※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

よめぐり
『嫁礁』

― 石川県珠洲郡 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 能登半島(のとはんとう)一番先っぽに狼煙(のろし)という所があるがの、この狼煙の沖に暗礁(あんしょう)がありますだ。海岸から四里(よんり)ばかりもありまするが、ひき潮どきには岩が顔を出すんですじゃ。
 この暗礁にまつわる話で、こんなのがありまする。
 昔、狼煙に一人の漁師がありました。
 漁師は毎晩、雨もいとわずに、その暗礁まで船を出して、夜のサバ釣りをしていましたがの。そして、もうけたお金で嫁さにうまいものを食べさせて喜んでおりましたじゃ。
 ところが、ひどい嵐の夜も、決して休まなかったので、そのことが、かえって嫁さに疑(うたが)いを持たせることになりましたんじゃ。夫に誰かいい女ごでも出来たのではないか、思うたんですな。 

 挿絵:かわさき えり
 それで、嫁さは毎晩のように、
 「おらも、連れてって呉(く)れ」
とせがむのですがの、漁師は、
 「女郎(めろう)の行くとこじゃ、ないてや」
と、ことわるのですじゃ。
 こうなると、嫁さはますます深う疑(うたぐ)うばかりで、とうとうある晩、船の中へ身を隠(かく)して、夫が船を出すのを待っていたんと。
 漁師はそれと知らずに、船を出したわけですわ。 

 間もなく、いつもの暗礁に船をつけると、漁師は釣ナワを手にするために、身をかがめましたのじゃ。
 するとそのとき、かくれていた嫁さが、ヒョッコリ立ちあがって、
 「あんた」
と、夫に声をかけなさった。
 ところが、あんまりだしぬけだったから、漁師は、てっきり化け物だと思いこんだんですな。すばやく、出刃包丁(でばぼうちょう)をとりあげて、嫁さを差し殺してしまいましたのじゃ。
 それから、急いで家へ帰りましたがの、嫁さがおりませなんだ。
 「さては、あいつがそうやったか」
 気のついたときは、もうあとのまつり。
 漁師は、大切なかわいい嫁さを殺したのがもとで、気ちがいになりましたんじゃ。
 そして、あげくのはては、同じ暗礁の、近くの海中に身を投げてしまいなすった。 

 挿絵:かわさき えり
 今でも、この暗礁を嫁礁(よめぐり)と言っておりまする。

 それきりちょ。 
 

「嫁礁」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

嫁礁(よめぐり)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

年越しの豆(としこしのまめ)

年越しの豆(としこしのまめ)

むかしむかしの大昔、あちこちの山やまに鬼(おに)がたくさん棲(す)んでおったと。その鬼どもが里に出て来ては、子供をとって喰ってしまうので、里の人たち…

この昔話を聴く

牛方三十郎と山姥(うしかたさんじゅうろうとやまんば)

牛方三十郎と山姥(うしかたさんじゅうろうとやまんば)

むかし、糸魚川街道(いといがわかいどう)で荷物を運んでいた牛方に三十郎という者があった。ある日のこと、牛二頭を追って大網峠(おおあみとうげ)にさしか…

この昔話を聴く

仏様に失礼(ほとけさまにしつれい)

仏様に失礼(ほとけさまにしつれい)

むかし、ある寺にとんち名人の一休さんという小僧がおった。 この一休さんには、物識り和尚さんもたじたじさせられておったと。 「一遍でもええから、一休をへこませてやりたいもんじゃ」 つねづねそう思っていた和尚さん、ある晩いい考えが浮かんだ。

この昔話を聴く

現在791話掲載中!