※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ほととぎすのきょうだい
『時鳥の兄弟』

― 石川県 ―
再話 六渡 邦昭
語り 井上 瑤
提供 フジパン株式会社

 昔、あるところに兄弟があったと。
 兄は病気で目が見えなくなり、食べ物を探しに行けなくなったと。
 弟は、一人で食べ物を探してきては、兄にいいところを食べさせ、自分はまずいところばかり食べていたと。

 ある冬の寒い日、弟は食べ物を探しに山へ行ったと。
 そしたら、わずかばかりの山芋(やまいも)が見つかった。冬のこととて、芋はしぼんで小さなものだったと。


 弟は、山芋を煮(に)て、自分は芋の蔓首(つるくび)のところばかりを食べ、兄には美味(おい)しそうな芋を食べさせたと。
 ところが兄は、
 「こんなしなびた芋を食わせやがって。お前は俺が目が見えないことを良(い)いことに、自分はいいところばかり食って、おれにはこんなしなびたものしかくれない」
というて、弟を責めたと。
 
時鳥の兄弟挿絵:福本隆男

 
弟は、
 「そんなことはないよ。今は冬で、なかなか食べものを探すのもたいへんなんだ。春になったら、きっとうまいものを探してくるから、そんなことを言わないで、辛抱(しんぼう)しておくれよ」
というと、
 「嘘つくな。お前は自分さえよこればいいやつだ」
というて、なおも責めたてたと。弟は、
 「そんなに疑(うたが)うのなら、俺(おれ)の腹(はら)を断(た)ち割って見てみればいい」
というた。兄は、
 「ようし」
というて、弟の腹を切り裂(さ)いたそうな。


 そのとたんに、見えなかった兄の目がみえるようになったと。
 見えるようになった目で、切り裂いた弟の腹の中を見ると、芋のヘタと芋のツルばかりであったと。
 兄は弟を疑ったのを後悔したと。
 「すまなかった。すまなかった。」
いうて、詫(わ)びたと。
泣いて泣いて、とうとう時鳥(ほととぎす)になったと。


 それで時鳥は今でも、
 「弟恋し、芋掘って食わそ、
  弟恋し、芋掘って煮て食わそ」
と、毎日八千八声(はっせんはちこえ)ずつ啼(な)くのだと。そうして、もし、人がその途中で口まねをすると、例え、八千七声までいっても、また始めから八千八声啼き返さなければならないのだと。

 
時鳥の兄弟挿絵:福本隆男

 時鳥が木に止まっているときに見ると、口が赤いのも、この啼き過ぎのため、血を吐(は)いているからなんだと。
 
 それきりちょうのなんば味噌(みそ) ぺろっとなめたら辛(から)かった。
 

「時鳥の兄弟」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

時鳥の兄弟(ほととぎすのきょうだい)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

こんな晩(こんなばん)

こんな晩(こんなばん)

むかし、一人の六部(ろくぶ)が旅をしておった。六部というのは、全国六十六ヶ所の有名なお寺を廻っておまいりをする人のことだ。六部たちは、夜になると親切…

この昔話を聴く

大アワビの怒り(おおあわびのいかり)

大アワビの怒り(おおあわびのいかり)

昔、上総(かずさ)の国(くに)、今の千葉県浪花村(なみはなむら)という海辺の村に伝わるお話。この村の海の沖には、なんと傘を広げたほどの、それは大きな…

この昔話を聴く

窪川の万六(くぼかわのまんろく)

窪川の万六(くぼかわのまんろく)

むかし、窪川(くぼかわ)の万六(まんろく)といえば、土佐のお城下から西では誰一人として知らぬ者はない程のどくれであったと。ある日、あるとき。旦那(だんな)が所用(しょよう)があって、高知(こうち)のお城下まで行くことになったそうな。

この昔話を聴く

現在791話掲載中!