1. フジパントップページ > 
  2. フジパンを知る・楽しむ > 
  3. 民話の部屋 > 
  4. 兵庫県
民話の部屋 ~語りを楽しむ昔話~

兵庫県の昔話(全17話)

出雲神の縁結び(いずもがみのえんむすび)

出雲神の縁結び(いずもがみのえんむすび)

出雲(いずも)の神(かみ)さん言うたら、昔から縁結(えんむす)びの神さんじゃわな。朝から晩まで、何百組か何千組の縁結びをしていなさる。それが毎日のこ…

この昔話を聴く

庚申待ちの謎(こうしんまちのなぞ)

庚申待ちの謎(こうしんまちのなぞ)

昔、あるところに貧乏(びんぼう)な爺(じい)さんがあった。 爺さんの田圃(たんぼ)へ行く途中(とちゅう)の岐れ道(わかれみち)のところに、庚申様(こうしんさま)が祀(まつ)られてあった。

この昔話を聴く

あほな聟さん(あほなむこさん)

あほな聟さん(あほなむこさん)

むかし、むかし、あるところにあほな聟(むこ)さんがあった。 ある日、聟さんが嫁(よめ)さんに頼(たの)まれた用をたしに道を歩いていると、火事で大勢(おおぜい)の人達が働いていた。

この昔話を聴く

シロネズミ

シロネズミ

むかし、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんがおったそうな。 あるとき、爺さんが恵比須(えびす)様のお祭りで町へ行ったら、露(ろ)天商人がシロネズミをたくさん売っておった。

この昔話を聴く

猫島(ねこじま)

猫島(ねこじま)

昔、あるところに五人組の漁師(し)があった。 船長(ふなおさ)、櫓丁(ろちょう)、舵(かじ)取り二人、炊(かしき)の五人。 ある晴れた朝、五人は一艇櫓(いっちょうろ)の船に乗って沖(おき)へ漁へ出た。

この昔話を聴く

子育て幽霊(こそだてゆうれい)

子育て幽霊(こそだてゆうれい)

むかし、あるところに一軒の飴屋があった。ある夏の夜更けに、飴屋の戸を叩く者がある。トントントントン

この昔話を聴く

生まれる前の借金(うまれるまえのしゃっきん)

生まれる前の借金(うまれるまえのしゃっきん)

とんと昔、あるところに仲むつまじい百姓の夫婦がおったと。夫婦となって十年もたつのに、いっこうに子供に恵まれなかったと。

この昔話を聴く

亀と虻の援助(かめとあぶのえんじょ)

亀と虻の援助(かめとあぶのえんじょ)

昔、あるところに一人の若者があった。旅に出て、とある浜辺で弁当を食うていたら、子供たちが、小(こ)んまい亀を捕らえて棒っ切れで突っつきはじめた。「お…

この昔話を聴く

臼売ったもん(うすうったもん)

臼売ったもん(うすうったもん)

むかし、あるところにひとりの商人(あきんど)がおった。あるとき商人は、兵庫(ひょうご)の淡路島(あわじしま)へ行ったと。一通り仕事も終え、船着場(ふ…

この昔話を聴く

梟とカラス(ふくろうとからす)

梟とカラス(ふくろうとからす)

昔、あるところに染物屋があったと。この家の息子は仕事もせんと遊んでばっかりの極道者(ごくどうもん)だったと。あるとき、お城のお侍(さむらい)が白絹(…

この昔話を聴く

皿盛り山(さらもりやま)

皿盛り山(さらもりやま)

むかしむかし、伯耆(ほうき)の国(くに)、今の鳥取県(とっとりけん)の御領内(ごりょうない)のある山の中に、一軒の家(いえ)があった。山家(やまが)…

この昔話を聴く

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ(じいはじっとしとれ、ばあはばーっとしとれ)

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ(じいはじっとしとれ、ばあはばーっとしとれ)

昔むかし、ある所に爺さんと婆さんがおったそうな。爺さんは毎日山へ木ィ伐(き)りに、婆さんは川へ洗濯(せんたく)に行っていたと。あるとき、爺さんが山で…

この昔話を聴く

貧乏神(びんぼうがみ)

貧乏神(びんぼうがみ)

昔あるところに一人の貧乏(びんぼう)な男がおった。男は、食う物ぁ食わんとっても、寝とる方がええというほど仕事嫌いだったと。ある年の節分(せつぶん)の…

この昔話を聴く

怠け者と貧乏神(なまけものとびんぼうがみ)

怠け者と貧乏神(なまけものとびんぼうがみ)

昔、あるところにどうしようもない怠け者の男がおったそうな。ある年の暮れに、男がイロリの横で煎餅布団(せんべいぶとん)にくるまって寝ていたら、頭の近く…

この昔話を聴く

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

みそさざいは鳥の王様(みそさざいはとりのおうさま)

むかしむかしの大昔。森の奥で鳥の鷹(たか)たちが大勢集まって、酒盛(さかも)りを開いて、賑(にぎ)やかに飲んだり歌ったりしていたと。何でも、鳥の王様…

この昔話を聴く

おりゅう柳(おりゅうやなぎ)

おりゅう柳(おりゅうやなぎ)

昔、ある村に、おりゅうという器量よしの娘(むすめ)がおったそうな。おりゅうは、峠をひとつ越えた町のお屋敷へ奉公(ほうこう)に行っておったと。その峠に…

この昔話を聴く

米倉 小盲(こめくら こめくら)

米倉 小盲(こめくら こめくら)

昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんが暮らしていたと。ある春雨(はるさめ)の降(ふ)る日、爺さんが簑笠(みのかさ)つけて畑おこししていたら…

この昔話を聴く

※音声をお聞きになる際、始まるまでしばらくお時間が掛かる場合がございます。
※音声と文字は一部表記の異なる部分がありますが、ご容赦下さい。

語り:井上 瑤/平辻 朝子

みんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

感動
「民話の部屋」の感想

いつも素敵な民話ありがとうございます。HPで聞ける朗読も楽しく聴いています。 小さい時からお電話で聞いていたものが今でも聞けることに感謝です。 どのお話もきちんと簡潔にまとめられているし、挿絵もぴったりの可愛さです。 更新頻度も早く、これが無料で読めていいのか…と非常に感動しています。 もし本などにまとめられる事があればぜひ購入させていただきたいですし、私の調べ不足でもし出された事があるのであれば購入できるページなどを教えていただければ幸いです。 いつも素晴らしいお話、大変に感謝です。お体に気を付けて、頑張ってくださいませ。( 30代 / 女性 )

楽しい
蛇聟入」の感想

民話の授業で蛇婿を選んで調べていたのですが、細かいことは忘れていたので思い出せてよかったです。堕胎の話だけではなくて、色々な型があるのでそちらも確認したいと思います。 これは苧環型というのだと思いますが、水乞型とこの型に大別されます。 見目麗しい蛇さんと結ばれてハッピーエンドになるのも少ないですがありました。 頑張って調べられたのは蛇さんのけしきがいいというお陰でした。この場を借りてお礼を……誰に? これは現実でいうと、別の村の男との婚姻を禁止する話かなぁとも『遠野物語』とあわせて最近思ったのですが、どうなのでしょう。 綺麗なおねーさんが出てくる昔話は多いですが、おにーさんが出てくるお話は体感的に少ないので、探して読んでみたいと思います。 最近フェミニズム批評を知り、男性キャラの発言だけに注目するのではなく、女性の口をつかって男性の考えを言わせていることがあるのではないか? と思い出したので、そういう点から昔話を見直してみても面白いと思います。 (イヤなやつの設定の女性なんだから、こういったイヤな行為をするのは当たり前か。。と思っていたのですが、そもそも何でその女性をそんな設定にした? というところを疑ってみるのは価値があると思いました)。 蛇婿は何を伝える話なのでしょうか。新しく解釈ができるようになりたいと思います。( 20代 )

怖い

ちょっと怖い話しも、暑い夏には良いですね。( 50代 / 男性 )

もっと表示する
驚き
梟とカラス」の感想

いくら何でも何で、 カラスやフクロウ になる。 ( 10歳未満 / 女性 )

驚き
「民話の部屋」の感想

肝試しと言うものが「なぜ子供を連れて行くのかなぁー」と思いました。( 10歳未満 / 女性 )

楽しい
河童の恩返し」の感想

もうちょっと… ハラハラ  したかったなー。( 10歳未満 / 女性 )

楽しい
梟とカラス」の感想

ニートはいずれフクロウになってしまうのか…(´・ω・`)( 20代 / 男性 )