※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

かわにしずめられたおきゃら
『川にしずめられたおきゃら』

― 茨城県 ―
再話 藤田 稔
整理 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社


 むかし、常陸(ひたち)の国、今の茨城県水海道(みつかいどう)のあたりで、何日も何日も雨が降り続いた年があったと。三月初めのころから降り始めて、四月になっても降(ふ)り止(や)まん。
 鬼怒川(きぬがわ)べりでは、いまにも堤防がくずれ、にごった川の流れに押し流されそうになっている村があった。

 
川にしずめられたおきゃら挿絵:福本隆男

 村人たちは、恐(おそ)れうろたえ、誰言うともなく、
 「人柱(ひとばしら)をたてて、竜神(りゅうじん)さまの怒(いか)りを鎮(しず)めないと村が流される」
という声が広まったと。


 人柱というのは、誰かを犠牲(ぎせい)にして川に沈(しず)め、神さまに祈ることだ。
 しかし、人柱にする人がいない。そりゃそうだ。誰しも我(わ)が子をいけにえにはしたくないからな。すると誰かが、
 「おきゃらがいい、おきゃらを人柱にしよう」
と言い出した。
 おきゃらというのは、母と娘と二人で諸国(しょこく)を巡礼(じゅんれい)して水海道まで来たとき、母が病気で亡(な)くなり、ただひとり残された娘だった。気立てのやさしい、かわいい娘だったと。村の名主が可哀そうに思って奉公人として養(やしな)っていたのだと。
 名主は反対したが、かといって代わりの人はいない。


 雨はますます強く降り、鬼怒川の水かさはどんどん増えてくる。このままでは村は助からない。名主もとうとうおきゃらを人柱にすることに賛成したと。
 村人たちは、いやがるおきゃらを無理やり鬼怒川べりに連れて来た。
 
川にしずめられたおきゃら挿絵:福本隆男


 何をされるのかと恐がってふるえているおきゃらに重石(おもし)をくくりつけると、
 「村のためだ。犠牲になってくれ」
といって、うずまく流れの中に投げこんでしまった。
 おきゃらは、あわれな悲鳴(ひめい)と水音を残して沈んでしまったと。

 
 次の日、あんなに降り続いた長雨(ながあめ)が、うそのように止んで青空が広がったと。
 堤防(ていぼう)もかろうじて持ちこたえ、村は洪水に押し流されないで済んだと。
 しかし、しばらくすると、村に悪い病気がはやり始めた。村人たちは、
 「これは、おきゃらを人柱にしたためだ」
といいはじめたと。そのうち、
 「川の中からおきゃらの泣き声が聞こえる」
といって恐がる人も出てきたと。


 村人たちは、おきゃらの魂(たましい)をなぐさめることにしたと。
 名主をはじめ、村人がこぞって鬼怒川べりに集まって、盛大な供養をしたと。そして、川の近くの、今の水海道市にある安楽寺(あんらくじ)を菩提寺(ぼだいじ)と決め、おきゃらの霊(れい)をとむらったと。
 そしたら、悪い流行病(はやりやまい)もおさまり、村はふたたび穏(おだ)やかになったと。

 
川にしずめられたおきゃら挿絵:福本隆男

 村人の中には、これをありがたく思い、おきゃらの供養のためにと、安楽寺に土地を寄付する者もあった。その田畑は今でもおきゃら面と呼ばれて残っている。
 地元では、この話しを実際にあったこととして語り伝えているのだと。
 おしまい。
 

「川にしずめられたおきゃら」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

悲しい

かつて水海道と同じ県南に長年住んでいましたが、おきゃらの話しは初耳でした。 機会があれば安楽寺を訪ね、手を併せたいと思います。( 50代 / 男性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

猫島(ねこじま)

猫島(ねこじま)

 昔、あるところに五人組の漁師(し)があった。  船長(ふなおさ)、櫓丁(ろちょう)、舵(かじ)取り二人、炊(かしき)の五人。  ある晴れた朝、五人は一艇櫓(いっちょうろ)の船に乗って沖(おき)へ漁へ出た。

この昔話を聴く

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

牛になった爺婆(うしになったじじばば)

昔、あったと。あるところに金持ちの欲深(よくぶか)爺(じじ)と婆(ばば)がいたと。ある晩げのこと、旅の六部(ろくぶ)がやって来て

この昔話を聴く

シガマの嫁コ(しがまのよめこ)

シガマの嫁コ(しがまのよめこ)

 昔、独(ひと)り身の若者、いであったど。  ある冬の朝に、茅葺(かやぶ)きの屋根から氷柱(しがま)コ下がっていで、雫(しずく)コポタポタ落ちでいるのを見でいだど。

この昔話を聴く

現在854話掲載中!