※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

とのさまととんちこぞうさん
『殿様と頓知小僧さん』

― 石川県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔あるところに頓知(とんち)小僧(こぞう)さんがおった。
 評判(ひょうばん)になって殿(との)様の耳にも聞こえたと。

 ある日、殿さまは家来たちと馬の速駆(はやがけ)をした。駆(か)けて駆けて駆けているうちに海っ端(ぱた)に着いた。馬から下り、ほてった身体を海風にさらし海を眺(なが)めていたら、ひょいと面白そうな思案が浮(う)かんだ。

 
家来に、
 「いつぞや噂(うわさ)をしておったあの頓知小僧な、確(たし)か、この辺りに住んでいると言うておったな」
 「はぁ、さようでございますが、なにか」
 「連れてまいれ。どれほどの頓知振(ぶ)りか、試してみとうなった」
 「は、なるほど。それも一興(いっきょう)。それでは早速呼(よ)びに行かせましょう。これ、お前たち、村人に訊(き)いて頓知小僧を連れてまいれ」
 「ははっ」
 お供(とも)の者幾(いく)人かが村へ行き、頓知小僧さんを連れて来たと。


 殿様、海っ端の岩に腰掛(こしか)け、意外そうな顔して小僧さんを見た。十歳(さい)位のただの子供だ。
 「お前が頓知小僧か」
 小僧さん、殿様が珍(めずら)しくて、食いいるように見つめていたら、お供の者に小突(づ)かれた。
 「これ、返事をせんか」
 「あ、はい。でも、おいら、自分からは言っていないもん。おいら、他人(ひと)に言い負かされるのが嫌(きら)いで、言い返していたら、いつの間にか頓知小僧って呼ばれるようになっただけだもん」


 「よいよい、咎(とが)めているのではない。お前の頓知をな、聞きたいと思うているのじゃ」
 「あぁよかった。おいら叱(しか)られるのかと思った。でも……、ただ頓知言われてもなぁ、殿様が何か言ってくれれば、おいら答えようもあるけどぉ」
 「よしよし、それではな、この目の前の海の水な、みな呑(の)み干(ほ)してみよ、というたらどうする」
 小僧さん、ちょっと思案して答えた。
 
殿様と頓知小僧さん挿絵:かわさき えり


 「はい、呑み干します」
 「ほほう、それは面白い、呑んで見せ」
 「今、ですか」
 「そうじゃ、余(よ)の目の前で」
 「今は無理。だってさっきご飯を食べたばかりで腹一杯(はらいっぱい)だもん。それに、これだけの水を呑むとなったら、体調もよくしておかなくっちゃ」
 「なるほど、それも道理。いつなら好い」
 「明日の朝ならいいよ」
 「よしよし、では明日の朝、また来よう」
 殿様と家来たちは馬を駆(はし)らせてお城(しろ)へ帰って行ったと。


 あとに残った小僧さん、難(なん)題を抱えて、さぁ困(こま)った…はずなんだが…ちいっとも困っとらん。村長(むらおさ)はじめ、大人たちの心配顔をよそに近所の子供らと遊びはじめた。

 一方、お城で殿様、奥方(おくがた)相手に、今日こんなことがあったわい、と話しながら、あの頓知小僧め、明日になったらどんな言い逃(のが)れをしようとするやら、ああでもない、こうでもない、と翌(よく)朝が待ち遠しいふうだと。


 さて、次の朝。

 浜(はま)では紅白(こうはく)の幕(まく)を張(は)って村長はじめ大人たちが、馬を駆らせてきた殿様と家来御一行(ごいっこう)様を迎(むか)えた。砂浜に小僧さんが座(すわ)っている。
 村長が何か言おうとするのを、殿様手でおさえ、たのしそうに小僧さんのところへ歩いて行った。
 

 
 「これ頓知小僧、体調はどうじゃ」
 「はい、とってもいいです」
 「腹具合はどうじゃ」
 「はい、朝ご飯をまだ食うとらん」
 「そうか、では空いとるな」
 「はいー」
 「では準備(じゅんび)出来ておるな」
 「はいー」
 「では、この海の水呑み干して見せい」
 「はいー。でも殿様、今朝の海の水、昨日より多くなった気がする」
 「そうかな、そういうこともあるかもしれん」
 「やっぱりそうかぁ。どっかで雨が降(ふ)ったんだ。
  殿様、殿様にひとつお願いをしてもいいですか」


 殿様、そらきたと思うた。この小僧がどんな言い逃れをするのか、これが楽しみだったと。
 「よい、よい、言うてみよ」
 
 「おいら、これからこの海の水を呑みます。ですが、その前に、海へ流れこんでいる川の水を一せいに停めて下さい」

 
殿様と頓知小僧さん挿絵:かわさき えり


 殿様、みごとに一本とられたと。
 
 そうろん べったり あかなんば。
 

「殿様と頓知小僧さん」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

おもしろかったです( 10代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

刈り盗ったのは誰(かりとったのはだれ)

刈り盗ったのは誰(かりとったのはだれ)

とんと昔があったけど。ある日、ネズミとイタチが道で出会うたと。ネズミが、「イタチどん、イタチどん、おら粟の穂三穂持っている。一緒に種蒔きしねか」と言うたら、イタチが、「そりゃ、いいども。育ったらどうする」 と聞いたと。

この昔話を聴く

娘の助言(むすめのじょげん)

娘の助言(むすめのじょげん)

むかし、あるところに大分限者(おおぶげんしゃ)がおって、ひとり娘に聟(むこ)をとることになったと。聟は村の衆から選ぶことになって、村中に高札をたてた…

この昔話を聴く

大歳の亀(おおどしのかめ)

大歳の亀(おおどしのかめ)

昔昔、あるところに貧乏な爺(じい)さんと婆(ばあ)さんがあった。ある年の暮に、正月用意もできないので、遠くの親類を頼(たよ)ることにしたと。

この昔話を聴く

現在742話掲載中!