※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

あかんぼうにばけるおさんぎつね
『赤ん坊に化けるおさん狐』

― 広島県 ―
再話 垣内 稔
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 むかし、広島の江波(えば)におさん狐(ぎつね)いうて、どえらい狐がおったげな。
 ある日のう、江波に住んどった人が町へ買物に行って帰りよったら、その人のうしろで、
 「もし、もし、ちょっと待っつかあさいや」
と言うて、子供(こども)を抱(だ)いた女の人が呼(よ)びとめるんですげな。


 「どうしたんや、何か用かいのう」
と言うて、その人が立ち止ると、
 「うちゃぁちょっと、しーし(しょうべん)がしたいけん。ほんのちいとでええけぇ、この子を抱いとってくれてんない?」
言うんじゃげな。
 「ふーん、そがあなことなら、わけはなあけえ、抱いとってあぎょう。あんたぁまぁ、早うしんさい」
言うて、その人は女の人から子供をもろうて抱いとったんじゃげな。


 ほうしたところが、なんぼうたっても女の人は戻(もど)ってきゃぁせんようのう。
 「あの女子は、なした長ぁ小便をひりゃがるんかいのう。早う来りゃええのに」
 そう言うて、ひょいと子供の顔をのぞきこんでみたら、こんなぁ、まぁ、かぁ、なんじゃった思やあ?(あんたは、いったい、なんだと思うか)
 子供じゃ思うて抱いとったなぁ、大けな石じゃったんじゃげな。
 たまげたよのう。
 
赤ん坊に化けるおさん狐挿絵:かわさき えり

 
 それがまた、どひょうしもなあことに、その人をだまくらかあたなぁ、江波にすんどるおさん狐じゃったんじゃげな。
 おさん狐いうやつは、どがいなことをやらかしゃがるや、わかったもんじゃなぁで。
 こがいなこともあるんで。
 やっぱり江波の人じゃったげなが、夜おそうに歩きよったら、竹藪(たけやぶ)ん中から赤子の泣き声が聞こえてくるんじゃげな。
 それが、かぁ(まぁ)、
 「おんぎゃあ、おんぎゃあ」
言うて、火がついたみたいな泣き声を出すんじゃげな。
 ほいじゃけえ、通りょった人も、
 「いとおしなげ(かわいそう)にのう、捨子(すてご)じゃぁあるまぁか」
思うて、竹藪ん中へはいって赤子を拾うと、家につれて去(い)んだんじゃげな。


 ほうしたところが、家に帰ってみたら、赤子じゃ思いよったんが、これもまた、大けな石じゃったげな。
 あずーたれらしゃぁがるよのう。
 かんかんになったその人は、
 「ようし、江波のおさん狐めや、今度出会うたら、ぶちくらわしちゃるんじゃけぇのう」
言うたげな。

 
赤ん坊に化けるおさん狐挿絵:かわさき えり

 あんたらも、江波のほうへ行って遊びようると、おさん狐にだまくらかされて、皿山の中へつれて去(い)なれるでよう。

 気いつけぇや。

「赤ん坊に化けるおさん狐」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

赤ん坊に化けるおさん狐(あかんぼうにばけるおさんぎつね)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

吉四六さんと借金取りの香典(きっちょむさんとしゃっきんとりのこうでん)

吉四六さんと借金取りの香典(きっちょむさんとしゃっきんとりのこうでん)

むかし、ある年の大晦日のこと。吉四六さんの村では、借金取りが掛売りの貸金を集金しに、家々をまわっておった。家の中からそれを見ていた吉四六さんの女房「貸すほどお金があるっちゅうのも大変だねえ」

この昔話を聴く

のぶすま

のぶすま

むかし、むかし。 ふたりの男が連れだって、茶臼(ちゃうす)山へ登ったそうな。 古い合戦(かっせん)のありさまを話し合いながら、あのあたり、このあたりと眺(なが)めていたが、せっかくここまで来たのだから、大茶臼(おおちゃうす)へも登ろうということになったと。

この昔話を聴く

臼売ったもん(うすうったもん)

臼売ったもん(うすうったもん)

むかし、あるところにひとりの商人(あきんど)がおった。あるとき商人は、兵庫(ひょうご)の淡路島(あわじしま)へ行ったと。一通り仕事も終え、船着場(ふ…

この昔話を聴く

現在797話掲載中!