※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

みょうがものわすれ
『茗荷もの忘れ』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 大島 廣志
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、あるところに一軒の宿屋があった。
 この宿の主人はとても欲が深く、部屋に忘れもんがあると、みんな自分のものにしてしまうような人だったと。
 あるとき、年のころは五十位、くるくる丸い目の旅の人がやって来た。身なりのよい人で、背中に縞紋様(しまもよう)の風呂敷をしょっていた。
 「一晩やっかいになりますよ」
 「さあ、どうぞ、どうぞ」
 主人はにこにこして、旅の人を部屋に案内した。そして帳場に戻り、
 『今の客は、そうとう金を持っているようだな。何とか、あの風呂敷包みを獲(と)ることは出来んものか』
 

 挿絵:かわさき えり
 と考えた。しばらくして、ひざをポンと打つと、
 『そうだ、茗荷を食べさせよう。茗荷を食べると物忘れをするというから、茗荷を食べさせればいい』
 と思うた主人は、早速女房を呼んで、
 「さっきのお客さんには、茗荷をたくさん食べさせておくれ」
と言々つけた。
 女房は言われた通り、夕食には、たあ―んと茗荷を盛りつけて出した。
 

 そうしたら、お客さんは、
 「これはうまい、これはうまい」
というて、山盛りの茗荷をみんな食べてしもうた。
 喜こんだのは宿屋の主人だ。明日はきっと、あの風呂敷包みを忘れて行くに違いない、と思うて、ほくほくしておった。
 次の日の朝、お客さんは、女房に、
 「きのうの茗荷はとてもおいしかったですよ。どうもお世話になりました」
と言うと、宿を出て行った。
 客の帰ったことを聞いた主人は、さっそく客の泊った部屋にかけ込んだ。
 ところが、風呂敷包みはどこにも無い。それどころか部屋の隅から隅まで探しても忘れ物はひとつも無かった。
 「はてさて、弱ったな。あれほど茗荷を食べさせたのだから、何か忘れ物(もの)があるだろう」
 

 と、よくよく考えてみた。そうしたら、宿賃をもらっていないことに気がついた。何のことはない、お客さんは宿賃を払うのを忘れていったのだ。
 主人はあわててお客さんを追いかけた。けれども、追っても追っても追いつけない。
 それで会う人ごとに、
 「もうし、もうし、年のくるくる目が五十、縞紋様の男をしょった風呂敷を見かけなかったか」

挿絵:かわさき えり

 と、尋ねてみたが、笑われるばかりで、とうとうお客さんは見つからなかったと。
 だから、あんまり欲が深いと、いいことはないんだよ。
 

こんなおはなしも読んでみませんか?

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

六角堂の狸(ろっかくどうのたぬき)

狸のなかに「そばくい狸」というのがあるそうな。この狸はそばの実が黒く色づく頃になると、そば畑へ転がりこんで、体中にそばの実をつけ、穴へ帰ってから実をふるい落としてポリポリ食うという。

この昔話を聴く

風の神と子供(かぜのかみとこども)

風の神と子供(かぜのかみとこども)

とんと昔あったと。ある秋の日、村の鎮守様(ちんじゅさま)のところで子供たちが遊んでいたと。そこへ、村ではついぞ見かけたことのない男がふらりとやって来…

この昔話を聴く

現在702話掲載中!