたあたりが、特に怖かったです。( 20代 / 男性 )

悲しい

この話悲鳴をあげてしまうほど、怖かった。太郎と次郎は星になったけど、お母さんと三郎は食べられてかわいそう。( 10歳未満 / 男性 )

怖い

三郎の指を食べていたやまんばとてもこわいです

もっと表示する
怖い

信じられないようなびっくりする話だった。寝ながら聞いていてふるえあがった。( 10歳未満 / 男性 )

怖い

こわっっ!昔話って結構残酷なのがちょいちょいありますよね…。  ラジオで同じ話が流れていましたが、こちらのサイトの方が原作でしょうか?大まかな内容は一緒ですが、ラジオの方はだいぶマイルドになっていました。 最後、兄弟達は死んでしまったのでしょうか…?( 20代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

ペーロンの由来(ぺーろんのゆらい)

ペーロンの由来(ぺーろんのゆらい)

長崎では、七月の最後の日曜日、決まって港や深堀(ふかぼり)、三重(みえ)などの村々から、ペーロンのドラの音がひびいてきます。一隻(いっせき)の和船に、三、四十名の若者が、手に手にカイを持って乗り込み、勇(いさ)ましいドラの音にあわせて漕(こ)ぐのです。

この昔話を聴く

山梨の怪(やまなしのかい)

山梨の怪(やまなしのかい)

むかし、父さと嬶(かか)さと子がおった、嬶さの腹には、また子が出来ていたと。子を孕(はら)むと、口(くち)が変るって、嬶さ急に山梨(やまなし)が食い…

この昔話を聴く

和尚を威す(おしょうをおどす)

和尚を威す(おしょうをおどす)

 昔あったと。  ある山寺に、和尚(おしょう)さんと小僧(こぞう)さんとが二人で暮(く)らしてあったと。  和尚さんは毎晩(ばん)おそうなってから小僧さんに雑炊(ぞうすい)を炊(た)かせて食べておったと。

この昔話を聴く

現在824話掲載中!