※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

あぶらとり
『脂とり』

― 石川県 ―
語り 平辻 朝子
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところにひとりの男がおった。
 男は、京、大阪を見物しようと旅に出たと。
 旅の途ちゅうである宿に泊(とま)ったら、宿の人たちが、
 「ようおこしになられました」
というて、たいそうもてなしてくれた。男は、
 「いい宿に泊った」
と思うて、きもちよく寝たと。
 真夜中ごろ、男はふと目をさました。隣(とな)りの部屋から「うーん、うーん」という呻き声(うめきごえ)が聞こえていたんだと。気になって、戸の隙き間(すきま)からそおっと覗(のぞ)いて……びっくりした。 

 なんと、隣の泊り客が裸(はだか)で天井(てんじょう)から逆(さか)さまに吊(つる)されて、苦しそうに唸(うな)っている。そしてそのからだから脂(あぶら)がポター、ポターと落ちるのを、宿の者が桶で受けていたんだと。

挿絵:かわさき えり
 

 「おとろしや、おとろしや。早よう逃げんとわしも逆さに吊されて脂をとられてしまう」
 男は、這(は)うようにして宿を抜け出し、山の中へ逃(に)げたと。逃げて、逃げて、夜が明けるころ、炭焼きの穴を掘っていた爺さんに出会った。男が、
 「爺さん、爺さん、おれ、今、人の脂をとる宿から逃げてきた。きっとだれかが追いかけてくるから、すまんが、その穴に隠(かく)まってくれないか」
と頼むと、爺さんは、
 「そんなら、この穴に入れ」
というて、隠まってくれた。 

 すこしたって、宿の者たちが追いかけて来た。
 「爺さん、ここに男が逃げてこんかったか」
 「いや、誰も来ん」
 「本当に来なかったか」
 「本当に来ん」
 「そうか、そんなら別のとこ捜すべ」
 追手(おって)が行ったので、爺さんの呼びかけで男は穴から出てきた。
 「ああ、おとろしかったぁ。おかげで命が救(たす)かった」
 男は爺さんにお礼をいって、山径(やまみち)を急いだと。いくがいくがいくと、くたびれてきた。 

 「ここまで遠(とお)ざかったら、もう大丈夫だ」
と、足を止めたら、急に眠くなった。それで、大きな岩の蔭(かげ)でひとねむりすることにしたと。
 眠っていたら、突然、山がガラガラドーッと崩(くず)れて、男は土と岩の下敷(したじき)になって死んでしまったと。

 そろりんべったりあぶのかわ。 

 挿絵:かわさき えり
 

「脂とり」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

脂とり(あぶらとり)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

人柱(ひとばしら)

人柱(ひとばしら)

むかし、あったと。あるところで、川の堤防工事(ていぼうこうじ)があったと。土盛りをするのだが、盛っても盛っても、そのたんびに川の流れで崩(くず)され、泥沼のようになってしまう。工事は一向にはかどらなかったそうな。

この昔話を聴く

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

亥の子祝いの起こり(いのこいわいのおこり)

むかし、ある山里(やまざと)に娘とおっ母(か)さんとが暮らしておったと。山の畑には真ん中に大っきな石がデンと座っていて、じゃまになって困っていたと。

この昔話を聴く

正月二日の夢(しょうがつふつかのゆめ)

正月二日の夢(しょうがつふつかのゆめ)

むかし、あるところに貧乏な一人者の男がいて、山の畑に黒豆をまいて真面目に働いておったと。正月二日の晩に、夢枕に神様が立って、こう言うんだと。

この昔話を聴く

現在784話掲載中!