※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ひばりかねかし
『雲雀金貸し』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 むかし、むかしの、大昔。
 あるところにヒバリがおって、金貸しを商売にしておったと。
 お日さまにお金を貸して、だいぶん日が経ったので、催促(さいそく)に行ったと。
 「いつかの銭(ぜに)コ、よこせ」
 そしたら、お日さまは、
 「そんなにせかすな、今にやるから」
 って、雲の中にかくれてしまったと。

 秋になって、ヒバリは、また、お日さまのところへ行って、
 「いつかの銭コ、よこせ」
 って言ったら、お日さまは
 「あとでやる、あとでやる」
 って、黒雲(くろくも)ひきよせて、雨をザアザアふらせた。
 

 挿絵:かわさき えり
 ヒバリは、羽をぬらして、すごすご帰ったと。
 そのうちに冬になって、寒雪(さむゆき)がふる、寒風(さむかぜ)が吹く。ヒバリは、ぶるぶるふるえて、野っ原(のっぱら)の巣の中でちぢこまって、催促にも行けないでおった。
 間もなく正月がきて、ヒバリは、正月じたくにお金を使って、一文なしになったと。
 

 やっと春になって、寒雪もふらなくなり、寒風も吹かなくなったので、このときとばかりに、ヒバリは、空へのぼって行った。
 「いつかの銭コ、よこせ」
 「貸した金、よこせ」
 って言ったら、お日さまは、
 「まあんだかえせん。まあんだかえせん」
 って、カンカン照らして、高く、高く、どんどん、どんどんのぼっていってしまったと。
 ヒバリは
 「あちち、あちち」
 って、羽をこがしてもどったと。
 ヒバリが、春になると、まっすぐ空へあがって、声高(こわだか)に呼ばっているのは、昔貸した金のことを忘れられずに、今もって、お日さまへ催促しているからなんだと。
 「貸した金、よこせ。さぁよこせ、よこせ」って。

 どっとはらい。 

「雲雀金貸し」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

雲雀金貸し(ひばりかねかし)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

ねずみ浄土(ねずみのじょうど)

ねずみ浄土(ねずみのじょうど)

 昔、あるところに爺(じい)さんと婆(ばあ)さんがあったと。  あるとき、婆さんが、爺さんに、  「もうそろそろ筍(たけのこ)が頭を出す頃(ころ)合いだんべ」 というたら、爺さん、  「そうだな。そろそろだな、明日の朝にでも様子見がてら採(と)りに行ってくるか」 というた。

この昔話を聴く

時鳥の物数え(ほととぎすのものかぞえ)

時鳥の物数え(ほととぎすのものかぞえ)

むかしむかしのおおむかし。あるところにひとりの継母がおって、いつも継子の娘をいじめてばかりいたそうな。ある日のこと、柿を十個、戸棚の中にしまっておいて用達に出かけたと。

この昔話を聴く

大望は五厘損(たいぼうはごりんそん)

大望は五厘損(たいぼうはごりんそん)

昔、あるところに乞食(ホイト)があったと。ホイトは京都の清水(きよみず)さんに鴻池(こうのいけ)の聟(むこ)にして下さいと願をかけた。縁の下に這入(…

この昔話を聴く

現在784話掲載中!