※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

あゆはかみそり
『鮎はカミソリ』

― 石川県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 とんとむかし。
 あるお寺に、たいそう鮎(あゆ)の好きな和尚(おしょう)さんがあったと。
 ところが、お坊(ぼう)さんは魚や肉を食べてはいけないことになっていたから、和尚さんはいつも、小僧(こぞう)さんに隠(かく)れてアユを食べていた。
 ある日、和尚さんがアユを食べていたら、小僧さんに見られてしもうた。小僧さん、
 「和尚さん、それは何や」
ときくと、和尚さんは、

鮎はカミソリ挿絵:かわさき えり
 「これは、なんじゃ、その、そうそう、カミソリというもんじゃ。ほれ、よう光っとるじゃろ」
と、うそをついた。

 次の日、和尚さんは馬に乗って法事(ほうじ)に出掛(でか)けたと。小僧はそのうしろから和尚さんの袈裟(けさ)を持ってついて行った。すると、途中(とちゅう)に川があって、たくさんのアユが泳(およ)いでいた。小僧さんは大声で、
 「和尚さん、和尚さん、ほら、川ん中にカミソリが泳いどる」
と言うた。そしたら、和尚さんは困(こま)って、
 「小僧、見ること聞くこと、何でもしゃべらんもんや、だまってついてこい」
と、しかりつけて、さっさとそこを通り過ぎたそうな。

 また少し行くと、強い風がヒューッと吹(ふ)いてきて、馬のくらにつけた和尚さんの編(あ)み笠(がさ)が、吹き飛ばされてしもうた。
 だんだん陽(ひ)が照(て)ってきたので、和尚さんが編み笠をかぶろうとしたら笠がない。きょろきょろさがしてみたが見つからん。
 「小僧、小僧。わしの編み笠を知らんか」
 「編み笠なら、さっき風で道に落ちよりましたがな」
 「道に落ちたら、なぜ早く言わん」
 「見ること聞くことしゃべらんもんや言うから、おら黙っとった」
と、小僧さんが言うと、和尚さんは、
 「落ちたもんは、何でも拾(ひろ)うもんや」
と、またまた小僧さんをしかりつけた。

 また少しいくと、今度は和尚さんの乗っていた馬が、クソをボタボタと道に落とした。
 小僧さんは、手に持っていた和尚さんの袈裟をひろげて、馬のクソを拾い受けた。
 「和尚さん、和尚さん、ほれ落ちました」
と見せたら、和尚さんが腹を立てた。

鮎はカミソリ挿絵:かわさき えり

 「何でこんなもんを拾うんや。しかも、それは、わしの袈裟ではないか」
と、どなりつけた。そしたら小僧さんが、
 「落ちたもんは何でも拾うもんや、言うから、おら、拾うただけや」
と言うた。
 和尚さん、身から出た錆(さび)で、何も言えんかったと。

  それきりぶっつりなんば味噌、あえて食ったら辛(から)かった。
 

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

木綿屋の災難(もめんやのさいなん)

木綿屋の災難(もめんやのさいなん)

昔、あったとしゃ。正月の木綿のことを節の木綿といったが、おれたちだば、節綿て言ったもんであった。ある村に親方の家があって、若い衆を幾人も使ってあったど。

この昔話を聴く

もとの平六(もとのへいろく)

もとの平六(もとのへいろく)

昔。ある町に、平六という貧しい男がすんでおった。この平六、たいへんな無精もので、ふんどしなどめったに洗わん。同じふんどしを二年もしめていた。だから、…

この昔話を聴く

ねずみ浄土(ねずみのじょうど)

ねずみ浄土(ねずみのじょうど)

 昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんがあったと。  あるとき、婆さんが、爺さんに、  「もうそろそろ筍(たけのこ)が頭を出す頃(ころ)合いだんべ」 というたら、爺さん、  「そうだな。そろそろだな、明日の朝にでも様子見がてら採(と)りに行ってくるか」 というた。

この昔話を聴く

現在719話掲載中!