※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ばけものでら なぞときもんどう
『化物寺、謎解き問答』

― 石川県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 平辻 朝子
提供 フジパン株式会社

 むかしあったと。
 ある村のはずれに、化け物が出るというお寺があった。
 村の人達はおそろしいもんだから、誰(だれ)もそのお寺には近づかないようにしていた。
 あるとき、旅の坊さまがこの村にやって来て、化け物の話を聞かされた。


 「この世に化け物なぞ、いるはずがない」
 「いやいや本当にいます。今まで何人も化け物退治(たいじ)に行きましたが、みんな次の朝には殺されておりました」
 「そうか、それならこれからわしがその寺へ行ってみよう」
 「やめなされ、坊さまも化け物に食われますぞ」
 村人達がしきりに止めたが、坊さまは笑いながら、
 「かまわん、かまわん」
というて、行ってしもうた。


化物寺、謎解き問答挿絵:かわさき えり


お寺に着いた坊さまは、本堂の真ん中にどっかと座(すわ)り、
 「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)、南無阿弥陀仏」
と、お経(きょう)を唱え始めた。


 夜になり、あたりが暗くなると、風が吹(ふ)いてきた。すると、どこからか、
 「これ、坊主」
と、呼ぶものがある。
 坊さまは少しも驚(おどろ)かず、
 「お前は誰かな。姿(すがた)を現(あらわ)しなさい」
というた。すると、
 「これ坊主、わしの正体を当ててみろ。もし当たったらこのまま逃(に)がしてやる。当たらなかったら、一口で食い殺すぞぉ」
というて、真っ黒な、でっこい化け物が床(ゆか)をひっ掻(か)いて現れた。化け物は、
 「ショウソクハッソク、ダイソクニソク、オウコウシテ、ガンハテンニアリ。わしの正体がわかるかぁ」
と問題を出してきた。


 坊さまは旅をしながら修行(しゅぎょう)をして来た人だから、見聞(けんぶん)がひろい。すぐに解(と)けたと。
 「お前は、カニだ」
と叫(さか)び、錫杖(しゃくじょう)でそいつの頭を力一杯(ちからいっぱい)叩(たた)いた。化け物は、
 「ギャアー」
と悲鳴をあげ、泡(あわ)を吹(ふ)いて逃げて行った。

 
 次の朝、心配した村人達は、みなしてお寺へやって来た。おそるおそる、
 「旅の坊さま、生きとらすかぁ」
と尋(たず)ねると、本堂からニコニコ顔で現れた。

 「化け物は出ませなんだか」
 「いやいや、確(たし)かにおった。坊主のわしに問答(もんどう)を仕掛(か)けてきよったわい。『ショウソクハッソク、ダイソクニソク、オウコウシテ、ガンハテンニアリは何だ』というから、わしは『カニー』というて、この錫杖で頭を叩いたら、そいつは口から盛(せい)大に泡を吹いて逃げて行きおった」
 「それが何でカニですかいな」
 「小足八足は小さい足が八本、大足二足は大きい挟(はさみ)が二本、横行しては横歩き、眼(ガン)は天にありは目が上を向いていること、そんなのは蟹(かに)しかおらんじゃろ」
 「なぁるほど」


化物寺、謎解き問答挿絵:かわさき えり


村人たちが感心して周囲(あたり)を捜(さが)すと、泡らしき跡(あと)が点々とあった。その跡をたどって行くと、裏(うら)山の洞穴(ほらあな)まで続いていた。穴の中で大っきな蟹が一匹、甲羅(こうら)を割(わ)られて死んでいたと。


 それからは化け物は出なくなり、誰言うとなく、この寺をカニ寺と呼ぶようになったと。
 能登(のと)半島の永善寺(えいぜんじ)というお寺の話。
 
 なんばみそ あえてくったらからかった。

石川県
に伝わる他のおはなしへ >>

こんなおはなしも読んでみませんか?

小便占い(しょうべんうらない)

小便占い(しょうべんうらない)

なんと昔があったそうな。あるところに爺さんと婆さんがおって、その日の米にも困るほどの貧乏暮らしじゃったそうな。正月がきたというのに餅(もち)一臼(ひ…

この昔話を聴く

馬追鳥(うまおいどり)

馬追鳥(うまおいどり)

昔、あるところに七つと十ばかりになる兄弟がおったそうな。母親が死んで、まもなく継母(ままはは)が来たと。継母は性(しょう)のきつい人で、二人を山へ芝刈りにやったり、畑へ肥(こ)え桶(おけ)を運ばせたり、谷川へ水を何度も汲(く)みに行かせたり、朝から晩まで働かせたと。

この昔話を聴く

現在706話掲載中!