※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

さけられないとしとり
『避けられない年取り』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 佐々木 徳夫
再々話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むがしあったずもな。
 あるどこに年取りだぐねえ男がいだんだど。
 ある年の、暮れも迫(せ)まったごろ、その男が、
 「年取りだぐねえ、年取りだぐねえ」
 って、村の中を口ぐせのように言って歩いでだど。村の人が笑っで、
 「なんぼ年取りだぐねえたって、誰でも年は取んだじぇ。お前(め)ばかり年取らね訳(わ)げにはいがねんだじぇ」
 って言うど、
 「おら、年取りの晩には、大根穴さ隠れでお年神様と出合わねぇようにする。そしたら年取らねぇべが」
 って言ったど。
 

 挿絵:かわさき えり
 そしてるうちに大歳(おおみそか)の日が来だど。
 その晩、男は大根穴さ隠れだど。
 お年神様が袋さいっぺえ年を入れで、あっちさもこっちさも配り歩いだど。
 ほだども、急に亡ぐなった人がいだりして、袋さいっぺえ年を余してしまっだど。年神様は、
 

 「さあて、なじょしたら良がんべ。こったに年が余ってしもうた。持っで帰るのも重いし、どごたりさ、やだらに投げるわげにいがねえし」
 どて、あっちこっち捜したれば、村はずれの畑に、大(お)っきな大根穴あっだど。
 「おお、こごだこごだ、こごがええ。こごさ投げで行ぐべが」
 どて、袋の口あげで、さかさまにドサッど、ぶちまげだど。
 すたれば、大根穴さ隠れでだ男の頭さ、いっぺぇ、年がふりかがっでしまっだど。
 さあ、おおごどだ。男の頭は、あれやあれやといっでるうぢに白髪になって、白髪になっだど目えむいでだら、毛が抜げで、禿(は)げでしまっだど。顔にシワ寄って腰こ曲がってしまっで、やっどごやっどご大根穴がら出はって来だども、まるっきり年寄りになってしまったど。
 年どいうものは、なんぼ大根穴さ隠れだって、追(ぼ)っかげできて取らね訳げにゃいがねもんだどや。

 どんとはれ。
 

「避けられない年取り」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

驚き

岩手日報のコラム欄で知りました。 笑える、年はどうしたって取るもの。 大根の穴のぞいたてみたくなる話。 ( 50代 / 女性 )

こんなおはなしも聴いてみませんか?

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ(じいはじっとしとれ、ばあはばーっとしとれ)

爺はじっとしとれ、婆はバーッとしとれ(じいはじっとしとれ、ばあはばーっとしとれ)

昔むかし、ある所に爺さんと婆さんがおったそうな。爺さんは毎日山へ木ィ伐(き)りに、婆さんは川へ洗濯(せんたく)に行っていたと。あるとき、爺さんが山で…

この昔話を聴く

鳥の知恵(とりのちえ)

鳥の知恵(とりのちえ)

 むかし、むかし、鳥の仲間の一番の頭(かしら)に、孔雀(くじゃく)という鳥がいたと。  その孔雀が、あるときワナにひっかかって、身動き出来なくなったそうな。  仲間の鳥たちは大騒動だと。

この昔話を聴く

和尚さんと狐(おしょうさんときつね)

和尚さんと狐(おしょうさんときつね)

むかし、あるところに和尚さんと小僧さんがおったと。ある秋の日、和尚さんと小僧さんが檀家の法事をすませてお寺へ帰る道を歩いていたと。空は晴れとるし、草花は咲いとるし、道端の石に腰かけて、和尚さん一服した。

この昔話を聴く

現在823話掲載中!