※再生ボタンを押してから開始まで時間がかかる場合があります。音声が再生されない場合はこちらをご覧ください。

ほおずき
『酸漿』

― 岩手県 ―
語り 井上 瑤
再話 六渡 邦昭
提供 フジパン株式会社

 昔、ある旅人が山の中を旅していて、一軒の家を見つけてそこに宿(やど)をとったと。
 翌朝、起きて畑を見たら、美しい酸漿(ほおずき)がたくさん紅(あか)く実(みの)っていたので、それをひとつ取って、中の種を出して口(くち)にふくみ、プリプリ吹き鳴らしていた。
 それをその家の人が見つけて、ひどく驚(おどろ)き、
 「お客様(おきゃくさま)は大変な事をしてしまった。
 きっと今に大変な罰(ばち)が当る」
というて顔色を変えたと。 

 挿絵:かわさき えり
 
 旅人も心配になって、
 「それはまた、どうしてか」
と聞くと、家の人は、 

 「お日様は毎日、東から出て西へお沈(しず)みになるが、そのお日様は夜になると地の下を潜(もぐ)ってこの酸漿の中へひとつひとつお入りになる。それで、こんなに色が紅くなるのだ。
 酸漿は、お日様の赤ン坊だから。
 お客様は、お日様の赤ン坊を食べたのだ」
と、こういうたと。

 どっとはらい。 

 挿絵:かわさき えり

「酸漿」のみんなの声

〜あなたの感想をお寄せください〜

酸漿(ほおずき)

一番に感想を投稿してみませんか?

民話の部屋ではみなさんのご感想をお待ちしております。

「感想を投稿する!」ボタンをクリックして

さっそく投稿してみましょう!

こんなおはなしも聴いてみませんか?

蟻と蜂の旅(ありとはちのたび)

蟻と蜂の旅(ありとはちのたび)

むかし、むかし、あるところに蟻(あり)と蜂(はち)があったと。あるとき道端(みちばた)のタンポポの花のてっぺんで蟻と蜂が出逢った。

この昔話を聴く

狼(おおかみ)の恩返(おんがえ)し(おおかみのおんがえし)

狼(おおかみ)の恩返(おんがえ)し(おおかみのおんがえし)

昔、ある山の中にポツンと一軒屋があっておっ母さんと息子とが畑を耕して暮らしておったそうな。ひどい貧乏だったので、おっ母さんも息子も働きづくめだったと…

この昔話を聴く

雉になった娘(きじになったむすめ)

雉になった娘(きじになったむすめ)

昔々(むかしむかし)。一人の美しい娘持った婆(ばあ)さまあったけド。あるとき、村の殿(との)さまァお通りになって、ほの娘ば見染(みそ)め、「どうぞし…

この昔話を聴く

現在752話掲載中!